『ニューヨーク、アイラブユー』:アイ・ラブ・ニューヨークではないのね @レンタルDVD

画像


ニューヨークを舞台に11人の監督が撮りあげたオムニバス映画が『ニューヨーク、アイラブユー』。
パリを舞台にした『パリ、ジュテーム』の姉妹編ですね。
さすがに人種の坩堝(るつば)ニューヨーク。
11人の監督の顔ぶれも、中国人のチアン・ウェン、インド人のミーラー・ナーイルとシェカール・カプール、日本人の岩井俊二、フランス人のイヴァン・アタル、ドイツ人のファティ・アキンと実に多彩。
さて、映画について。

オムニバス映画なので、基本的には個々のエピソードは独立したものとなっています。
ですが、最近では、寄せ集めのような形式は人気がないのか、エピソードのつなぎの挿話があって、エピソードを少しずつ関連付けています。

いちばんのお気に入りエピソードは、63回目!の結婚記念日にブライトンビーチを散歩する老夫婦のエピソード。
人生幸朗、生恵幸子(ふるーい)の掛け合い漫才よろしく、文句云い云いの道中。
とっても微笑ましい。

画像


その他では、黒人男性のベビーシッター(マニーと呼ぶらしい)とブロンドの幼い女の子がセントラルパークを散歩するハナシ。
ナタリー・ポートマンが監督していて、最後にひとひねりがあります。

禁煙政策強化で仕方なく、ソーホーの街角レストランの前で煙草を吸う中年男女クリス・クーパーとロビン・ライト・ペンの出会い。
クリス・クーパーが強引に人妻のロビン・ライト・ペンを誘うが、振られてしまう。
でも、その実、ふたりは倦怠期の夫婦で、刺激を求めてのお芝居だった、というのもひとひねりあり。

気弱でいけてない青年と車椅子の少女が、卒業プロムに出かけるハナシも、落としバナシのようで面白い。

画像


画像


画像


どちらかというこ後半にひねりのあるエピソードで、愛についてのちょっとしたハナシが詰まっています。

往年の歌手ジュリー・クリスティが久方ぶりに訪れたホテルでの、若いボーイ、シャイア・ラブーフとの幻想的なエピソードなど、ちょっとワケの判らないものもありましたが・・・

画像


評価は★3つです。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


↓DVDはコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画39本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)←カウントアップ
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画80本(うちDVD、Webなどスクリーン以外79本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

"『ニューヨーク、アイラブユー』:アイ・ラブ・ニューヨークではないのね @レンタルDVD" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント