『ウソツキは結婚のはじまり』:可笑しくて可笑しくて、観ているこちらもおかしくなる @DVD

アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演の2011年作品『ウソツキは結婚のはじまり』、DVDで鑑賞しました。 原題は「JUST GO WITH IT」、やるしかないね、ぐらいの意味か。 さて、映画。 美容外科医のダニー(アダム・サンドラー)は、偽の結婚指輪で既婚者を装い、「ちょっとした遊びだから」といって数々の女性…
コメント:0

続きを読むread more

『散り行く花』:リリアン・ギッシュは初代スクリーミングクイーン @DVD

D・W・グリフィス監督の1919年作品『散り行く花』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 1919年! 100年以上前、前世紀も前世紀、で作品はサイレント映画です。 サイレント映画は、学生時代に十数本観ていますが、本作は未見。 可憐、といわれるリリアン・ギッシュの若い頃の作品を観るのは、本作が初めて(たぶん)。 さて、映画…
コメント:0

続きを読むread more

『最後の決闘裁判 』:マルグリットの真実 @ロードショウ

リドリー・スコット監督最新作『最後の決闘裁判 』、ロードショウで鑑賞しました。 リドリー・スコット監督のデビュー作は『デュエリスト 決闘者』。 すわ、これが遺作になるのか! なんて思ったら、本編前にさらなる新作『ハウス・オブ・グッチ』の予告編が流れ・・・違うのね、あっそう。 ということはさておいて、さて、映画。 14世…
コメント:2

続きを読むread more

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』:オチがいい、「IF もしも・・・」のファンタジー物語 @D…

ことし5月に公開されたフランス・ベルギー合作映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』、DVDで鑑賞しました。 原題は「MON INCONNUE」、わたしにとっての未知なる女性、彼女はわたしにとってはまだ他人、という意味。 英語タイトルが「LOVE AT SECOND SIGHT」なので、日本語タイトルはここから…
コメント:2

続きを読むread more

『パリの調香師 しあわせの香りを探して』:フランス調香師版『ドライビング Missデイジー』っていったところ @D…

ことし1月に公開されたエマニュエル・ドゥヴォス主演のフランス映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』、DVDで鑑賞しました。 エマニュエル・ドゥヴォスといえばアルノー・デプレシャン監督のミューズ。 ミューズだけれど、美しいかどうかは個人次第。 さて、映画。 パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしている調香師のアンヌ…
コメント:2

続きを読むread more

『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』:まっぴらごめん、な「フランス家族あるある」 @DVD

ことし1月に公開されたカトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランス映画『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』、DVDで鑑賞しました。 原題「FÊTE DE FAMILLE」(家族の祝祭日)が示すように、ドヌーヴを取り囲むひとびとを含めての家族群像です。 さて、映画。 フランス南西部、自然に囲まれた旧邸。 母アンドレア(カトリーヌ…
コメント:2

続きを読むread more

『DUNE 砂の惑星』:21世紀のSF叙事詩・前編 @ロードショウ

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品『DUNE 砂の惑星』、ロードショウで鑑賞しました。 原作はフランク・ハーバートの同名SF小説(未読)。 かつてデイヴィッド・リンチ監督が映画化したことがあり、そちらは鑑賞しています。 さて、映画。 西暦10190年、皇帝と諸侯たちによって収められている宇宙。 アトレイデス公爵家は、海と大地…
コメント:4

続きを読むread more

『ラスト・ボーダー』:ミカ・カウリスマキ版『マッド・マックス』か? @DVD

1993年製作のミカ・カウリスマキ監督作品『ラスト・ボーダー』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 監督のミカ・カウリスマキは、アキ・カウリスマキの兄ですが、弟と比べて少々つかみどころがないタイプ。最新作『世界で一番しあわせな食堂』は過日、DVDで鑑賞しました。 主演のジョリオン・ベイカーは…
コメント:0

続きを読むread more

『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』:暴力と非暴力の国アメリカ @VHS

1988年製作の『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 製作総指揮にビートルズのジョージ・ハリソンが名を連ね、『月の輝く夜に』のジョン・パトリック・シャンリーの脚本を、『マイ・ボディガード』などのトニー・ビルが監督。 出演は、ジョディ・フォスター、ティム…
コメント:0

続きを読むread more

『由宇子の天秤』:力作であることは間違いないが @ロードショウ

9月中旬よりロードショウの『由宇子の天秤』、拡大公開のシネコンで鑑賞しました。 友人から聞いたところでは、ファーストランの単館系劇場では連日満席で、当日劇場で席を確保するのは至難の業とか。 数週間遅れでシネコンでも拡大公開されたので、ならば、ということで足を運びました。 さて、映画。 ドキュメンタリー監督の木下由宇子(瀧…
コメント:0

