『ジョジョ・ラビット』: 如何にして真実から目を閉ざし、蒙昧になるか @ロードショウ

ジョジョ・ラビット.jpg

米国アカデミー賞でも話題の『ジョジョ・ラビット』、ロードショウで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

第二次世界大戦末期のドイツ。
母親のロージー(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らす10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)。
彼のイマジナリーフレンドはアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)。
マイ・ヒーロー・ヒトラーとでもいう存在。
そんな中、ジョジョは憧れのヒトラーユーゲントに入隊して新入合宿に参加するが、合宿の訓練の一環で野生のウサギをしめることが出来ず、臆病ジョジョ・ラビットという屈辱的なあだ名をつけられてしまう・・・

というところから始まる物語で、少年の眼を通しての戦争映画。

ジョジョ=純粋な少年=何も知らない大衆と捉えれば、いわゆるアグノトロジー(無知論。大衆は如何にして真実から目を閉ざし、蒙昧になるかを研究する学問)的アプローチに映画のようにも映るし、悪くはない着想の映画。

だけれど、個人的には前半がダメでした。
マイ・ヒーロー・ヒトラーの描き方が、子どもにとっての心の友だちといってもあまりにもバカくさく、辟易。
ここは、不在の父親になり替わるべき存在として、コメディ臭を押さえてほしかったところ。

同じようにコメディ臭が強くて辟易なのは、戦場で片目を失明してヒトラーユーゲントの監督を務めるクレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)。
これもやはり、不在の父親であるべきではなかったか。

この成年男性ふたりの描き方が鼻につくので、母親のロージーが(周囲からのカモフラージュのために)ジョジョをヒトラー讃歌的に育てている(その方が安全だからだ)一方で、地下活動を行っているあたりのシニカルさが活きてこない。
いやまぁ、彼女の履いていた靴が、ジョジョの目の前にぶらんぶらんと現れるシーンは強烈なのだが。

物語はその後、ジョジョの家の屋根裏にユダヤ人少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)が匿われており、彼女と交流するうちにジョジョのそれまでのユダヤ人に対する偏見が解消されていくなど、興味深い物語にはなるのだけれど、この映画でいちばん心に残ったのは、連合軍に攻め込まれた街なかで右往左往するうち、ジョジョが親友の太っちょヨーキーと出逢って、彼がいう台詞、「ぼくたちは間違っていたのかも」。
やはり、アグノトロジー的映画だったのですね。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 8本
 外国映画 5本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 3本
 外国映画 2本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 1本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

"『ジョジョ・ラビット』: 如何にして真実から目を閉ざし、蒙昧になるか @ロードショウ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。