『ひとよ 一夜』:過去を受け容れ、現在を信じる安易さ @ロードショウ・シネコン

ひとよ.jpg

『孤狼の血地』の白石和彌監督最新作『ひとよ 一夜』、ロードショウで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

茨城県の地方都市でタクシー会社を営む稲村家。
子どもへのDVが絶えない父親に対して、母・こはる(田中裕子)は思い余って最終瞬断に出てしまう。
「お父さんを殺しました・・・ あなたたちは自由です。何にでもなれる・・・」と言い残して、警察に出頭した母。
残されたのは三人の子どもたち。
「ほとぼりが醒めたら・・・15年経ったら戻ってくる・・・」といった母は、15年経って戻ってくる・・・

といったところから始まる物語。
冒頭のあらすじを書いてみたが、書いたらなんだかバカくさい。

いや、映画自体はバカくさいこともなく、観ているときはかなり没頭していたように思うし、悪くない映画、いい映画だ。

けれど、なんだか、時間をおいてレビューするとバカくさくなってしまった。
うーん、よくわからない。

残された三人の子どもはそれぞれ成長し、家庭を持ったり持たなかったりで、家族という括りでいえば、いくつかの家族が描かれ、それが少しずつ中心をずらしながら、水面に広がる円形の波紋のようにどこかでぶつかり合い、共鳴したり打ち消しあったりする・・・そんな映画に仕上がっている。

けれども、中心となる稲村家の物語が、腑に落ちない。

物語の中心は二男・雄二(佐藤健)で、どこか一歩引いた視点で観ている彼である。
彼を中心にするのは悪くない。
過去の事件を明かさず結婚した長男・大樹(鈴木亮平)を中心に据えると、もっと生々しい物語になるだろうし、過去も現在も客観的に観ることはできなくなるだろうから。

そう、この物語のキーポイントは、過去を受け容れ(肯定し)、現在を信じるということなのだが、やはり、そこに合点がいかない。

夫殺し(子どもたちにとっては父殺し)という過去を、現在を信じるために受け容れるというのは、どこか暴論。
許容できない。

この暴論的な家族の描き方はこの映画ではもうひとつあって、佐々木蔵之介演じる元ヤクザの父親(で今は稲村タクシーの運転手)と息子の関係。

終盤クライマックスのカーチェイスへの布石となるこの元ヤクザ運転手の荒れ方、そこへ至る心情についての描写が欠落しており、唐突感は否めない。
足を洗って更生したと思っているが、結局、息子にせがまれるままに大金を渡してしまう父親の描き方が、どうにも嫌悪感が出てきてしまう。

ま、ここいらあたりは個人的な感覚なのかもしれないが、安易な「過去を受け容れ、現在を信じる」というのが、どうもひっかかっている。

力作だけれど、どこか蟠(わだかま)りが解(ほど)けない一篇でした。

付け加えてなんだが、個人的には田中裕子はミスキャスト。
彼女独特の雰囲気が、一般的な感覚から逸脱しているように思えました。

評価は ★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品:94本
 外国映画72本(うちDVDなど16本)
 日本映画23本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ

旧作:2019年以前の作品:78本
 外国映画53本(うち劇場鑑賞14本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞10本)
------------------

"『ひとよ 一夜』:過去を受け容れ、現在を信じる安易さ @ロードショウ・シネコン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。