『マリグナント 狂暴な悪夢』:ビックリ要素てんこ盛りのアッと映画 @ロードショウ

マリグナント.jpg

『ソウ』シリーズや『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督による話題作『マリグナント 狂暴な悪夢』、ロードショウで鑑賞しました。
タイトルの「マリグナント」ってどういう意味なのかしらん。
早速、映画。

DV夫に悩まされているマディソン(アナベル・ウォーリス)。
何度目かの妊娠も夫の暴力の後、流産してしまう。
そんなある夜、DV夫が自宅で殺されてしまう。
マディソンは、その殺人の様子を悪夢として観るのだが、それはまるで現場にいたかのような生々しいものだった。
それを機会に、マディソンは同じような悪夢を観るようになるのだが、その殺人は現実の世界でも起きていた・・・

といったところからはじまる物語で、巻頭にどこかの病院での惨劇と手術シーンが短く描かれていて、そこも伏線。
いや、伏線といえば、映画の前半は伏線だらけで、終盤、それが見事に回収されている。

と先に褒めておくのだけれど、前半描かれる連続殺人の展開は、非常にまだるっこしく、これは評判倒れのヒドイ作品にあたったかなぁ、と後悔しました。

その後、事件の経過とともに調査が進み、「ガブリエル」なる謎の人物の名前が登場するのだが・・・

ここまで進んでくると、70~80年代にかけてホラー映画を観まくった身としては、おおよその見当がつく。

ははぁん、フランク・ヘネンロッター監督のあの作品か、ブライアン・デ・パルマ監督のマーゴット・キダー主演のあの作品か、はたまた、ジョン・カーペンター脚本、アーヴィン・カーシュナー監督の『アイズ』か・・・
ま、それよりも先に思い出したのは、手塚治虫の漫画『ブラックジャック』の中のエピソード、「ピノコ」と「瞳の中の訪問者」。

いずれも、あたらずとも遠からず、な結果なのですが、後半は、一気に別の映画になります。

「ガブリエル」の正体がわかってからは血まみれアクション映画の様相。

とにかく、「ガブリエル」の動きがすごい。
どこをどうやって動かしているのかがわからないぐらいの動きで、ジェームズ・ワンのインタビューを読んだところ、演じているのはアクロバティックなダンサーだそう。
逆回転的な素早い動きは、クリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』に似ているが、こちらの方が凄まじい。

ホラー映画畑のジェームズ・ワン監督がダークヒーロー(もしくは究極のヴィラン)を描くと、こうなるのか!という驚きもありました。
(そういえば『ヴェノム』も思い出しますね)

最後は、意志の力で「ガブリエル」を倒す(?)ことになるのだけれど、このシーンでは、ケン・ラッセル監督『アルタード・ステーツ 未知への挑戦』を思い出しました。

続編の予感も感じさせるエンディングだけれど、続編はちょっと難しいでしょうね。
まんま『ヴェノム』になりそうだもんね。

良い子のみなさんにはお薦めはできない、R18+のレイティングでした。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

追記>
そのほか思い出した作品としては、デイヴィッド・クローネンバーグ監督『戦慄の絆』『ザ・ブルード 怒りのメタファー』、ダリオ・アルジェント監督やルチオ・フルチ監督のイタリアンホラーの血みどろ感があります。
なお、「マリグナント」とは「悪性の」という意味だそうです。なるほど。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:67本
 外国映画40本(うちDVDなど16本)←カウントアップ
 日本映画27本(うちDVDなど10本)

旧作:2021年以前の作品:85本
 外国映画60本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2021年12月04日 22:12
こんばんは。
確かに、ヴェノムを思い出しますねぇ。表情もヴェノム小型版みたいな感じでしたし。
しかし、私これとっても怖かったのですよ。こういう古典的なホラーの方が怖く感じると思った次第です。
りゃんひさ
2021年12月05日 22:55
>ここなつさん

なるほど、コワかったのですね。
ホラージャンルは結構観ているので、それほど怖くはなかったのですが、ある種、人間の二面性みたいなものを感じて、そこいらあたりがコワかったです。