<回想録>70年代後半 大阪・千日前の映画館 千日会館・大劇名画座・千日前セントラル

<回想録>70年代後半、大阪ミナミは千日会館 (初出 2015/3/22(日))

B級・C級映画も結構好きなりゃんひさが、1970年代後半にそんな映画を観ていたのがミナミ・千日前の千日会館

というのも、そこは珍しく、1本立ての名画座だったからです。

中学校まで自転車で行って、学校が終わったら、その自転車に乗ってびゅーんと飛ばしてミナミまで。
で、映画を観て帰っても、最終回のひとつ前ぐらいが観れれば、夜も早い時間。

ということで観たのは『合衆国最後の日』『テンタクルズ』『デス・レース2000年』『バニシング』『ビッグ・マグナム77』など。
画像

画像

画像

ロバート・アルドリッチ監督の『合衆国最後の日』を除いて、B級アクションのオンパレード。
われながら、おぉ、男子中学生!って感じです。

この映画館、たぶん最近まで現役で、数年前に帰阪した際に前を通ったら、成人映画を上映していました。

とにかく小さな劇場で、マクドナルドの地下に100席満たない座席数、スクリーンは畳1畳程度、勾配もあまりなかったように記憶しています

ただし特徴がひとつあって、それはノン・リワインド方式という映写後のフィルムを巻き戻す必要がない工夫をした映写設備を備えていました。

その映写機はロビーの地下に設置されており、映像を一旦ミラーに反射してスクリーンに投影するという方式をとっており、ロビーからその映写機が覗けるようになっていました。

で、先に書いたノン・リワインド方式で映写後のフィルムを巻き取りながら映写するので、ほぼ全自動のような映写スタイルでした。

と、なかなかなな設備を備えた映画館でしたが、二番館なのに1本立てなのは少々割高。
もう少し安く観れるところはないかしらん、ということで見つけたのが2本立ての名画座。
ミナミでいえば、戎橋劇場、大劇名画座といったところ。

次回は、それらの劇場について書くこととします。


<回想録>70年代後半の大阪・千日前の映画館のこと (初出 2015/3/25(水) )


前回は大阪・千日前にあった千日会館のことを書いたので、今回は続きで千日前にあった映画館のことを書きます。

まずは、大劇名画座

千日会館の並びにあった映画館で、洋画2本立ての大劇名画座と成人映画3本立て(かな?)の大劇シネマの2館が同じビルに入っていました。
もともとはOSK(大阪松竹歌劇団)が公演を行う大阪劇場(通称:大劇)という劇場だったようですが、りゃんひさは大劇そのものは知りません。

大劇名画座は、スタジアム形式とでもいうのでしょうか、いまのシネコンのような急勾配の座席がスクリーンを半円形に取り囲んだ独特の構造で、スクリーン前に半円形のフラット舞台を見下ろす形でした。
そして、最前列の座席の前には柵があり、ここからは立入禁止ということを示していました。
たぶん、最前列では見づらかったことと推測します。
ただし、ここではあまり多くの映画は見ておらず、『黄金のランデブー』『ドクター・モローの島』の2本立てと、『女王陛下の007』+『007 ダイヤモンドは永遠に』、『007 死ぬのは奴らだ』+『007 黄金銃を持つ男』の007祭りを観たぐらいです。
なお、『ドクター・モローの島』は現在DVDで出回っているアメリカ版ではなく、バーバラ・キャレラが・・・というショックシーン付の海外版でした。
画像

画像


千日前筋を南に進んで道具屋筋に入ったところにあったのが千日前セントラル

ここは名画座ではなく、東宝系洋画のロードショウ館でした。
カプリコン1(ワン)』を観にいったとき、「えぇ、こんなところに映画館があるの?」というようなところにありました。
劇場の両側、向い側とも、台所の調理器具を扱うお店ばかり。
鍋や包丁に囲まれた映画館・・・
うーむ、驚いた。
高校時代の友人は、この映画館の2軒隣ぐらいのお店で「カルメ焼き器」を買って、つくるのに挑戦していました(試作品を食べさせてもらったことがあります)。
画像

画像

この千日前セントラルで思い出深いのは『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』。

映画の途中で、観客席で夫婦喧嘩が始まりました。
2~3分ほど、夫婦間で言い争いが続いて、終いには別の客から「いい加減にせんかい!」の怒声も飛び、映画どころではありませんでした。

劇場入り口が地面と地続きで、なかなか広いロビーもあって、昔からの劇場という雰囲気の劇場でしたが、ロードショウ館なのであまり通うことはありませんでした。

さて、今回はここまで。
次回は、千日前セントラルのあった道具屋筋の手前で曲がって、南海通りにあった映画館、千日前弥生座、花月シネマ、難波ジョイシネマあたりのことを書こうと思います。

"<回想録>70年代後半 大阪・千日前の映画館 千日会館・大劇名画座・千日前セントラル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント