『アリー/ スター誕生』 : ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作 @試写会

画像

久しぶりの試写会です。
正月シーズンの映画『アリー/ スター誕生』。
前置きはさておき、映画。

歌手を夢見ていたが、現在はレストランの裏方をしているアリー(レディー・ガガ)。
唯一夢を繋いでいるのは、週末に、ドラァグクイーン・バーのショウの中で歌うこと。
そんなある夜、人気ロック歌手のジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)がふらりと店に立ち寄り、アリーが歌う姿を目にする。
彼女の歌を聴いて、図らずも涙したジャックは、ショウの後にアリーを店の外に誘い、街なかを彷徨する・・・

といったところから始まる物語で、何度か映画化されている『スタア誕生』のリメイク。

これまでに観たのは、前々回のヒロイン=ジュディ・ガーランド版と前回のバーブラ・ストライサンド版で、前回から40年ぶりのリメイクになる。
今回も、前回と同じく、スター=歌手の設定。

話はわかっている。
既にスターの立場にある男性が、無名の原石の女性をみつけ、彼女が輝くのと反比例して、男の方が堕ちていく・・・
その枠組みは変わらない。

が、今回は、男性側にかなりの比重が置かれていて、人物設定が深い。
これまでの、堕ちていく過程がどことなく通り一遍だったのに比べると、今回は、はじめから堕ちるべく萌芽がある。

ジャクソンの過去、父との確執、兄との確執、生まれつきの聴覚難、そして症状の増悪・・・
そういったものから、逃れたいかのように、ステージ以外では酒とドラッグに浸っている。
これがドラマに深みを与えた。
(まぁ、女性からみたら、甘ったれている・・・という印象もあるかもしれないが)。

なので、ヒロイン側の人物設定がやや弱く(といっても、家庭背景などはきっちり描かれている)、音楽に対する情熱がややブレているようにも見える。
(というのは、成功するにしたがって、レディー・ガガ本人にしかみえないようなシンガーになってしまう)。

だが、これも最後の最後で帳消し、ジャクソンと出逢ったときの音楽への想いを取り戻し、彼への愛として歌い上げるから。

とにかく、音楽シーンが素晴らしい。
試写会の前説で、音楽シーンは同時録音だったとのこと。
ほんとか?とも思うが、たしかに「生」の雰囲気が充分に出ている。
特に素晴らしいのは、ふたりがはじめてステージで歌うシーン。
これはまさに圧巻。

ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作でした。

評価は★★★★(4つ)です。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:79本
 外国映画63本(うちDVDなど 8本)←カウントアップ
 日本映画16本(うちDVDなど 2本)

旧作:2018年以前の作品:74本
 外国映画65本(うち劇場鑑賞16本)
 日本映画 9本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

"『アリー/ スター誕生』 : ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作 @試写会" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント