『楢山節考』今村昌平監督作品:性=生→死、そしてまた生 @再上映

楢山節考1983.jpg

コロナ禍で新作映画の供給が停まったことで、『風の谷のナウシカ』などの旧作もシネコンで上映されるようになりました。
多くの劇場では、その他に『アベンジャーズ』シリーズのような大手資本の映画を上映していましたが、さすがは東映、独自路線です。
T-joyのようなシネコンでも『COLD WAR』などのミニシアター系作品を上映していましたが、東映本社お膝元の丸の内TOEIでは『仁義なき戦い』シリーズのほかに、海外国際映画祭受賞作品のデジタルリマスター版を上映。
そのうちの1本、今村昌平監督作品『楢山節考』を鑑賞しました。

本作品、初公開は1983年4月。
この時分は、大学受験に失敗し、浪人生活に入った時期でもあり、あまり映画を観ていない時期で、特に日本映画は観ていませんでした。
その上、「いまさら、むかしの寒村の話でもなかろう・・・」という思いもあり、「暗く哀しい日本映画」の典型のようなイメージでした。
が、今回、はじめて観て・・・
さて、映画。

信州の山深い、楢山という山を信仰の対象にしている寒村。
時代は定かではないが、明治期のように思われる。
その小さな村にある「根っこ」という呼ばれる一家。
七十を迎えようとする婆おりん(坂本スミ子)、45歳になる辰平(緒形拳)、辰平の弟で奴(家を持たない二男以下のこと)の利助(左とん平)、それに辰平の三人の子供の一家があった。
村の掟では、七十を迎えた老人は、寒村の命を繋ぐため「お山参り」と称して、山に棄てられる運命にあるのだが・・・

という話だが、姥捨ての話は後半になってから、前半は素寒貧の寒村の様子を丹念に描いていきます。

食うものは芋程度。
一家の二男以下は単なる労働力で、嫁を娶ることはできず、常に悶々としている。
娘ならば、大きくなったら売って金に換えたいところだし、嫁は嫁で、これもまた労働力、かつ、今後の労働力になる(もしくは金になる)子どもを産むことが期待されている。

まぁ、もうどうにもこうにも暗くて遣る瀬無いのだけれど、生きている限りは仕方ない・・・といわんばかりに、どこか突き抜けている。

前半の主人公は、ほとんど利助といっても構わない。
もしくは、村の中から嫁をとる、辰平の長子。

ふたりから見えるのは、生=性であり、遣る瀬無くまた滑稽だけれど、彼らの性的欲求を否定することはできない。

この前半で、がらりと色調を変えるのは、辰平の長子が娶った嫁の実家の皆殺しのシーンで、貴重な食料を盗んでいた一家を一族郎党、根絶やしにするために生き埋めにしてしまう。
このシーンは凄まじい。
が、イタリアンのリアリスモ映画でも、あったような印象を受け、どこか、もう、仕方がない・・・みたいな気にもさせられてしまう。
若い嫁の腹のなかには、胎児がいたにもかかわらず・・・

このエピソードが、性=生の前半から、生→死の後半へと繋ぐ役割を果たしている。

とはいえ、後半の姥捨ての道行のシーンはいささか冗漫な感じがしないでもないが、白骨累々のお山のシーンは衝撃的で、こりゃ、こんな光景をみるよりは、手前の谷で老いた親を蹴落としたくなるだろうねぇ。
なので、念仏を唱えながら成仏するおりんの姿は神々しいものの現実離れしているようにも思えましたが、こうでもしないと、映画的には決着がつかないのでしょうね。

初公開当時は観る気の起きなかった映画でしたが、歳を経て観て、観てよかったと思える作品でした。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2020年映画鑑賞記録

新作:2020年度作品: 47本
 外国映画38本(うちDVDなど10本)
 日本映画 9本(うちDVDなど 0本)

旧作:2020年以前の作品: 60本
 外国映画36本(うち劇場鑑賞 2本)
 日本映画24本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
------------------

"『楢山節考』今村昌平監督作品:性=生→死、そしてまた生 @再上映" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。