『ラストレター』:ロマンティシズムの奥底に横たわる「うしろめたさ」 @ロードショウ・シネコン

ラストレター.jpg

岩井俊二監督の新作『ラストレター』、ロードショウで鑑賞しました。
岩井監督作品って、そういえば『Love Letter』と『スワロウテイル』ぐらいしか観ていません。
珠玉のラブストーリー・・・というのが謳い文句ですが。
さて、映画。

40代半ばの主婦・裕里(松たか子)。
姉の未咲の葬儀のあと、彼女の娘・鮎美(広瀬すず)から、未咲に宛てた同窓会の案内と、美咲が残した鮎美宛ての最後の手紙があることを知らされる。
鮎美宛ての手紙は彼女に委ねることとしたが、生徒会長だった姉の死を告げるために裕里は同窓会に赴く。
しかし、25年ぶりの同窓生たちは裕里のことを美咲と勘違いし、あまつさえも開会のスピーチまでせがまれてしまう。
本当のことを言い出せず、美咲になり替わってスピーチしたものの、いたたまれなくなり、すぐに会場を後にする美咲。
その背後では、もうすぐ取り壊される母校の写真に重なって、卒業式で美咲が読んだ卒業生代表の挨拶の声が流されていた。
帰途のバスを待つなか、裕里を追いかけてきたのは、乙坂鏡史郎(福山雅治)だった。
彼とスマホで連絡先を交換した裕里だったが、交換後に何度か連絡をしたのち、その内容を不審がった裕里の夫(庵野秀明)の癇癪のためスマホは毀されたため、乙坂から渡された名刺をもとに、簡単な手紙を送ることにした。
しかし・・・
作家の肩書を持つ乙坂は、高校時代に美咲宛てにラブレターを送っていた相手だったが、その手紙を仲介していた裕里は、その手紙を美咲には渡さなかった経緯があった・・・

というところから始まる物語で、書簡小説の映画化のような雰囲気。

書簡小説というのは、手紙だけで物語が進んで行く小説で、この映画の作りとは異なるけれど、雰囲気は似ている。
手紙・・・というツールは、書き手そのものがあらわれているように思えるが、その実、ほんものとは異なる。
たしかに、心情を吐露するがゆえに真実に近いように感じるが、何かしらを隠している。

この「何かしら」が重要で、映画で描かれる場合、特にロマンスものの場合、その奥底にはある種の「うしろめたさ」が隠されている。

この映画ではそれが如実で、わかりやすいのは裕里である。
高校生時代の初恋の相手・乙坂。
高校時代にも姉・美咲に彼からのラブレターは渡さず、秘かに姉になりかわって返信をしている。
年を経ても、どこか浮足立ってしまい、正体はわからないだろうと、姉になりかわってしまう。
浮足立ってはいるが、うしろめたい気持ちをある(そのうしろめたさが夫に伝わって、スマホが毀されるということになるわけだが)。

乙坂についても同様にうしろめたさがある。

ここからはネタバレ。

彼は同窓会にあらわれたのが裕里だと気が付いている。
気が付いているにも関わらず、初恋の人・美咲のことが気になり、手紙でのやり取りを続けてしまう。
途中から、そのやり取りの中に、別人の手紙が混じっても続けてしまう。
別人からの手紙が娘の鮎美だと気づいているかどうか不明だが(なにせ筆跡がまるで異なるので別人だと思っているに違いない)、気づいているからこそ、美咲のことが気にかかり続けてしまう。
彼は、一時期、美咲と付き合ったことはあるが、彼女が別の男性に走ったこと、走らせたことに踏ん切りがついていない。
それを隠して、「同級生」の乙坂として振る舞ってい、それに関してうしろめたさがある。

うしろめたいことは、さらに、美咲の娘・鮎美にもあり、彼女は母親と乙坂の関係を知っている。
知っていながら、知らぬふりをし、乙坂が現れることを期待している。
現れないまでも、彼が本当のところ、どんな人間なのかを知りたがっている・・・

ロマンティシズムとは、果たせなかった夢、手に入れることが出来なかった憧れだと思うが、そういう自分を納得する自己肯定ともいえる。
ただ、自己肯定だけで終わってしまうと、ただの「自己満足」にしか過ぎないのだが、同時にその夢や憧れやそれに関わった人々を受け容れることで、一段、昇華できるのだと思う。

そして、そのロマンティシズムには、往々にして、うしろめたさがつきまとう。
肯定できない自分・・・

うしろめたく肯定できない自分、自己に受け容れた他者、肯定した自己・・・というのがロマンティシズムなのだろう。
この映画は、そんな映画だと感じました。

追記

裕里、鮎美、乙坂をポジとすれば、美咲の夫・阿藤は陰画(ネガ)。
ならば、美咲はどうなのか。
自己を肯定できないまま死んだ彼女は、裕里、鮎美、乙坂に受け容れられ、理解されたことで、ポジに変わったかもしれません。

この映画の主役は、画面に一切現れない、高校卒業後の美咲かもしれません。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 7本
 外国映画 4本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2020年以前の作品: 3本
 外国映画 2本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 1本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

"『ラストレター』:ロマンティシズムの奥底に横たわる「うしろめたさ」 @ロードショウ・シネコン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。