『ザ・ターニング』:雰囲気映像だけで、脚本が・・・ @DVD

ザ・ターニング.jpg

ヘンリー・ジェイムズの古典的怪奇小説「ねじの回転」を現代に舞台を移して映画化した『ザ・ターニング』、DVDで鑑賞しました。
オカルト映画も好きですが、幽霊が登場するホラー映画も好き。
なので、鑑賞前は少しばかり期待しました。
さて、映画。

時代は90年代。まだスマホなどはあまりなかった時代。
ケイト(マッケンジー・デイヴィス)は、田舎の古い屋敷の住み込み家庭教師として雇われる。
都会で十数人の子どもを相手にするよりは・・・という安易な思いからだった。
屋敷には家政婦と幼い娘フローラ(ブルックリン・プリンス)がいるだけ。
フローラの兄マイルズは学校の寄宿舎で暮らしているという。
ふたりの両親は事故死し、その後、何人か家庭教師を雇ったが長続きしなかった・・・

というところからはじまる物語で、典型的なゴシックホラーの雰囲気。

しかし、程なくしてケイトは、妖しい男女の睦事の声を聞くようになる。
交わされた内容から男の名はクイント、女の名はジェスル。

妖しい声を聞いたその真夜中、フローラの兄マイルズ(フィン・ウォルフハード)が突然、寄宿舎から舞い戻ってくる。
そして、クイントとは死んだ馬丁の名、ジェスルとは突然姿を消した前任の家庭教師の名だということが判明する・・・

ということがわかると、なぜ男女ふたりの幽霊が屋敷に取りついているのか、興味はそこいらあたりに移っていくが、映画はどうにもこうにもまだるっこしい。

ま、ヘンリー・ジェイムズの原作小説「ねじの回転」では、幽霊が実在するのか、それともケイトの妄想なのかは明確になっておらず、映画もその「曖昧さ」を表現しようとしたらしく(同時収録の監督のインタビューからわかる)、ケイトの母親が精神疾患で長らく入院したままになっていることが途中で描かれる。

しかしながら映画としては、「曖昧さ」というよりも「中途半端」になってしまった感がありあり。

個人的には、「ねじの回転」の前日譚として創作された映画『妖精たちの森』のエピソード(クイントとジェスルの幽霊の原因は子どもたち)を挿入して、「わかりやすい幽霊物語」にした方が良かったのではないかしらん、と思いました。

マッケンジー・デイヴィスは『ターミネーター:ニュー・フェイト』の闘うヒロイン・グレース役の女優さんですが、大幅なイメージチェンジ。ただし、今回は大幅魅力減でした。

評価は★★(2つ)としておきます。

なお、「ねじの回転」の他の映画化作品には
1961年 『回転』 ジャック・クレイトン監督 デボラ・カー主演
1971年 『妖精たちの森』(前日譚) マイケル・ウィナー監督 マーロン・ブランド主演
1992年 『ホワイト・ナイトメア』 ラスティ・レモランデ監督 パッツィ・ケンジット主演
2009年 『回転』(BBCテレビムーヴィ) ティム・ファイウェル監督 ミシェル・ドッカリー主演
があります。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:10本
 外国映画 5本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2021年以前の作品:21本
 外国映画15本(うち劇場鑑賞 1本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント