『モノノ怪』&『怪 ayakashi 化猫』:ジャパニーズ・ゴシック・ホラー・アニメ @DVD

モノノ怪.jpg

妻の推薦もあって観たテレビの連作アニメーション『モノノ怪』とその前日譚にあたる『怪 ayakashi 化猫』。
正しくは『怪 ayakashi』というテレビアニメーションの「化猫」エピソードに登場する薬売り(名前はない)を主人公にしてスピンオフ化したのが『モノノ怪』なのであるが・・・
製作は東映アニメーション。
2006~07年にかけての作品です。
さて、作品。

浮世絵や水墨画風、はたまた大正浪漫風と背景描写を変え、極彩色で展開するリミテッドアニメで、「絵が動くか」という意味ではあまり動いていない。
けれども、凝った構図、目もくらむような色彩、日本的ともいえない登場人物たち(特に薬売りの風貌はデモーニッシュ)が魅力です。

退魔の剣を所持する薬売りは、巷に現れるモノノ怪を斬り、その遺恨を晴らし、安らかにせしめんとするのだが、モノノ怪を斬るためには、その形、真(まこと)、理(ことわり)が揃わないと斬れないという。
真と理を知る過程で、モノノ怪がモノノ怪になった理由がわかる、という探偵的趣向もある。

そして、退魔の剣が鞘から抜き放たれれば、映画『マニトウ』のクライマックスもかくやという凄まじさがやって来る。

注) 映画『マニトウ』のクライマックスの病室が宇宙空間になり、光線が飛び交うアレです。その数十倍の迫力です。

そして退魔の剣で斬ったとしても、観ている方にはすべてが腑に落ちるわけでもないあたり、脚本が不十分なのかもしれないけれども、それがかえって面白さを増すという、とにかくヘンテコリンな魅力のある作品です。

ちなみに各エピソードは、

『怪 ayakashi』  化猫
『モノノ怪』 座敷童子、海坊主、のっぺらぼう、鵺(ぬえ)、化猫

となっており、化猫のエピソードは2回登場するが、どちらも別モノ。
ただし、両者で登場するキャラクターデザインは似せてあるという凝り方。

"『モノノ怪』&『怪 ayakashi 化猫』:ジャパニーズ・ゴシック・ホラー・アニメ @DVD" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。