『ディーン・クーンツのブラック・リバー』 :20年経ってリメイクしてほしいぞ @DVD

ブラックリバー.jpg

ちょっとした隙間時間で鑑賞したのが買い置きDVD。
映画は『ディーン・クーンツのブラック・リバー』、2001年製作のテレビムーヴィ。
クーンツ小説が好きなもので、その映像化作品も観てみたいと思っているので、ダメだろうなぁと予想していても観てしまうわけです。
さて、映画。

都会で成功した作家ジョー(ジェイ・モーア)。
都会を離れて暮らしてみたいと思いつつ旅していたとき、小さな田舎町ブラック・リバーに立ち寄った。
ダイナーで町の首長に出逢い、移住を薦められるも気乗りがしない。
が、乗って来た自動車は警察に持っていかれ、クレジットカードも使えなくなり、いつしか町から出られなくなる・・・

といったところからはじまる物語で、なぜジョーが町から出られなくなるかといえば、先進的IT実証実験の場となったブラック・リバーは、住民はしらないうちに高度なAIとITシステムに拘束されており、住民自身はそれに気づかないという設定。

なるほど!とも思えるが、20年前のイマジネーションではやはり古すぎ、演出もところどころギャグ的になっている。

監督は1980年代にケヴィン・ベーコン主演の『グレート・ストリーム』というちょっとおもしろい野外アドベンチャー映画を撮ったジェフ・ブレックナーだが、その後はテレビ作品ばかりで、本作も安手のプロダクションのうすら寒さは免れない。

それにしても、ディーン・クーンツ原作の映像化は駄作のオンパレードですね。

評価は★☆(1つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 26本
 外国映画18本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 23本
 外国映画14本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
 日本映画 9本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

"『ディーン・クーンツのブラック・リバー』 :20年経ってリメイクしてほしいぞ @DVD" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。