2021年 外国映画/日本映画 ベストテン

コロナカ2年目の2021年も残すところ、あと僅か。1年を振り返る恒例企画、外国映画/日本映画のベストテン選出です。 対象作品は2020年12月1日~2021年11月30日に劇場公開された作品です。 鑑賞形式は、劇場鑑賞/DVD鑑賞のいずれでもOKとしています。

【外国映画】
ノマドランド.jpg

1 ノマドランド
2 アメリカン・ユートピア
3 皮膚を売った男
4 燃ゆる女の肖像
5 デューン 砂の惑星
6 クーリエ 最高機密の運び屋
7 ディア・エヴァン・ハンセン
8 ファーザー
9 羊飼いと風船
10 マリグナント 兇暴な悪夢 
次点 Away
次点 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
監督賞 クロエ・ジャオ 『ノマドランド』
女優賞 アナベル・ウォーリス  『マリグナント 兇暴な悪夢』
男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ 『クーリエ 最高機密の運び屋』
特別賞 ニコール・ホロフセナー&マット・デイモン&ベン・アフレック(のうち、『最後の決闘裁判』の脚本をわからないものにしてしまった脚本家を除いて)

【日本映画】
ドライブ・マイ・カー.jpg

1 ドライブ・マイ・カー
2 シン・エヴァンゲリオン 劇場版
3 劇場版 きのう何食べた?
4 すばらしき世界
5 JUNK HEAD
6 痛くない死に方
7 花束みたいな恋をした
8 草の響き
9 騙し絵の牙
10 樹海村
次点 明日の食卓
次点 あの子は貴族
監督賞 濱口竜介 『ドライブ・マイ・カー』
女優賞 松岡茉優 『騙し絵の牙』
男優賞 西島秀俊 『ドライブ・マイ・カー』『劇場版 きのう何食べた?』
特別賞 庵野秀明(途中、登場人物や設定が変わろうとも、エヴァンゲリオンを完結させたこと。このあと、『スター・ウォーズ』のように大手の稼ぎネタとして搾取されないことを願う)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2022年01月06日 16:44
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
自身のベストは年明けに書くと決めているので、ご訪問が遅くなってしまいました…すみません。
ベストに入れていらっしゃる洋画は、前年前々年度に東京国際映画祭で鑑賞した作品もあり、それほど当方と重なってはいないのですが、「クーリエ~」は一致しております。ベネディクト・カンバーバッチの男優賞にも納得です。いやぁ、凄かったですよね。
邦画の方は、2021年は結構鑑賞したつもりだったのですが、なかなか被りませんでした。ただ、邦画は当たり年だったような気がしています。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
りゃんひさ
2022年01月06日 21:41
>ここなつさん

こちらこそ、ことしもよろしくお願いいたします。