『生きてるだけで、愛。』:殻も白身もない卵の黄身だけみたい @DVD・レンタル

昨年公開された映画の落穂ひろい。 今回は『生きてるだけで、愛。』。 あ、句点「。」が続いてしまう・・・ 気になる・・・ が、\(。』。)/ とでもしておきましょう。 原作は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の本谷有希子。 さて、映画。 ひょんなことから同棲し始めた寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)。 もう同棲し始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビブリア古書堂の事件手帖』:過去の物語を映像化してみせる脚本には工夫がないかも @DVD・レンタル

昨年公開された映画の落穂ひろい。 今回は『ビブリア古書堂の事件手帖』をDVDで鑑賞しました。 同名小説のシリーズだそうで、たしか、書店の店頭でも見かけたことがありました。 さて、映画。 鎌倉の片隅、小さな食堂。 そこを営む老女(渡辺美佐子)がなくなった。 遺品を整理していた孫の大輔(野村周平)は、遺品の中から思い出の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』:倍賞と藤が紡ぐ極上な夫婦像だが @ロードショウ・シネコン

倍賞千恵子と藤竜也主演の『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』、ロードショウで鑑賞しました。 で、気づいたのですが、なんと、これが今年(2019年、令和でなく)はじめて観る日本映画の新作。 うーむ、よっぽど食指が動かなかったのか・・・ さて、映画。 東京郊外に暮らす勝(藤竜也)と有喜子(倍賞千恵子)の武井夫婦。 連…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『トゥルーへの手紙』:戦争と平和と犬(とダーク・ボガード) @DVD

2004年製作のドキュメンタリー映画『トゥルーへの手紙』、買い置きDVDで鑑賞しました。 ポスターやDVDパッケージにはタイトルにあるゴールデンレトリバー犬トゥルーのアップ写真が用いられているので、てっきり犬の映画かと思って、安価購入しておいたものです。 さて、映画。 カルヴァン・クラインなどで有名なファッション写真家ブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『華麗なるヒコーキ野郎』:嗚呼、男って馬鹿だなぁ @DVD

ジョージ・ロイ・ヒル監督の1975年製作『華麗なるヒコーキ野郎』、DVDで鑑賞しました。 主演はロバート・レッドフォード。 とくれば『明日に向って撃て!』『スティング』をすぐに思い出すわけですが、この映画も両作品に並ぶ秀作・傑作です。 さて、映画。 1920年代のアメリカ。 ヒコーキ黎明期であり、第一次世界大戦の空の勇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<回想録>80年代 大阪の映画館 <新世界、トビタ、吹田>

回想録採録、今回は4本です。 大阪のコアな地域の映画館たち。 無くなったところも多々ありますが、現在もガンバっているところもあります。 なお、初出時から画像を変更しているものがあります。 <回想録>80年代の大阪の映画館のこと(新世界その1)(初出:2015/7/19(日)) 前回最後に「次回は、個性豊かな新世界の映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『男たちの挽歌 II 』 英雄本色II:ご都合主義が勝ちすぎ で醒め醒め @DVD

ジョン・ウー監督『男たちの挽歌』の続編『男たちの挽歌 II 』、買い置きDVDで鑑賞しました。 前作と同じく香港盤での鑑賞です。 以前観たように思っていましたが、これはどうも観ていないようで・・・ さて、映画。 前作の最後で警察に自首したホー(ティ・ロン)。 服役中のさ中、警察からある取引を求められる。 それは、かつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『デストラップ 死の罠』:面白い舞台劇を映画でみせてあげようという試み @DVD

シドニー・ルメット監督の1982年製作『デストラップ 死の罠』、DVDで鑑賞しました。 初公開時にも観ているのですが、以前購入したDVDでの鑑賞です。 さて、映画。 ミステリ専門の劇作家シドニー・ブリュール(マイケル・ケイン)の新作舞台は酷評の嵐。 かつてヒット作は出したが、その後はダメダメ作品連発のシドニーは、いまは妻…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』:宮崎風、高畑風、大友風の三本オムニバス @DVD・レンタル

平成の落穂ひろいDVD鑑賞、日本映画に辿り着きました。 映画は『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』。 スタジオポノックスの新作。 ですが、短編3つのオムニバスです。 さて、映画。 一話目『カニーニとカニーノ』。 監督はポスト宮崎駿の『メアリと魔女の花』などの米林宏昌。 清流に暮らすサワガニを擬人化した物語で、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『名探偵ピカチュウ』日本語吹替版 :まずますの合格点のバディムーヴィの面白さ @ロードショウ

令和にはいって初の劇場鑑賞は『名探偵ピカチュウ』。 日本語吹替版での鑑賞です。 お子様向け映画ではありますまいか!なんて言わないでくださいね。 ま、それはそうなんですが・・・ さて、映画。 生命保険会社に勤める青年ティム(ジャスティス・スミス)。 幼い頃に別れ別れになった父親ハリーが事故で亡くなったとの報せを受けて、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『エンジェル、見えない恋人』 :IMAX3Dだったら、失神・悶絶観客続出 @DVD・レンタル

令和にはいってのDVDでの落穂拾い第2弾は『エンジェル、見えない恋人』、ベルギー産の幻想ファンタジー。 ファンタジーって「幻想」に決まってる・・・って、そういうことは言わないの。 さて、映画。 恋人のマジシャンの舞台助手をしているルイーズ(エリナ・レーヴェンソン)。 恋人の特技は瞬間移動・舞台からの消失技だけれど、ある日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『500ページの夢の束』 :感情や何やらに鈍感なのはスポックではないということ @DVD・レンタル

令和にはいっての初鑑賞はDVDでの落穂拾い。 ダコタ・ファニング主演の『500ページの夢の束』。 『I am Sam アイ・アム・サム』(2001年)の子役もことし25歳。 本作は2017年製作なので、撮影は22歳ぐらいということですね。 最近は、妹エル・ファニングの活躍が目立つので、どうしているのかしらん、と思っていました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『タリーと私の秘密の時間』 :世の夫・父親に向けたシニカルでリアルな母・妻についての映画 @DVD

平成→令和の改元期は昨年公開された映画の落穂拾い鑑賞です。 『旅猫リポート』に続いて鑑賞したのは『タリーと私の秘密の時間』。 シャーリーズ・セロン主演、監督はジェイソン・ライトマン。 さて、映画。 臨月間近の40代主婦マーロ(シャーリーズ・セロン)。 先に得たのは、女の子と男の子。 下の男の子は発達障害の傾向があり、…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

『旅猫リポート』 :ある種のファンタジー映画 @DVD・レンタル

元号が「令和」に改まりましたが、こういうときには「あけましておめでとうございます」とは言わないのですね。 誰も言ってないもの。 なら、「あらためておめでとうございます」が適切だろうかしらん・・・ などと、相も変わらずくだらないことを考えていますが、令和最初のレビューは昨秋ロードショウされた『旅猫リポート』。 観たのは平成期。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

<回想録>70~80年代 大阪の映画館(あべの)

今回の回想録採録は大阪あべのの映画館についての記事2本です。 実家近所の映画館にしか行ったことがなかったりゃんひさでしたが・・・ <回想録>幼い時分の映画体験『グレートハンティング』(大阪・あべの)(初出:2015/7/11(土) ) 前回最後に「実は「東映まんがまつり」と「東宝チャンピオンまつり」と『がんばれ!ベアーズ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『男たちの挽歌』 英雄本色 :まだ白い鳩は飛んでいないジョン・ウー演出 @DVD

ジョン・ウー監督の1986年作品『男たちの挽歌』、買い置きDVDで鑑賞しました。 日本公開は1987年。 ロードショウ時にも観ているのですが、かなり以前、中古店に並んでいた香港盤を安価で購入していたものです。 香港盤ですが、日本語字幕もあるので、鑑賞には差支えがありませんでした。 さて、映画。 ホー(ティ・ロン)とキッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『魂のゆくえ』:まだるっこい語り口で斬った米国の現実は陰鬱 @ロードショウ・単館系

『タクシー・ドライバー』の脚本かとして有名なポール・シュレイダーの脚本・監督作『魂のゆくえ』、ロードショウで鑑賞しました。 1946年生まれなので、この映画を撮った2017年は71歳ということになる。 もっと高齢なイメージもあったのだけれど、意外と若い。 さて、映画。 米国の小さな教会の牧師トラー(イーサン・ホーク)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『希望の灯り』:まだるっこい語り口ながら、喪われた祖国への想いを感じる @ロードショウ・単館系

今年はじめにドイツ映画祭でも上映された『希望の灯り』、ロードショウで鑑賞しました。 それほど上映館は多くないので、都心の単館系上映映画館に出かけての鑑賞です。 さて、映画。 東西統一後、しばらくしてからのドイツの大型スーパーマーケット。 場所は、旧・東ドイツの都市郊外だ。 店では、夜になるとフォークリフトが店内を移動し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『荒野にて』 :過酷な米国最下流社会の現実にヒリヒリする @ロードショウ・シネコン

『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督最新作『荒野にて』、ロードショウで鑑賞しました。 原題は「LEAN ON PETE」、直訳すれば「ピートに寄りかかる」ですが、リーンオンピート一語で競走馬の名前です。 さて、映画。 米国北西部のオレゴン州の小さな町。 15歳のチャーリー(チャーリー・プラマー)は父親とふたり暮らし。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ビューティフル・ボーイ』 (2019) :少年と父親のヒリヒリ・ピリピリ感 @ロードショウ

『君の名前で僕を呼んで』のティモテ・シャラメ主演最新作『ビューティフル・ボーイ』、ロードショウで鑑賞しました。 本題に入る前に・・・ 『ビューティフル・ボーイ』というタイトルでは、2003年製作のタイ映画がありました。 これはトランスジェンダーのキックボクサーの実話でしたね。 さてさて、本題の映画。 2000年代の米国…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more