『43年後のアイ・ラヴ・ユー』:嫌味のないヒューマンコメディ @DVD

43年後のアイ・ラブ・ユー.jpg

ことし1月に公開された『43年後のアイ・ラヴ・ユー』、DVDで鑑賞しました。
原題は「REMEMBER ME」。
わたしを忘れないで、わたしを思い出して、というタイトルだけれど、カタカナにしただけの「リメンバー・ミー」だと同じようなタイトルの映画があるので、この日本語タイトルは悪くないですね。
さて、映画。

都会でひとり暮らしをしている70代のクロード(ブルース・ダーン)。
妻に先立たれ、いまは演劇評論の仕事も引退している。
友人といえば、同世代のシェーン(ブライアン・コックス)がいる限り。
そんなある日、かつて恋におちた人気女優のリリィ(カロリーヌ・シロル)がアルツハイマー型認知症で施設に入所したことを新聞記事で知る。
寂しく暮らしているだろうと心配したクロードは、自分も認知症のフリをして同じ施設に入所するが・・・

といったところからはじまる物語は、認知症のフリをしたクロードの「なりすましコメディ」か。

ま、そういう側面はあるものの、なりすましコメディ特有の、いつバレるか、バレた後のひと騒動・・・といったお定まりのお笑いはなく、自分が舞台女優であったことすら忘れたリリィがかつての輝きを取り戻すところに焦点が当てられています。
それと同時に、偏屈なクロードが認知症仲間とともに、頑迷さから解きほぐれていくことも描かれており、ウェルメイドなヒューマンコメディに仕上げられています。

リリィがかつての記憶を取り戻す手助けをするのが、クロードの孫娘タニアで、演じているセレーナ・ケネディはファニーフェイスで嫌味がなくフレッシュな感じがします。
ブルース・ダーン、カロリーヌ・シロルも好演。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:33本
 外国映画19本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画14本(うちDVDなど 5本)

旧作:2021年以前の作品:65本
 外国映画41本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画24本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年08月18日 16:04
この作品は好きですね。時間的にも丁度いいし、主役の老人とその友人が実にいい味を出していました。周りの人達の扱いも暖かく、いいヒューマンコメディでした。
りゃんひさ
2021年08月18日 17:56
>ぷ~太郎さん

バランスというか、塩梅がいい映画ですね。