『オリエント急行殺人事件 死の片道切符』:アルフレッド・モリナがポワロを演じる現代版 @DVD

お馴染みアガサ・クリスティの傑作推理小説を2001年にアメリカでテレビドラマ化した『オリエント急行殺人事件 死の片道切符』 、DVDで鑑賞しました。 昨年もケネス・ブラナーが監督・主演した『オリエント急行殺人事件』が公開されましたが・・・ さて、映画。 21世紀にはいったトルコ・イスタンブール。 世界的名探偵のポワロ(ア…
コメント:2

続きを読むread more

『ジェイコブス・ラダー』 (2019) :タイトルのモチーフは雲散霧消のリメイク版 @DVD

ことし年初に「未体験ゾーンの映画たち2020」でロードショウされた『ジェイコブス・ラダー』 、DVDで鑑賞しました。 1990年にティム・ロビンス主演、エイドリアン・ライン監督で製作された同名作品のリメイクです。 え? あの映画をリメイク? とオリジナル版を観たひとは思うはず。 さて、映画。 アフガニスタン戦争で兄アイザ…
コメント:2

続きを読むread more

『駅までの道をおしえて』 :20分ほど詰めれば、小品に仕上がったのに @DVD

昨秋にロードショウされた日本映画『駅までの道をおしえて』 、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 赤い車両の京急鉄道が通る海に程近い町。 両親と暮らす8歳の少女サヤカ(新津ちせ)は、つい先ごろ、愛犬の白い柴犬ルーと死に別れたばかり。 サヤカは生まれつき背中に大きな痣があることから同級生たちから忌避されており…
コメント:6

続きを読むread more

『ペトラは静かに対峙する』 :ゆったりとした演出で、直截描かれていること以外も想像する @DVD

昨年夏に単館系映画館でロードショウされた『ペトラは静かに対峙する』 、DVDで鑑賞しました。 原題は「PETRA」、主人公の名前だけですが、日本タイトルはなかなか思わせぶりな良いタイトルを付けましたね。 さて、映画。 スペイン・カタルーニャ地方に居を構える著名な現代彫刻家ジャウメ(ジョアン・ボテイ)。 初老の彼にはひとり…
コメント:2

続きを読むread more

『デビルズ・ソナタ』 :怖くもなく、ミステリー要素も少なく・・・ガッカリだわぁ、はぁ。 @DVD

ことし年初に「未体験ゾーンの映画たち2020」でロードショウされた『デビルズ・ソナタ』 、DVDで鑑賞しました。 昨年7月に他界したルトガー・ハウアーの遺作という触れ込み。 さて、映画。 30年以上前に一世を風靡しながらも突然姿を消したクラシック音楽の作曲家マーロウ(ルトガー・ハウアー)。 彼がフランス郊外の古い屋敷で焼…
コメント:2

続きを読むread more

『記憶にございません!』 :ギャグにキレもなく・・・ガッカリだわぁ、はぁ。 @DVD

昨年初秋にロードショウされた三谷幸喜監督・脚本映画『記憶にございません!』 、DVDで鑑賞しました。 なかなかのスマッシュヒットだったようで、そこそこ期待。 さて、映画。 病院のベッドの上で目覚めた男(中井貴一)は、一切の記憶を失っていた。 あまりに不安になったため、パジャマ姿のまま病院から抜け出したところ、道行くひとび…
コメント:6

続きを読むread more

『今さら言えない小さな秘密』 :どうということもないおはなしだが、愛すべき小品佳作 @DVD

昨年初秋にロードショウされたフランス映画『今さら言えない小さな秘密』 、DVDで鑑賞しました。 主演は『神様メール』などのブノワ・ポールヴールド。 さて、映画。 風光明媚な仏国プロヴァンスの小さな村。 村唯一の自転車修理工ラウル・タビュラン(ブノワ・ポールヴールド)は、腕がいい上に、伝説の自転車乗り。 そのため、村では…
コメント:6

続きを読むread more

『イエスタデイ』 :なんだかズルな映画、みたいな感じが拭い去れない @DVD

昨年初秋にロードショウされた『イエスタデイ』 、DVDで鑑賞しました。 「イエスタデイ」といえば、当然、ザ・ビートルズの曲のタイトルですね。 なので、この映画はザ・ビートルズについての、すこし不思議なSF映画的発想の映画。 さて、映画・・・の前に、『イエスタデイ』といえば、なぜか1979年製作のカナダ映画を思い出してしまう。 …
コメント:4

続きを読むread more

『アイネクライネナハトムジーク』 :、時間が経って、よかったと思うものが、本当の出逢い・・・ @DVD

昨年初秋にロードショウされた日本映画『アイネクライネナハトムジーク』 、DVDで鑑賞しました。 監督は『愛がなんだ』の今泉力哉、原作は『アヒルと鴨のコインロッカー』などの伊坂幸太郎。 楽しみな顔合わせです。 さて、映画。 東北の中心都市、仙台。 そこそこのイケメンだがなぜか冴えない会社員の佐藤(三浦春馬)。 友人は大…
コメント:4

続きを読むread more

『ヒンディー・ミディアム』 :イルファン・カーン、ご冥福をお祈りいたします @DVD

昨年初秋にロードショウされたインド映画『ヒンディー・ミディアム』 、DVDで鑑賞しました。 主演のイルファン・カーン、先ごろ他界されましたね。ご冥福をお祈りいたします。 さて、映画。 インド・デリーの下町で衣料品店を営むラージ(イルファン・カーン)とミータ(サバー・カマル)。 経済的には裕福だが、夫ラージはヒンディー語し…
コメント:4

続きを読むread more

『三人の狙撃者』 :シナトラの演技と事件解決のクライマックスが見どころ @DVD

1954年製作のアメリカ映画『三人の狙撃者』 、買い置きDVDで鑑賞しました。 最近の週刊文春で小林信彦が本作について少し述べていたので、タイミング的にはいい感じ。 さて、映画。 米国の田舎町サドンリー。「突然」を意味する名前だが、由来は不明。 町を走る鉄道駅舎に緊急の打電があった。 本日、午後五時、大統領が特別列車で…
コメント:0

続きを読むread more

『ラスト・クリスマス』 :去年のクリスマスの、この胸のときめきを @DVD

昨年末公開のイギリス映画『ラスト・クリスマス』 、DVDで鑑賞しました。 劇場公開するならば、この時期しかないよなぁ、と思いつつも、劇場に足を運ぶほどでもないだろうと値踏みしていた作品ですが・・・ さて、映画。 英国ロンドンのクリスマスショップで働く歌手志望のケイト(エミリア・クラーク)。 彼女の一家はユーゴスラビアから…
コメント:10

続きを読むread more

『夜は短し歩けよ乙女』 :大林宣彦監督『HOUSE ハウス』に匹敵する強烈さ @DVD

『きみと、波にのれたら』など近年注目株アニメーション監督の湯浅政明の2017年作品『夜は短し歩けよ乙女』 、DVDで鑑賞しました。 先にテレビ放映された際に観た妻から、面白いから是非、と推薦されていた作品です。 さて、映画。 京都の大学に通う黒髪の乙女(花澤香菜)。 先輩女子の結婚式披露宴の後、解放された心で、京都の街で…
コメント:4

続きを読むread more

『白い恐怖』 :迷惑至極な白い恐怖男の一人合点の独り相撲事件 @DVD

アルフレッド・ヒッチコック監督の1945年作品『白い恐怖』、DVDで鑑賞しました。 1980年代に京都祇園会館でその他2本と併せて観て以来なので、30数年ぶりということになります。 さて、映画。 精神病治療院「緑の園」。 永年所長を務めたマーチソン博士(レオ・G・キャロル)は更迭され、新所長が迎えられることになった。 …
コメント:2

続きを読むread more

追悼・岡江久美子さん 再放送テレビドラマ2本

去る4月23日に新型コロナウィルスの影響で他界された女優・岡江久美子さん。 1975年のTBS系テレビドラマ・ポーラテレビ小説『お美津』でデビューされたのが1975年。 わたしたち世代には、その後のNHKのクイズ番組『連想ゲーム』の方が馴染み深い。 その後は、朝のニュースワイドショウの司会を永年勤められていましたね。 ご冥福をお…
コメント:2

続きを読むread more

『いのちの紐』 :いのちの紐が途切れるとき・・・ @DVD

TSUTAYAの発掘良品シリーズから『いのちの紐』、DVDで鑑賞しました。 名匠シドニー・ポラック監督の劇場用映画デビュー作。 かつて浜村淳がラジオど幾たびか、この映画のことをしゃべっていて、観たいなぁと思っていた作品です。 さて、映画。 米国シアトル、初夏の夕暮れ。 カメラはシアトルの街を空撮でとらえ、人工池に囲まれ…
コメント:0

続きを読むread more

『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』 :LGBTQへの理解と支援を求める・・・的な @DVD

昨年2月にロードショウされた『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』、DVDで鑑賞しました。 DVDリリースも昨年夏ごろなので、少々時間が経っていますね。 さて、映画。 米国ニューヨークの下町に暮らす黒人少年のユリシーズ(ルカ・カイン)。 父親の死をきっかけに、母と弟の三人暮らしになったが、母親は昼夜掛け持ちで働かなけ…
コメント:4

続きを読むread more

『引っ越し大名!』 :松竹のお家芸が積み重なった変格時代劇の佳作 @DVD

昨年晩夏にロードショウされた星野源主演の『引っ越し大名!』、DVDで鑑賞しました。 星野源といえば「うちで踊ろう」ですね。 踊るまではいきませんが、うちで観ようは実践中。 ま、映画館は全面休館ですから。 さて、映画。 徳川幕府五代将軍綱吉の頃。 越前松平家を祖とする姫路藩主・松平直矩(及川光博)。 この度、豊後の日…
コメント:4

続きを読むread more

『レディ・マエストロ』 :音楽には性別も貧富の差もない(はず) @DVD

昨年秋にロードショウされた『レディ・マエストロ』、DVDで鑑賞しました。 原題は「DE DIRIGENT」、コンダクター(指揮者)です。 特に、女性であることは冠されていません。 さて、映画。 第一次世界大戦からしばらく経った1926年の米国ニューヨーク。 オランダ移民のアントニア(クリスタン・デ・ブラーン)は、音楽ホ…
コメント:6

続きを読むread more

『サスペクト 薄氷の狂気』 :異様な雰囲気を秘めた本格サイコミステリー @DVD

ことしに入ってから小規模ロードショウされた『サスペクト 薄氷の狂気』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 米国ミシガン州のとある町。 ある冬の日、木材を運ぶトレイラーの荷台から若い女性の遺体が見つかる。 刑事のマーシャル(ヘンリー・カヴィル)ら警察は、遺体の痕跡から女性は何者かによって監禁されていたところ…
コメント:4

続きを読むread more