『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』:庵野秀明、再びもがき苦しむ篇 @DVD

エヴァンゲリオンQ.jpg

しつこく「エヴァンゲリオン」シリーズです。今回は、リビルド版第3作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』です。
前作「破」でサード・インパクトが起こってしまった世界。
覚醒したエヴァ初号機のコアをカシウスの槍で貫くことによって、サード・インパクトは止まった・・・というところで終わっていました。
さて、本作。

シンジはエヴァ初号機とともに地球の衛星軌道上にネルフの手によって封印されていた。
葛城ミサト率いる反ネルフ勢力ヴィレは、エヴァ初号機を奪取しようと、アスカ搭乗のエヴァ改弐号機およびマリ搭乗のエヴァ八号機で「US作戦」を展開する・・・

といったところから始まる物語で、奪取されたエヴァ初号機のエントリープラグからシンジは救出(復元)されるが、地球時間では14年経過していた。
さらに、サード・インパクト発動前に救出したはずのレイは存在しなかった・・・と展開する。

主人公・碇シンジ同様、観客としても、「へ? 14年経ったの?」と唐突な展開。
サード・インパクト未遂では「人類補完計画」は実現できなかったようで、このあとどうなるのかしらん、と不安感増大。

レイのそっくりさん搭乗のエヴァ零号機でネルフに奪取されたシンジは、渚カヲルと出会い、心の平安を取り戻しかけるが、世界破滅の扉を自身が開いてしまった事実を知り、悲嘆にくれる。
その後、いろいろあって、結果、シンジはカヲルとともにエヴァ13号機に搭乗し、リリスを封印していた2本のロンギヌスの槍を抜くことで、またもやフォース・インパクトを起こしてしまう・・・

と、事情を知らないシンジにとっては、えらい迷惑なこっちゃな、とシンジの友人・鈴原トウジなら言うところだろう。
(ま、観ていても気の毒)

反ネルフ勢力ヴィレの登場や14年の経過など設定は変化したものの、物語の展開的にはほとんど前2作を踏襲しているような感じで、設定を変更したために庵野秀明は袋小路に陥りそうでもある。
実際、袋小路に陥った形跡がないわけではなく、途中に『シン・ゴジラ』の監督作業もあったが、次回作まで8年の年月を要している。

また、NHKのドキュメンタリーで、次作の最終盤シナリオを全面改稿したことが撮られていたが、途中まで製作が進んでいた改稿前稿について主要スタッフを前にして「わかっていなかったか・・・」と呟いている。
この「わかっていない」は、「スタッフが俺の気持ちを(わかっていない)」の意だと思っていたが、もしかしたらそうではなく、「俺もエヴァの結末をわかっていないかったが、スタッフも結末を(わかっていない)」の意味だったかもしれません。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の結末は、もがきにもがいた末の結論なのでしょう。

ということで、あらためて『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を鑑賞することにします。

なお、カットの構図は先鋭的なのですが、全体的に暗めの色彩なため、先鋭的な構図があだとなって、何が描かれているのかがわからないシーンも多くなっていますね。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:22本
 外国映画11本(うちDVDなど 2本)
 日本映画11本(うちDVDなど 2本)

旧作:2021年以前の作品:56本
 外国映画37本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画19本(うち劇場鑑賞 4本)←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント