『孤狼の血 LEVEL2』:熱量・見ごたえは十分。けど、次回はもういいかな @ロードショウ

孤狼の血LEVEL2.jpg

松坂桃李主演、白石和彌監督の『孤狼の血 LEVEL2』、ロードショウで鑑賞しました。
前置きなしで、さて、映画。

前作で斃れた大上刑事(役所広司)の後を引き継ぎ、裏社会と繋がりながら広島の治安を守る若き刑事・日岡(松坂桃李)。
彼の前に現れたのは、日岡が糸を引き、組長の首を取った最大勢力・五十子会の生き残り。
五十子会も二代目になってからは、警察組織と対立することなく、穏便なビジネスを続けてきたが、日岡の前に現れた上林(鈴木亮平)は兇犬のような男。
服役後、娑婆に戻った上林が行ったことは、刑務所でさんざんな目に遭わされた看守の妹を血祭りにあげること・・・

といったところからはじまる物語で、映画当初は看守の妹であるピアノ教師殺人事件の調査から始まるのだが、五十子会を牛耳ろうとする上林の横暴が描かれ、辛うじてバランスをとっていた裏社会の秩序が崩れるところに重点が置かれていきます。

日岡は弟分のチンタ(村上虹郎)をエス(内通者)として送り込むのだが、そのあたりは往年の香港映画に似たノワール感。

とにかく、描写の熱量がすさまじく、後半に進むほど、血まみれ描写のオンパレードとなります。

映画は、日岡vs.上林の図式になり、前作にあった善悪清濁両方を兼ね備えた(というか、そのふたつの間を行き来する)ある種のアンビバレンツ感が独特の味わいになっていたけれど、今回はわかりやすいバイオレンス映画になってしまい、そこいらあたりは残念です。

ただし、警察内部の動きが巧みに隠蔽され、後半、一種のどんでん返しがあって、そこはちょっと「やられた!」と思いました。

演技陣では、松坂桃李と鈴木亮平の熱量がすさまじいのは勿論だが、チンタを演じた村上虹郎がいいです。
彼が、大雨の中、野垂死んでいく様は、この映画の見どころのひとつ。
そのほか、日岡の相棒となる定年間際の刑事を演じる中村梅雀も、彼ならでは味を出しています。
ヤクザから足を洗って企業の社長となった吉田を演じる音尾琢真は、往年の日活アクションのヘンな脇役っぽくて面白かったです(ちょっとやりすぎかもしれませんが)。

見ごたえはありますが、次回はもういいかな、といったところです。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:35本
 外国映画20本(うちDVDなど 8本)
 日本映画15本(うちDVDなど 5本)←カウントアップ

旧作:2021年以前の作品:68本
 外国映画43本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

"『孤狼の血 LEVEL2』:熱量・見ごたえは十分。けど、次回はもういいかな @ロードショウ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。