『愛のコリーダ』:エロスからはじまり、タナトスへ行き着く @リバイバル

愛のコリーダ.jpg

ことし4月からリバイバル上映されている大島渚監督1976年作品『愛のコリーダ』、ムーヴオーバー劇場で鑑賞しました。
リバイバル上映開始すぐに緊急事態宣言となり、映画館は休館。
上映再開されたものの、単館系では上映しなければならない作品数が溢れかえって、上映回数は激減。
初公開時は小学生なもので当然観ておらず、この機会を逃すと、これはこのまま観れないだろうな、と観念したところ、近くの映画館でのムーヴオーバー上映が開始され、ようやく観ることができました。
さて、映画。

昭和10年、料亭の仲居として働き始めた定(松田英子)。
主人の吉蔵(藤竜也)に見初められ、深い仲、懇ろになる。
男っぷりのいい吉蔵、美人というほどではないが男好きのする定。
ふたりの睦事は、夜も日も開けず、二六時中、繰り返される・・・

といったところからはじまる物語で、映画は繰り返されるふたりの睦事が延々と描かれていきます。

当時話題となった本番行為には、当然のことながらボカシが入っていますが、そのシーン、とにかくすごい。
ソレをしながら演技をせねばならないのだから、こりゃ、撮影時は大変なプレッシャーだったろう、と思います。

すごいのはソレのシーンばかりだけでなく、撮影所に組まれたセットの美術、色鮮やかな衣装(くすんだ色も含めて)、障子越しの映像と、美術や撮影も相当力が入っています。

映画は、吉蔵と定の性愛行為、つまり、エロス=生への欲望を描きながら、それは次第に、死の匂いを醸し出していきます。

中盤以降、睦事を繰り広げる待合の女中は「おふたりさんの部屋は、なんだか臭いよ」と言い、定が先生と言って金を無心にいく老人(九重京司)も「なんだか君からは鼠の腐ったような臭いがするよ」と言い、睦事の果てに定の目の前で七十近い芸者と交合する吉蔵は「なんだか、死んだ母親とやっているようだった」と言い、その相手である老芸者は事の終わったあとは失禁して失神、まるで死んだようになってしまう。

ただの「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということではなく、ふたりの睦事の間に世間は「死」に向かっている。
それが端的に表されているのが、兵隊行列のシーン。
時代は、二・二六事件から戦争へと向かっている・・・

ふたりのエロスの世界の外側で、日本はタナトス=死への願望の道へと進んでいた・・・
この短いシーンには、大島渚監督の日本観が現れていますね。

「お前さんを、全部、わたしの中に入れてしまいたいよ」「俺はお前の中に全部入ってしまいたいよ」と言っていた定と吉蔵。
生きている限り、そんなことは不可能なことはわかっている。

ふたつの生命がひとつに交わる、まじりあうのは、生まれる前の世界。
それは、命の次の段階なのか・・・
その思いは、結果として、陰惨な事件へと行き着いてしまう。

エロスとタナトスは同義なのか。
いや、エロスからはじまっても、必ずタナトスへと行き着いてしまうのか。
それとも、時代がタナトスへと向かっていたから、ふたりは取り込まれたのか・・・

そんなことを感じさせる傑作でした。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:27本
 外国映画15本(うちDVDなど 3本)
 日本映画12本(うちDVDなど 3本)

旧作:2021年以前の作品:61本
 外国映画38本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画23本(うち劇場鑑賞 5本)←カウントアップ
------------------
※フランス資本でつくられた「外国映画」ですが、本質的には日本映画なので、日本映画に分類しておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント