『ガーンジー島の読書会の秘密』 :風光明媚な風景は美しいが、物語は薄っぺらい @DVD

ガーンジー島の読書会の秘密.jpg

昨年晩夏公開の仏英合作映画『ガーンジー島の読書会の秘密』、DVDで鑑賞しました。
第二次世界大戦秘話というのは好みの題材だけれども・・・
さて、映画。

1946年、第二次世界大戦終結後の英国ロンドン。
新進女流作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、あるとき「ガーンジー島の読書とポテトピールパイの会」のメンバーから手紙をもらったことをきっかけに、ガーンジー島を訪れる。
島は大戦中、唯一ドイツに占領されていた場所。
会のひとびとを取材したいと考えたジュリエットであったが、創設者であるエリザベスに会うことはできなかった・・・

といったところから物語で、設定から考えれば、ドイツ兵と島の女性との恋愛が絡んでいるな、とピンとくる。
なので、日本タイトルにある「秘密」は大げさ。

で、風光明媚な風景を背景に品のいい話が繰り広げられるが、内容はかなり薄っぺらい。

というもの、主人公の作家ジュリエットのキャラクターが浅すぎて、これが戦後50年も経た時期の若い女性ならいざ知らず、大戦終結直後なので、あまりにもボンクラ(失礼、言い過ぎた)、相手の心情への考察が足りなさすぎる。
結果、物語全体が嘘くさく、主題も把握できかねるような結果となってしまった。

かなり期待していたので、ガッカリ度は大きかったです。

監督のマイク・ニューウェルは、職人監督なのだけれど、傑出した作品が少ないので、今回もさもありなん、だったかも。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 27本
 外国映画19本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 26本
 外国映画15本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
 日本映画11本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

"『ガーンジー島の読書会の秘密』 :風光明媚な風景は美しいが、物語は薄っぺらい @DVD" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。