『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』:愛はすべてを越えて @ロードショウ

007ノー・タイム・トゥ・ダイ.jpg

007シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、ロードショウで鑑賞しました。
ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最終作。
幾たびかの公開延期を経てのロードショウです。
さて、映画。

凍てつく湖畔のロッジ風一軒家。
幼い娘と母親が過ごしているところを、能面をつけた謎の男が襲撃を掛ける。
k母親は殺され、娘は凍った湖の氷の下に閉じ込められる。
が、能面の男は湖面の氷を銃撃して割り、彼女をすんでのところで助け出す・・・
それは、ボンド(ダニエル・クレイグ)と時間をともにしているマドレーヌ(レア・セドゥ)の記憶だった。
ふたりは新しい生活を送るべく、過去との訣別の旅に出ていたが、仇敵スペクターがふたりを襲う・・・

といったところからはじまる物語で、ボンドとマドレーヌが自動車で曲がりくねった山間の道を走るシーンで、ルイ・アームストロング「WE HAVE ALL THE TIME IN THE WORLD(愛はすべてを越えて)」のインストゥルメンタルが流れる。

なるほど、『女王陛下の007』だな、とシリーズファンは気づくだろう。
「Nothing more, Nothing less, Only Love」のフレーズが耳に残る名曲だから、愛を主軸にしたスパイものなわけだが、ここ2作がジェームズ・ボンドの内面(といえば聞こえはいいが、プライベート事項に過ぎない)を描きすぎて辟易していたのだけれど、ワンアクションあってボンドとマドレーヌは別れてしまい、オープニングタイトルで方向転換をする。

あれから5年過ぎ、ボンドは引退してジャマイカ暮らし。
ロンドンで細菌兵器(実際にはちょっと違うかもしれないが)の強奪事件が発生し、CIAとMI6が独自に対応にあたり、陰にスペクターが絡んでいるらしい・・・となり、CIAの旧友フェリックス・ライターの依頼もあって、ボンドは事件に自ら巻き込まれていく・・・

と、ここからは往年の007もの、古くはヒッチコックのマクガフィン争奪戦の様子になってき、「007は、これぐらいのいい加減さでいいんだよなぁ」とちょっと嬉しくなってきます。

事件解決に向けて、新007も登場(なんと黒人女性!)し、フェリックス・ライターの死、さらにはスペクターの黒幕ブロフェルドの登場と死、といくつもの死を重ねて、ここ2作の「007 プライベート・ワーク」感を消していくあたりは結構面白いです。

で、事件の黒幕・能面男サフィン(ラミ・マレック)が登場し、日ロ国境近くの離島の秘密基地に潜入して・・・と「うわ、『ドクター・ノオ』以来の十八番」と喜ぶのも束の間で、秘密基地も『007は二度死ぬ』以来のヘンテコぶりで、以降の脚本はガタガタ、ガタピシ。
この後半、もう少しどうにかならなかったのかしらん。

そして、『女王陛下の007』へのオマージュだから、愛する人は死んでしまうわけなのだが・・・

エンドクレジットで流れる「愛はすべてを越えて」で、少しだけ落涙しました。

最後の最後に「JAMES BOND WILL RETURN」と出るので、次はどうなるのかしらん?

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:52本
 外国映画31本(うちDVDなど13本)←カウントアップ
 日本映画21本(うちDVDなど 7本)

旧作:2021年以前の作品:76本
 外国映画51本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント