『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』:歌は聴きごたえがあるが、ストーリーが調子っぱずれ @DVD

ネクスト・ドリーム.jpg

昨年末公開のアメリカ・イギリス合作映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』、DVDで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

20代のマギー(ダコタ・ジョンソン)は、歌姫グレース・デイヴィス(トレイシー・エリス・ロス)のパーソナル・アシスタント。
簡単にいえば、雑用係の付き人だ。
音楽プロデューサーを夢見ていて、知識も相当あるが、そう簡単になれるはずもない。
一方、グレースは「昔の名前で出ています」状態で、新作アルバムを作りたい思いはあるが、プロデューサーのジャック(アイス・キューブ)からは「ラスベガスで長期公演をしろ」と迫られている・・・

といったところからはじまる話で、このまま、頭打ちの大物シンガーと音楽プロデューサー志望の若い娘が、大手レコード会社と大物プロデューサーをギャフンといわせる物語になったら面白かったのだが、話は別の方向に展開する。

街で偶然出会ったデヴィッドという青年(ケルヴィン・ハリソン・Jr)に歌声にほれ込んだマギーは、彼を売り出そうと躍起になる。
そして、よせばいいのに、グレースの信頼を裏切り、デヴィッドもマギーのプロモーション案から土壇場で手を引いてしまう。

まぁ、手を引いた理由は後々わかるのだけれど、着地点が安直。

出演者たちが歌う歌は聴きごたえがあるのだけれど、ストーリーが調子っぱずれでがっかりでした。

トレイシー・エリス・ロスはダイアナ・ロスの娘だけれど、あまりダイアナには似てないですね。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:17本
 外国映画 9本(うちDVDなど 2本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うちDVDなど 2本)

旧作:2021年以前の作品:47本
 外国映画33本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画14本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年05月25日 15:59
主人公はきれいな女優さんですが、あまり印象に残りませんね。話もずんだらというか、ガツンという強さがなかったというか、つまらない感じでした。さすがにダイアナ・ロスの娘だけあって、歌は聴きごたえありましたけど。
りゃんひさ
2021年05月25日 22:46
>ぷ~太郎さん

主人公の女優さん、あまり印象に残りませんね。
話がダメなのが致命的でした。