『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』:暴力と非暴力の国アメリカ @VHS

ファイブ・コーナーズ.jpg

1988年製作の『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。
はじめにスタッフ・キャストの紹介。
製作総指揮にビートルズのジョージ・ハリソンが名を連ね、『月の輝く夜に』のジョン・パトリック・シャンリーの脚本を、『マイ・ボディガード』などのトニー・ビルが監督。
出演は、ジョディ・フォスター、ティム・ロビンス、ジョン・タートゥーロです。
ちょっとそそられる顔ぶれなので、安価ということもあって購入していた次第。
さて、映画。

1964年米国ニューヨーク・ブロンクス。
ペットショップの店員リンダ(ジョディ・フォスター)を襲ったかどで服役していたハインツ(ジョン・タートゥーロ)が出所してきた。
出所早々、街角の店ファイブ・コーナーズで、商品のパイに指を突っ込んで舐めるという行動をする。
ハインツは、恋人ジェイミー(トッド・グラフ)と別れたばかりのリンダへの執心は消えず、再び彼女に付きまとうが、ジェイミーは先の事件で負傷した脚を引きずったまま、事件の際、リンダを救ったハリー(ティム・ロビンス)はケネディ暗殺のショックから完全な非暴力主義に転じていた・・・

といったところからはじまる物語で、冒頭に、大学教授が背後から弓矢で撃たれて死亡するという事件が描かれている。

こう書くと、なんだかサスペンス映画のような雰囲気だけれど、ジョン・パトリック・シャンリーの脚本が狙っているのはそんなところではなく、けったいな市井のひとびとの様子で、いわば風俗映画の側面が強い。

なので、リンダら4人の物語と並行して、別の男女のエピソードが描かれます。

売れない女優をやっている若い女性とその女友だち、それに、売れない女優の彼氏。
売れない女優はいつもラリっている感じで、その日の夜もラリっていた。
三人は、彼女の婚約者でもある彼氏が運転する車で走っていたが、あまりの騒ぎっぷりに辟易した彼氏は、街を流していた若者ふたりに5ドルの金をつけて、ふたりの女性を引き取ってもらうことにする。
当然、若者ふたりは若い女性ふたりを怪しげな部屋に連れ込むが、翌朝、女性ふたりは何も覚えていない。
それどころか、こんなこともいいよねと言わんばかりに、若者ふたりと放蕩を続ける・・・

こちらのエピソードはそれほど目立った展開は見せないのだけれど、途中、ひとつだけ記憶しておきたいエピソードがあります。
それは、二組のカップルに分かれた4人が、それぞれ隣り合うエレベータの屋根の上に乗り、上がり下がりするエピソード。
危険極まりない行為だけれど、映画的な魅力にあふれたシーンになっています。

さて、夜中にハインツから呼び出されたリンダが噴水のほとりに行くと、ハインツは彼女にプレゼントを差し出します。
プレゼントは、動物園で盗んできた二羽のペンギン。
そんなの受け取れないと拒むリンダの態度に激昂したハインツは、彼を警戒してリンダが拾ってきた棒きれで、ペンギンの一羽を撲殺してしまう。
リンダを捕まえて気を失わせたハインツは、彼女を抱えて、母親のもとへ連れ帰ろうとするが・・・
と展開します。

元恋人ジェイミーは、地下鉄の乗り口で途中でハインツに逃げられてしまい、警察に助けを求めて飛び込む。
このときは、地下鉄の乗り口は、まだトークンをいれて、格子状の回転扉を抜ける仕組みだったという描写は興味深いし、駆け込んだ警察の警官ふたりが「ブロンクスの地はもともとインディアンの地だった」などと話しているあたり、後半に通じています。

そして、遅れてやって来たハリーは、ビル屋上までハインツを追い詰めるが。
非暴力主義だったハリーが、最後の最後、怒りを爆発させ、ハインツを殴り倒すあたり、ちょっとした裏テーマのようなものが見え隠れしていて興味深いです。

しかし、それでもハインツは斃れず、どこからともなく放たれた矢が彼の背中に突き刺さる・・・

なるほど、ここで冒頭の大学教授の事件が絡むのね。
とはいえ、明確なオチではなく、少々、都市伝説めいたオチ。
このあたりの不明瞭さ、一般には評価されないと思うのですが、個人的には面白かったです。

もう少し演出が上手いと一層おもしろくなったのかもしれませんが、これはこれで面白いですよ。

なお、DVDでは『汚れた天使たち』というタイトルでリリースされています。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:53本
 外国映画31本(うちDVDなど13本)
 日本映画22本(うちDVDなど 7本)

旧作:2021年以前の作品:78本
 外国映画53本(うち劇場鑑賞 4本)←カウントアップ
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント