『Girl/ガール』:ヒリヒリ感と痛烈な痛み・・・ @ロードショウ・単館系

Girl.jpg

バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女を描いた『Girl/ガール』、ロードショウで鑑賞しました。
製作国はベルギー。
ベルギー映画が日本でロードショウされるのは珍しい。
さて、映画。

15歳のララ(ヴィクトール・ポルスター)はバレリーナを目指すトランスジェンダーの少女。
肉体的には男性だが、現在は第二次性徴を停める治療をし、手術に備えているといった状況。
バレリーナとしての才能もあり、難関のバレエ学校への編入が認められ、父と弟とともに、学校近くへ越してきたところだった。
バレエ学校での練習は、文字どおり血のにじむもの。
やはり、肉体的なハンディキャップは大きく、他の生徒と比べて、練習の開始が遅かったことがある・・・

というところから始まる映画で、映画は主人公に文字どおり肉薄するような映像で綴られていく。
特に、バレエのレッスンシーンが顕著で、ベルギーの著名なバレエダンサーに振り付けを依頼したのだが、その振り付けの全貌はみることはできず、ララの躍動する(もしくは、できない)姿を表情を中心に捉えていきます。
このバレエシーンが素晴らしい。
演じるヴィクトール・ポルスターは心も身体も男性の新進ダンサーということだが、衣装も違えば、振り付けも男性のそれとはやはり違うのだろう。
上手く踊れないシーンなども、まさしく踊れない感が如実に出ている。

物語は、ホルモン療法によって第二次性徴を停めたララが、それでも肉体と精神のバランスを取ることにストレスを感じ、最終的には痛烈な痛みを伴う決断をするのだけれども、その決断に至るまで、やはり心の中では「引き裂かれた」ような思いを抱えていたことが描かれる。

父親も医師たちもララに寄り添い、理解して、ともに進んで行こうとするのだが、それでもやはり、周囲のすべてのひとびとが彼女の側に経っているわけではない。
転校先のバレエ学校ではない普通科の学校でのクラスメートのなかには、思春期ゆえか男性としてのララの肉体に興味を持つ女生徒もい、その偏見の眼がララを傷つける。
さらに、バレエでの上達のもどかしさも、ララの内部では大きなストレスになっている・・・

そういった思春期特有のヒリヒリ感。
それがあった上での、最後に描かれる痛烈な痛み・・・
胸に刺さるものがありました。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:45本
 外国映画40本(うちDVDなど 4本)←カウントアップ
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:55本
 外国映画42本(うち劇場鑑賞10本)
 日本映画13本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

"『Girl/ガール』:ヒリヒリ感と痛烈な痛み・・・ @ロードショウ・単館系" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。