続きを読むread more

『シリアにて』:『ガザの美容室』と同工異曲 @DVD

昨年8月に公開された『シリアにて』、DVDで鑑賞しました。 製作はベルギー・フランス・レバノンの合作です。 さて、映画。 アサド政権、反体制派、さらにISの対立がシリアの首都ダマスカス。 舅と娘・息子とともに、市内の戦闘に参加した夫の帰りを待つ妻オーム(ヒアム・アッバス)。 彼らが暮らすアパートメントの一室には、他に家…
コメント:4

続きを読むread more

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』:愛はすべてを越えて @ロードショウ

007シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、ロードショウで鑑賞しました。 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最終作。 幾たびかの公開延期を経てのロードショウです。 さて、映画。 凍てつく湖畔のロッジ風一軒家。 幼い娘と母親が過ごしているところを、能面をつけた謎の男が襲撃を掛ける。 k母親は殺…
コメント:0

続きを読むread more

『コーヒー&シガレッツ』:「反復と継続」の作家ジャームッシュ @DVD

ジム・ジャームッシュ監督の2003年作品『コーヒー&シガレッツ』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 チェックのテーブルクロスが掛けられた四角いテーブル。 コーナーを挟んでコーヒーを飲み、タバコを喫うふたり、ないし三人。 交わされる話は、日常の他愛ないこと、ちょっとした鬱憤・・・ といっものが全部で…
コメント:2

続きを読むread more

『騙し絵の牙』:とにかく面白いことは面白い。主演女優賞は松岡茉優に決定だね @DVD

ことし3月にロードショウされた映画『騙し絵の牙』、DVDで鑑賞しました。 もともとは昨年2020年だったけれども、コロナカで公開が延期されたものです。 原作は、塩田武士の同名小説(未読)。 主人公には大泉洋であて書きしたらしく、映画でもピタリとハマっていました。 さて、映画。 100年以上続く名門大手出版社「薫風社」。…
コメント:2

続きを読むread more

『ホムンクルス』:クローネンバーグ、リンチ・ファンとして期待したが・・・ @DVD

ことし4月にロードショウされた映画『ホムンクルス』、DVDで鑑賞しました。 清水崇監督、綾野剛、成田凌主演で期待していたのですが、割引料金のない特別興行だったので、パス。 たぶん配給会社がエイベックス・ピクチャーズと通常の配給会社でなかったことが原因かと思うのですが。 さて、映画。 新宿でホームレス生活を送る名越(綾野剛…
コメント:2

続きを読むread more

『ワン・モア・ライフ!』:下半身ユルユル浮気男のお気楽回想物語 @DVD

ことし3月にロードショウされたイタリア映画『ワン・モア・ライフ!』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 イタリアのシチリア島北西部・パレルモで暮らすパオロ(ピフ)。 妻アガタ(トニー)と一女一男のふたりの子どもを得て幸せに暮らしていた。 ところが、毎日乗るスクーターで、いつも同様、両方の信号が赤に変わる瞬…
コメント:2

続きを読むread more

『クーリエ:最高機密の運び屋』:息詰まる諜報活動、実際は地味! @ロードショウ

ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『クーリエ:最高機密の運び屋』、ロードショウで鑑賞しました。 カンバーバッチをスクリーンで観るのは久しぶり。 ここのところの作品は、どことなく暑苦しい役が多かったように感じて、避けていた次第。 今回もそれほどスリムではないけれど・・・ さて、映画。 米ソ・東西の軍拡競争が激しさを増…
コメント:2

続きを読むread more

『モンスターハンター』:ハンター=狩る人でなくて、狩られる人のサバイバルアクション @DVD

ことし3月公開の『モンスターハンター』、DVDで鑑賞しました。 元となるのは大ヒット同名ゲームですが、プレイしたことはありません。 さて、映画。 消息を絶った仲間の捜索活動にあたっているアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)率いる特殊部隊。 突然の砂嵐に見舞われ、砂嵐が去ったのちのそこは、巨大モンスターが暴れまわる未知の土…
コメント:2

続きを読むread more

『アイダよ、何処へ?』:われわれは、何処へ? @ロードショウ

9月中旬より公開中の『アイダよ、何処へ?』、ロードショウで鑑賞しました。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争末期に起きた「スレブレニツァの虐殺」と呼ばれるのセルビア軍による集団虐殺を描いた映画です。 さて、映画。 国連平和維持軍の通訳として働くアイダ(ヤスナ・ジュリチッチ)。 1995年夏、ボスニア内紛は混乱を極め、ボスニア…
コメント:2

続きを読むread more

『ビッグ・トラブル』:あきれたあきれた大詐偽作戦 @VHS

1986年製作の日本未公開作『ビッグ・トラブル』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 VHS発売時はタイトル頭に「ピーター・フォークの」と付いており、DVD発売時は「ジョン・カサベテスの」と付いています。 さて、映画。 保険会社に勤めるレナード・ホフマン(アラン・アーキン)。 音楽の才のある三つ子の息子たちがエール大学に…
コメント:0

続きを読むread more