『シャッター・アイランド』:スコセッシとミステリーは水と油か・・・ @レンタルDVD

画像


2010年上半期の話題作『シャッター・アイランド』を超日本語訳吹替でDVDで観賞です。
超日本語吹替といっても、近年の日本語吹替がお粗末なので、比べればスゴイのでしょうが、全盛期のテレビの洋画劇場の吹替と同レベルのように思いました。
それはさておき、映画の方は・・・

むむむ。
冒頭から雰囲気はスゴイのですが、残念ながら45分程度でネタが判ってしまいました。

たぶん、スコセッシ監督は真面目なので、観客をミスリードするのは上手くない感じ。
伏線はあたかも伏線だし、ちょっと違和感を感じる夢や幻覚シーンは真実のメタファーだし。
ちょっとガッカリ。
真面目な監督だということを再認識した次第です。

ただし、後半、ディカプリオと施設の警備長が「暴力と神」についてやり取りするあたりは、興味深かったです。
また、真実を明らかにする回想シーンの演出が『インセプション』にソックリなのにもビックリ。
『インセプション』もこの映画も、眉間に皺を寄せたディカプリオがいなければ成立しなかった映画なのでしょうね。

評価としては★3つですね。


↓DVD&ブルーレイはコチラから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画39本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)←カウントアップ
  日本映画14本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画76本(うちDVD、Webなどスクリーン以外75本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------




シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
デニス ルヘイン

ユーザレビュー:
映画を観てから読む事 ...
夢・夢・夢映画のCM ...
「その男」が遭遇する ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"『シャッター・アイランド』:スコセッシとミステリーは水と油か・・・ @レンタルDVD" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント