『サイレント・トーキョー』:往年の傑作をもじって『渋谷ハチ公前大爆破』にすれば良かったのに @DVD

サイレント・トーキョー.jpg

昨年12月公開の日本映画『サイレント・トーキョー』、DVDで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

クリスマス・イブの12月24日。
「東京・恵比寿に爆弾を仕掛けた」という電話がテレビ局にかかってくる・
どうせガセネタだろうと思いつつ、クルーふたりで出かけたところ、広場のベンチで蒼白な顔をした女性を発見。
「ベンチの下に爆弾がある。30Kgを下回ると爆発する。犯人からの指示があるので」と女性はクルーのひとりを無理やりベンチに座らせ、もうひとりのクルーには手首に発信機らしきものを巻き付けて、逃走してしまう。
警察の爆弾処理班が到着。
処理にあたるが、意に反して、爆発!
ただし、音と光だけのブラフだった。
その後、ネット上に犯行声明が出る。
「次は渋谷・ハチ公前広場。要求は総理大臣との直接対話」
犯行声明を読み上げさせられているのは、もうひとりのテレビクルーだった・・・

というところからはじまる話で、物語のスケールが大きい。

ひと昔ふた昔前なら、超ド級超大作、といった映画に重々しく仕上げるところだろうが、やや安手な感じが否めないのが残念。

とはいえ、中盤起こる「渋谷ハチ公前広場大爆発」の迫力は相当なもので、実景とオープンセット、さらに特殊合成が上手くいっている。

渋谷爆破のあとも犯人からの要求は「総理大臣との直接対話。都内どこかで最大規模の爆発を起こす」と続き、警察関係の捜査が続いていく・・・

犯人の意外性はテレビドラマで見られるようなパターンかもしれないが、動機のメッセージ性などは深く、犯人逮捕=警察側の勝利=正義の標ぼう=カタルシス、という図式で決着しないあたりが東映らしいです。
(先ほどの図式だと『相棒』と変わらなくなっちゃうものね)

ということで、一応満足の出来。
終盤、もうワンパンチほしかったところかなぁ。

評価は★★★(3つ)としておきます。

<追記>
『サイレント・トーキョー』というタイトルはちょっと気取りすぎ。
往年の傑作をもじって『渋谷ハチ公前大爆破』にすれば良かったのに。
あ、そうすると、大コケするかぁ・・・・

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:13本
 外国映画 6本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 7本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ

旧作:2021年以前の作品:45本
 外国映画31本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画14本(うち劇場鑑賞 4本)
------------------

"『サイレント・トーキョー』:往年の傑作をもじって『渋谷ハチ公前大爆破』にすれば良かったのに @DVD" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。