『Ricky リッキー』:オゾンも変わってきたよなぁ @ロードショウ・ミニシアター

画像


フランソワ・オゾン監督の新作『Ricky リッキー』、サービスデイに観ました。
空席が目立って、お正月までもつのかどうか、ちょっと心配な感じ。
でも、まぁ、この方が観やすいので、いいといえばいいのですが。
さて、映画は、というと・・・

ありゃ、そういえば、フランソワ・オゾン監督の前作は『エンジェル』。
これは主人公の女性の名前でしたが、今回は、背中に翼が生えた赤ん坊のおハナシ。

天使? エンジェル? キューピッド?

いえいえ、背中に翼が生えた赤ん坊、です。

生まれたときは、翼なんて生えていなく、しばらくして、ニョキって感じで生え始めます。
生え始めは、ただの痣やコブみたいに見えるので、幼児虐待の疑いを持たれた父親は、家を出て行ってしまいます。

ふーむ、オゾンらしい。

で、そのコブみたいなのが伸びて、ニョキってなるんですが、手羽先そっくり。
グロテスク。

ふーむ、オゾンらしい。

翼が生えた赤ん坊のハナシなんだから、アメリカンコメディだったら、もっとコメディコメディした感じになるのでしょうが、そうでないところがオゾンのオゾンたるところ。

成長して翼もりっぱりになって、かなり自由に飛び回る赤ん坊も、光がすきなので光のあるところ追っかける、なんてのも、妙に生き物チック。
それがゆえに、どこかへ飛んでいっちゃうんですけど。

でも、そんな翼の生えた赤ん坊がいなくなってしまったがゆえに、家族の愛情が強くなる。
ありゃ、オゾンもまるくなったねぇ。

以前の彼なら、もっと皮肉で残酷な結末にしたかもしれませんねぇ。

次回作『しあわせの雨傘』は予告編をみるかぎり、もっとストレートなハッピー物語っぽくて、オゾンも変わってきたよなぁ、と実感しました。

評価としては★3つ半です。

↓DVDはコチラから↓


最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『人生万歳!』
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画44本(うちDVD、Webなどスクリーン以外11本)←カウントアップ
  日本映画23本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 5本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画90本(うちDVD、Webなどスクリーン以外89本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

"『Ricky リッキー』:オゾンも変わってきたよなぁ @ロードショウ・ミニシアター" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント