『シャイニング 北米公開版』:ジャックの狂気が爆発するまでがジワリと延びて @午前十時の映画祭

午前十時の映画祭で上映されている『シャイニング 北米公開版』を鑑賞しました。 スティーヴン・キングの原作をスタンリー・キューブリックが監督したものだが、日本で劇場公開されたのは119分のインターナショナル版。 今回は20分以上長い143分。 今回の午前十時の映画祭で、これだけは観たかった作品です。 さて、映画。 米国コ…
コメント:2

続きを読むread more

『プロディガル・サン 殺人鬼の系譜』:1話完結のエピソードも平凡で、過去の謎も遅々として進まず・・・ @DVD

7月にレンタルリリースされた米国製ドラマ『プロディガル・サン 殺人鬼の系譜』、シーズン1の第6話までDVDで鑑賞しました。 早速、どんな内容かというと・・・ 「外科医」と呼ばれたシリアルキラー、マーティン(マイケル・シーン)を父に持つマルコム・ブライト(トム・ペイン)。 プロファイリングの手腕を買われ、現在はNYPDで…
コメント:0

続きを読むread more

『チャンシルさんには福が多いね』:チャンシルさんはまだるっこしいね @DVD

ことし1月にロードショウされた韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』、DVDで鑑賞しました。 タイトルから面白そうだと期待していました。 さて、映画。 40歳の女性映画プロデューサーのチャンシル(カン・マルグム)。 永年組んできた監督が急死したことから、突然の失職。 これまで映画一筋、彼氏も子どもも家もなし。 生活…
コメント:2

続きを読むread more

『ビバリウム』:郭公の托卵、クトゥルーのたくらみ @DVD

ことし3月にロードショウされた外国映画『ビバリウム』、DVDで鑑賞しました。 すごく観たかった作品というわけではなかったのですが、レンタル店では入り口付近でパワープッシュ。 枚数割引の数合わせのためにセレクトしました。 さて、映画。 交際して長らく経つ若いカップルのトム(ジェシー・アイゼンバーグ)とジェマ(イモージェン・…
コメント:2

続きを読むread more

『花束みたいな恋をした』:ハッピーエンド=しあわせな別れ方 @DVD

ことし1月にロードショウされて長らくロングラン上映された『花束みたいな恋をした』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 京王線・明大前駅で終電を逃したことで偶然出逢った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。 その後、同じく終電を逃した男女ふたりと連れ立って入った店で、ふたりは偶然、ふたりにとって「神…
コメント:4

続きを読むread more

『あの頃。』:著名俳優が演じているせいか、なんだかクサイ感じがします @DVD

ことし2月にロードショウされた今泉力哉監督の新作『あの頃。』、DVDで鑑賞しました。 今泉監督作品は、あまり有名でない俳優を起用することが多いのだけれど、この映画では松坂桃李や仲野太賀などの俳優を起用。 さて、吉と出るか凶と出るか・・・ 冴えないバンドでベースを弾いている劔くん(松坂桃李)。 バンド活動以外でも、彼女もな…
コメント:2

続きを読むread more

『愛のコリーダ』:エロスからはじまり、タナトスへ行き着く @リバイバル

ことし4月からリバイバル上映されている大島渚監督1976年作品『愛のコリーダ』、ムーヴオーバー劇場で鑑賞しました。 リバイバル上映開始すぐに緊急事態宣言となり、映画館は休館。 上映再開されたものの、単館系では上映しなければならない作品数が溢れかえって、上映回数は激減。 初公開時は小学生なもので当然観ておらず、この機会を逃すと、…
コメント:0

続きを読むread more

『コールドケース3 ~真実の扉~』鼓動(前後編):新シーズン巻頭に相応しく盛りだくさんの内容 @DVD

米国製ドラマを翻案したテレビシリーズ『コールドケース ~真実の扉~』。 昨年暮れから本年2月にかけて、シーズン3が放送されました。 本シリーズはお気に入りドラマのひとつで、DVDリリースされれば、近所のレンタルショップで借りて観ています。 コールドケースとは「未解決凶悪犯罪」のこと、むかしは「お蔵入り事件」と言っていましたね。…
コメント:0

続きを読むread more

『はたらく細胞』『はたらく細胞!!』:教育系スプラッターコメディアニメ @DVD

人体のなかの細胞たちを擬人化したアニメ『はたらく細胞』『はたらく細胞!!』、DVDで鑑賞しました。 原作は清水茜による漫画。 『はたらく細胞』が2018年放送の第1シーズン全13話、『はたらく細胞!!』が2021年放送の第2シーズン全8話です。 なお、第2シーズンの後半5話は再編集されて、『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。…
コメント:0

続きを読むread more

『ノッティングヒルの洋菓子店』:最終的には、めでたしめでたし、なんだけれど @DVD

昨年末公開のイギリス映画『ノッティングヒルの洋菓子店』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 ノッティングヒルで洋菓子店開店目前のイザベラ(シェリー・コン)。 あろうことか、共同経営者兼パティシエの親友サラを交通事故で失ってしまう。 そんなイザベラのの前にサラの娘クラリッサ(シャノン・タルベット)が現れる。…
コメント:2

続きを読むread more

『ゴジラvsコング』:vs〇〇〇〇〇! 次回はヘドラか? @ロードショウ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に続く「モンスター・ヴァース」シリーズ第4弾『ゴジラvsコング』、ロードショウで鑑賞しました。 同シリーズをおさらいすると、 『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)です。 作品を追うごとに製作…
コメント:2

続きを読むread more

『ホテルローヤル』:えらくライトなエピソードの羅列にガッカリ @DVD

昨年11月公開の日本映画『ホテルローヤル』、DVDで鑑賞しました。 原作は桜木紫乃の同名小説、直木賞受賞作ですが未読です。 同じ原作者の小説を映画化した『起終点駅 ターミナル』が面白かったので、本作も期待。 さて、映画。 北海道、釧路湿原にほど近いところに立地するラブホテル「ホテルローヤル」。 いまでは廃業しており、時…
コメント:2

続きを読むread more

『ホテルニュームーン』:母親の立場をもう少し掘り下げてほしかった @DVD

昨年9月公開の日本・イラン合作映画『ホテルニュームーン』、DVDで鑑賞しました。 監督は『オーバードライヴ』『孤独な惑星』の筒井武文。 監督作品を観るのは、本作がはじめて。 さて、映画。 テヘランで大学生の娘モナ(ラレ・マルズバン)とふたり暮らしをしているヌシン(マーナズ・アフシャル)。 ある日、不審な電話がヌシンのも…
コメント:2

続きを読むread more

『おらおらでひとりいぐも』:ひとりでいぐも、寂しさ三人づれで @DVD

昨年11月公開の田中裕子主演作『おらおらでひとりいぐも』、DVDで鑑賞しました。 監督は『南極料理人』『キツツキと雨』『滝を見にいく』の沖田修一。 原作は芥川賞受賞、若竹千佐子による同名小説ですが、未読です。 さて、映画。 東京にほど近い、郊外の街に暮らす70代半ばの桃子さん(田中裕子)。 息子と娘は独立し、夫に先立た…
コメント:4

続きを読むread more

『スーパーノヴァ』:名優ふたりの共演だが、少々食い足りない感じも @ロードショウ

コリン・ファース、スタンリー・トゥッチ主演の『スーパーノヴァ』、ロードショウで鑑賞しました。 スーパーノヴァとは、恒星の死による大規模爆発現象のことで、以前、SF映画でも同タイトルの映画がありましたね。 さて、映画。 ピアニストのサム(コリン・ファース)と作家のタスカー(スタンリー・トゥッチ)は20年来のパートナー。 し…
コメント:0

続きを読むread more

『1秒先の彼女』:のんびりファンタジーの台湾ラブコメ @ロードショウ

『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』のチェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』、ロードショウで鑑賞しました。 アジア圏の映画を鑑賞することは少ないのですが、その中では、台湾映画は観ることが多いです。 押しつけがましくなく、暑苦しくなく、ちょっとのんびり感も漂って・・・ということで選んでいます。 さて、映画。 台北の郵便局で働…
コメント:4

続きを読むread more

『さんかく窓の外側は夜』:霊、怨念、呪い、トラウマがごちゃ混ぜね @DVD

6月は「エヴァンゲリオン」シリーズのひと月でした。 エヴァの呪縛から解放されてからはじめての鑑賞がこの作品『さんかく窓の外側は夜』。 本年1月にロードショウされました。 さて、映画。 幼い頃から幽霊がみえる青年・三角康介(志尊淳)。 そんな彼は、ある日、街の本屋で黒ずくめの青年・冷川理人(岡田将生)にスカウトされる。 …
コメント:2

続きを読むread more

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(再鑑賞):庵野監督、エヴァの呪縛から解き放たれてよかったね @ロードショウ

ということで、あらためての『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』鑑賞です。 テレビシリーズのみの予備知識で観た際のレビューはコチラ(https://ryanhisa-blog.at.webry.info/202103/article_8.html)です。 前作「Q」で大破したエヴァ改弐号機・八号機を修理すべく、予備パーツ確保…
コメント:0

続きを読むread more

『巨神兵東京に現わる 劇場版』:短いながらも、まがまがしさは堪能できる @DVD

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』DVDに同時収録されていた『巨神兵東京に現わる 劇場版』について少々。 「Q」劇場公開時にも併映として上映されましたね。 そういえば当時、エヴァンゲリオンにはそれほど思い入れはなかったけれど、『風の谷のナウシカ』に登場した巨神兵が腐る前はどんな姿だったのか・・・ということには興味がありました。 …
コメント:0

続きを読むread more

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』:庵野秀明、再びもがき苦しむ篇 @DVD

しつこく「エヴァンゲリオン」シリーズです。今回は、リビルド版第3作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』です。 前作「破」でサード・インパクトが起こってしまった世界。 覚醒したエヴァ初号機のコアをカシウスの槍で貫くことによって、サード・インパクトは止まった・・・というところで終わっていました。 さて、本作。 シンジはエヴァ初…
コメント:0

続きを読むread more