『だれもが愛しいチャンピオン』:『世界に一つだけの花』の歌詞を思い出しました @ロードショウ・単館系

だれもが愛しいチャンピオン.jpg

年が改まって最初の劇場鑑賞は本国スペインでのナンバーワンヒット作品『だれもが愛しいチャンピオン』です。
前置きはなしで、さて、映画。

プロ・バスケットボールチームのサブコーチを務めるマルコ(ハビエル・グティエレス)。
トップコーチと対立して短気が故に退場をくらう。
やけ酒を呷(あお)っての飲酒運転、チームは解雇され、刑務所への収監の替わりに90日間の社会奉仕が命じられる。
奉仕先は、知的障がい者のバスケットボール・チーム「アミーゴス」への指導。
はじめは嫌々だったが、徐々に互いに理解を深めて行き・・・

という物語で、東京パラリンピック開催イヤーのオープニングに相応しい。

とにかく、各人のキャラクターが立っています。

マルコは、まぁ、ステレオタイプだけれど、ステレオタイプということは蛮人に通じるということ。
そんなマルコの視点は、我々の視点。

多くの場合、「障がい者」としてひと括りにしちゃうことも多いが、人それぞれに事情がある。

癲癇の持病があるので発作によりフリーズしてしまう者、
棄てられた動物の保護施設で住み込みで働いているが、幼い頃に溺れた経験から水恐怖症でシャワーにも入れない者、
航空機の運航をやたら気にする者・・・

最後に挙げた彼に関連して、劇中「鳥を一日中観察しているひとは博士として尊敬されるのに」とも言われる(このあたりは可笑しい)。

で、そんな彼らとマルコは一丸となって快進撃を続けていき・・・と話は展開するが、印象的な台詞がふたつある。

子どもを望む妻の意に反するマルコに対して、チームメンバーのひとりが言う台詞。
「ボクだってボクみたいな子どもは欲しくないが、あなたみたいな父親は欲しいよ」

チームを通してマルコが成長したことを示す台詞だが、これには前振りのような台詞がある。

これもチームメンバーのひとりが言う台詞だが、徐々に怒りを抑えられ、コーチングができるようになってきたマルコを評して、
「彼の抱えている障がいは治らないけれども、わたしたちは対処方法を教えているんだ」

この台詞は、結構、胸にこたえました。
身に覚えがあるからね。

快進撃を続け、決勝戦にまで進んだ「アミーゴス」。
その結果は・・・

『世界に一つだけの花』の歌詞を思い出しました。

評価は★★★★☆(4つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 1本
 外国映画 1本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 0本
 外国映画 0本(うち劇場鑑賞 0本)
 日本映画 0本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

"『だれもが愛しいチャンピオン』:『世界に一つだけの花』の歌詞を思い出しました @ロードショウ・単館系" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。