『トイレット』:雰囲気だけの映画かと思っていたら @ロードショウ・シネコン

画像


『かもめ食堂』『めがね』の監督最新作なので、実のところ「雰囲気だけの映画ではありますまいか」なんて思っていました。
まぁ、『かもめ食堂』も『めがね』も、その雰囲気が好きだったんだけれども。

で、観てみたらどうかというと・・・

へへへ、むふふふ、確かに雰囲気は前2作に似ていますが、ストーリーはしっかりしていますね。

母親が亡くなったので、兄弟妹で暮らし始めたカナダの3キョーダイ。
兄は引きこもり。とはいえ、過去にコンクールにも参加したほどのピアニスト。
弟はプラモデルオタク。とはいえ、彼だけがなんだかよく判らない研修施設で働いていて、一家の稼ぎ手。
妹はまだ学生。現代詩のゼミなんかに出席しているけれど、ホントウにやりたいことは、まだ良く判らない。
そこへ英語が全く話せない母方の祖母もたいまさこが同居することになり・・・

うまくコミュニケーションできない家族が、しらずしらずのうちに以心伝心して、家族として一歩進むハナシ。
こういうハナシ、結構スキ。

その上、ちょっとした(といか大きなというか)秘密もあって、へへへ、と思わせてくれます。

ちょっとひとをくったようなエンディングもなかなかです。

評価は★4つです。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id336358/rid75/p0/s0/c0/

 

ミニシアター系の日本映画のレビューはコチラから
⇒『死にゆく妻との旅路
⇒『海炭市叙景
⇒『スイート リトル ライズ
⇒『ゲゲゲの女房
⇒『マザーウォーター
⇒『ダーリンは外国人
⇒『パレード
⇒『ソラニン
⇒『CATERPILLAR キャタピラー
⇒『オカンの嫁入り

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画34本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 7本)
  日本映画12本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)←カウントアップ

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画69本(うちDVD、Webなどスクリーン以外68本)
  日本映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外19本)
------------------

"『トイレット』:雰囲気だけの映画かと思っていたら @ロードショウ・シネコン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント