『サニー 永遠の仲間たち』:全体的に垢ぬけなく、出たとこ勝負のストーリーテラー @DVD

サニー韓国映画.jpg

先にDVD鑑賞した『怪しい彼女』に続いて、シム・ウンギョン主演の『サニー 永遠の仲間たち』、DVDで鑑賞しました。
この映画も日本でリメイクされており、そちらを先に鑑賞しています。
さて、映画。

ソウルで暮らすアラフォー主婦のナミ(ユ・ホジョン)。
暮らし向きには何不自由ないように感じていた。
が、ある日、入院中の母の見舞いに行った病院で高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と再会する。
しかし、チュナは末期のがん・・・
思い出すのは、高校時代のこと。
チュナ(カン・ソラ)をリーダーしたグループにいつしか仲間となったナミ(シム・ウンギョン)だったが、当初は、田舎からの転校生といっていじめられていたのだった・・・

といったところからはじまる物語で、その後、当時のメンバーを集める話は、リメイク版と変わらない。

なので、お楽しみは味付け。

いやぁ、やはり、若い頃のシム・ウンギョン、豚まんみたいだなぁ。
可愛いのは可愛いけど、垢ぬけないというか・・・

そういうキャラクターなので、罵詈雑言を言い放つエピソードはハマっている。

ですが、脚本はかなり乱暴。
出たとこ勝負的な感じで、いちばんそんな気がしたのは、クライマックスの葬儀のシーン。

「みんなで踊るのよ!」っていうのが、前振り不足。
彼女たち、別にダンスに情熱を注いでいたようにみえない。

こういうあたりが全編にあって、ワンシーンワンシーンは面白いのだけれど・・・っていう印象が残りました。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:11本
 外国映画 6本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2021年以前の作品:29本
 外国映画23本(うち劇場鑑賞 1本)←カウントアップ
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年05月10日 16:00
まあね、韓国映画の乱雑・粗削りな面はありますよね。日本のリメイク版の方がしゃれているし丁寧です。が、韓国版の乱暴だけど勢いのあるのはこの作品に関しては好きですね。
りゃんひさ
2021年05月13日 00:32
>ぷ~太郎さん

本国では、「全斗煥政権のとき(80年代)はあんな感じだったねぇ」と感じているのでしょうね。日本のリメイク版の方が時代が後なので、世相的にもおしゃれ度は数倍アップしていると思います。