『怪しい彼女』:こってりコテコテ、お腹いっぱい @DVD

怪しい彼女.jpg

シム・ウンギョン主演の2014年の韓国映画『怪しい彼女』、DVDで鑑賞しました。
シム・ウンギョン、2019年製作の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』『新聞記者』以降は活動拠点を日本に移したようですが、当時は韓国でバリバリの活躍だったようで・・・ 知らなんだ。
多部未華子主演による日本版リメイク『あやしい彼女』は鑑賞済みですが、オリジナル版は未鑑賞でした。
さて、映画。

口が悪くて頑固な70歳のばあさん、オ・マルスン(ナ・ムニ)。
ご近所トラブルは日常茶飯事、嫁イビリの日常ちゃめしごと。
そんな彼女の自慢は、女手一つで育てた息子が立派な大学教授になったこと。
ま、厄介ばあさんだったのだけれど、元をたどればお嬢様。
ある日、ふらりと訪れた写真館で写真を撮ってもらったところ、あら不思議、20歳の頃の姿(シム・ウンギョン)に逆戻り。
憧れのオードリー・ヘプバーンをもじってオ・ドゥリと名乗ることに・・・

といったところからはじまる物語。

とにかく、ばあさん時のマルスンが強烈。
村上ショージ似で、口汚いあたりは、ちょっと辟易する感じ。

で、若返ったマルスン(=オ・ドゥリ)も中身は一緒。
口汚く、結構、強引。
ただし、そこそこ可愛い。

そこがギャップで面白いんだけれど、シム・ウンギョンのあまりの芸達者ぶりに、口汚く罵るシーンなんかは、なんだか「踏んづけた豚まん」みたいに見えてくる。

このコテコテ感、こってり感が韓国コメディの持ち味なんだけれども、さすがに長時間続くと、お腹いっぱい。
その清涼剤が、彼女の歌声なんだろうね。

たしかに全体のプロットなんかはよくできていて、各国が競ってリメイクしたのもわかりますね。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:11本
 外国映画 6本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2021年以前の作品:23本
 外国映画17本(うち劇場鑑賞 1本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じゃむとまるこ
2021年04月18日 21:59
こてこて・・・笑・・・そうですよね~、でも勢いは半端なくあります、多部未華子さんのはほぼまんまリメイクされていますが、味付けはかなり薄めですね、でも多部ちゃんがかわいいのでよかった!
りゃんひさ
2021年04月18日 22:10
>じゃむとまるこさん

>こてこて・・・笑・・・そうですよね~
ま、勢いはあります! でも、もうそんなに勢いは求めてないので(疲れちゃうし)、多部未華子さんの薄味、かわいいの方で十分満足なのです。
ぷ~太郎
2021年05月10日 16:07
これも「サニー」同様、かなりこってり味。特に婆さんの口汚さはかなり引きましたね。でも日本版のお上品というか、猫が顔洗ったような感じでは物足りなかったです。豚まん踏んずけたようなシム・ウンギョンの方が好きですね。しかし彼女、今はあんなにシンプルで理知的なのに、若い頃って、とんでもない役やっていたんですね。
りゃんひさ
2021年05月13日 00:34
>ぷ~太郎さん

豚まん踏んづけたシム・ウンギョンが、いつ変わったのかしらん・・・ そこいらあたりが謎です。