『ヨコハマメリー』:このヨコハマの、あの空気感 @名画座2本立て

画像

久しぶりに名画座2本立ての2本目は『ヨコハマメリー』。
2005年製作のドキュメンタリー映画です。
早速、映画。

戦後50年の1995年。
横浜・伊勢佐木町の片隅に白塗りの老娼婦がいた。
ヨコハマメリーと呼ばれていたが、他の呼び方をするひともいた。
その彼女が忽然と姿を消した。
彼女の生活を陰から支えてきたシャンソン歌手・永登元次郎(ながと がんじろう)をはじめ、関係者に話を聞くと、浮かび上がってきたのはヨコハマの姿だった・・・

というドキュメンタリー映画。

映画が完成した年は、彼女が姿を消してから10年経っている。
想像になるのだけれど、監督をはじめ製作者は彼女が見つかると思って撮り始めたのではないのだろう。

彼女を知る沢山の人々にインタビューする。
元次郎のように親身になっていたひと、彼女と深くは交際ってはいないが継続的に接していたひと、若いころの彼女だけを知るひと、彼女とは直接面識はないが周辺事情をよく知るひと等々。

浮かび上がってくるのは横浜の戦後50年の姿。
かつてはヨコハマだった。
進駐軍の軍人が闊歩し、パンパンと呼ばれる娼婦たちが多数いた。
猥雑だったが、活気にあふれていた。

ヨコハマメリーはそんなヨコハマのアイコンだった。

あのときの、あの空気感を2000年に入ってから写し撮れれば・・・
そんな企画だったのではなかろうか。

だから、彼女のプライベートには意外なほど踏み込んで行かない。

そんな映画が突如として、終盤、劇的に展開する。
横浜を去った彼女と元次郎が再会するのである。

そのときの彼女は素顔で、ひとりの好い雰囲気に齢を重ねたおばあちゃんだった。
「もういいでしょ」といって撮影者をけん制して、彼女に寄り添う元次郎。

彼女のプライベートに踏み込んで行かなかったことが、なんだか功を奏したような、思いやりのあるラストシーンとなっていました。
ヨコハマメリーは、ヨコハマのアイコン。
アイコンのままでいいじゃないか。
善かったよ。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:23本
 外国映画18本(うちDVDなど 1本)
 日本映画 5本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:19本
 外国映画13本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 2本)←カウントアップ
------------------

"『ヨコハマメリー』:このヨコハマの、あの空気感 @名画座2本立て" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント