『総理の夫』:クライマックスは、フランク・キャプラ! @ロードショウ

田中圭・中谷美紀主演の『総理の夫』、ロードショウで鑑賞しました。 原作は原田マハの同名小説(いつもどおり未読です)。 さて、映画。 人のいい鳥類学者・相馬日和(田中圭)は相馬財閥の次男坊。 今日も今日とて、都内の豪邸の庭に集まる野鳥たちの観察に精を出し、北海道での観察調査のための準備をしていた。 妻・凛子(中谷美紀)は…
コメント:4

続きを読むread more

『草の響き』:選ばなかった道と、選んで走ってきた道 @試写会

東出昌大主演最新作『草の響き』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 本作は、佐藤泰志の同名小説を映画化したもので、佐藤で函館で執筆活動をしていたが自ら命を絶ち早逝した作家。 これまで映画化されたものとしては『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』『きみの鳥はうたえる』と4作品あります。 なお、試写会後に、斎藤久…
コメント:2

続きを読むread more

『浜の朝日の嘘つきどもと』:アカデミー助演女優賞は大久保佳代子に決まり @ロードショウ

タナダユキ監督・脚本の最新作『浜の朝日の嘘つきどもと』、ロードショウで鑑賞しました。 早速、映画。 福島県南相馬にある古い映画館・朝日座。 閉館を決めた館主・森田(柳家喬太郎)のもとへ、ふらりと若い女性(高畑充希)が現れる。 彼女が言うには、自分の人生を救ってくれた恩師・田中茉莉子(大久保佳代子)の最期の願いを叶えるため…
コメント:2

続きを読むread more

『科捜研の女 劇場版』:長年のファンへ向けた劇場版スペシャル @ロードショウ

9月3日からロードショウの『科捜研の女 劇場版』、映画館で鑑賞しました。 テレビシリーズの放送開始は1999年、20世紀から続く長寿シリーズの劇場版。 毎シリーズ、楽しみに観ていますが、映画館で観ることもないだろう、と思っていましたが・・・ さて、映画。 京都の洛北医科大学、解剖医・風丘早月(若村麻由美)の目の前を、同僚…
コメント:2

続きを読むread more

『MISS ミス・フランスになりたい!』:ジェンダーフリーかジェンダーレスか @DVD

ことし2月に公開されたフランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 9歳の少年アレックス、学校のホームルームでの「自分の夢」の発表のとき、「ミス・フランスになりたい」と話してみんなから失笑をかってしまった。 以来、その夢は諦めていたが、20歳を過ぎたある日、「ボク…
コメント:2

続きを読むread more

『アガサと深夜の殺人者』:第二次大戦中、クリスティに起こった事態にインスパイアされて @BS12

2020年製作のイギリス製テレビドラマ『アガサと深夜の殺人者』、BS12の放送で鑑賞しました。 金曜日の夕方、テレビ番組表で偶然みつけたものです。 後ほど記しますが、単発ドラマの第3弾のようです。 第二次世界大戦が激化した1940年の英国ロンドン。 破産寸前に追い込まれたアガサ・クリスティ(ヘレン・バクセンデイル)は、自…
コメント:1

続きを読むread more

『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』:メドラー=おせっかい、の意だそうな @DVD

スーザン・サランドン主演の2015年作品『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』、DVDで鑑賞しました。 ここのところ、あまり軽い作品は観ていないなぁとレンタル店の棚を眺めていたところ、目に留まった作品です。 さて、映画。 2年前に夫に先立たれた初老の女性マーニー(スーザン・サランドン)。 住み慣れた東海岸から、娘…
コメント:0

続きを読むread more

『殺人狂騒曲 第9の生贄』:演出が粗っぽすぎて、なんだかね @DVD

昨年7月公開のロシア映画『殺人狂騒曲 第9の生贄』、DVDで鑑賞しました。 ポスター図案などから、なんとなく観たいなぁという思いの強かった作品で、レンタル店でも貸し出し中のことが多かったです。 という観点では、「ナイス!宣伝パッケージ」ってところでしょうか。 さて、映画。 19世紀のロシア、サンクトペテルブルク。 美女…
コメント:0

続きを読むread more

『ローズマリーの赤ちゃん』:不安なのは悪魔のせい、ああ、よかった! @DVD

ロマン・ポランスキー監督の1968年作品『ローズマリーの赤ちゃん』、DVDで鑑賞しました。 アイラ・レヴィンの同名原作も遥か昔に読み、本作も以前テレビで鑑賞しているのですが、136分の長尺となって、かなりカットされているはず。 それでは「改めて観るとするか」ということでの鑑賞です。 さて、映画。 1964年、米国ニューヨ…
コメント:2

続きを読むread more

『ファーストラヴ』:観てから読むか、読んでから観るか、観ないで読んだがよろしかろう @DVD

ことし2月にロードショウされた映画『ファーストラヴ』、DVDで鑑賞しました。 原作は、直木賞を受賞した島本理生の同名小説(未読)。 主演は北川景子。 昨年秋からことしにかけて主演作が立て続けに公開されていましたね。 さて、映画。 父親を自身が通う大学構内で刺殺した容疑で逮捕された聖山環菜(芳根京子)。 動機については…
コメント:3

続きを読むread more

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』:故・高畑勲監督が称賛したのも納得、のジブリ的な描写の数々 @DVD

2019年秋にロードショウされたフランス・デンマーク合作のアニメーション『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』、DVDで鑑賞しました。 8月中旬に観たまま、レビューを忘れていました。 レビューを忘れていたからといって、つまらなかったわけではありません。 さて、映画。 19世紀ロシアのサンクトペテルブルグで暮らす貴族の…
コメント:2

続きを読むread more

『フロッグ』:フロッグ、フロッガー、フロッギング @DVD

「未体験ゾーンの映画たち2021」の企画で3月に上映されたサスペンス・ミステリー映画『フロッグ』、DVDで鑑賞しました。 「開始45分、その恐怖は快感に変わる。」というのが謳い文句。 さて、映画。 米国のとある田舎町。 ミドルティーンのコナー(ジュダ・ルイス)は、刑事である父グレッグ(ジョン・テニー)と母ジャッキー(ヘレ…
コメント:4

続きを読むread more

『オールド』:明日死ぬとしたら、どう生きる? @ロードショウ

M.ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 美しい海岸のとあるリゾートホテル。 ガイ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ(ヴィッキー・クリープス)の夫婦は11歳の娘と6歳の息子を連れて訪れた。 プリスカの病気と不倫により危うい夫婦関係にあったふたり。 ホテ…
コメント:2

続きを読むread more

『スーパーインテリジェンス』:引用された映画ネタがわかれば、クスクス笑いが増えるでしょう @DVD

ゲオ先行レンタルの米国映画『スーパーインテリジェンス』、DVDで鑑賞しました。 主演は、『ゴーストバスターズ』(2016)、『デンジャラス・バディ』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのおデブちゃん女優メリッサ・マッカーシー。 ゲオ先行レンタル作品は、キネマ旬報社の映画データベースKINENOTEにアップされるの…
コメント:0

続きを読むread more

『Summer of 85』:少年の日の初恋は瑞々しいままにしておいて @ロードショウ

お気に入り監督のひとり、フランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』、ロードショウで鑑賞しました。 原作は英国人作家エイダン・チェンバーズの『おれの墓で踊れ』(未読)。 前置きは短く、さて、映画。 1985年、夏のフランス、海に近い小さなとある町。 2年前にこの地に引っ越してきて両親と暮らす16歳の少年アレッ…
コメント:2

続きを読むread more

『ドライブ・マイ・カー』:濱口監督流「村上怪談」 @ロードショウ

『寝ても覚めても』の濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』、ロードショウで鑑賞しました。 原作は村上春樹の同名短編小説。 村上春樹作品、かつてはかなり読んでいましたが、ある時からパタリと読まなくなりました。 なので、本作も原作は未読です。 しかし、短編小説が3時間の映画になるとは! ということで鑑賞前は期待と不安が混然一…
コメント:4

続きを読むread more

『アフリカの女王』:当時は「人気俳優の冒険コメディ」という位置づけだったんでしょう @DVD

先ごろ『勝利の朝』を観たので、ほかにキャサリン・ヘップバーン主演で観れそうな作品はないかしらんと思ってレンタルショップを睥睨してみましたが、意外と旧作のラインナップは貧弱。 みつけたのは、この『アフリカの女王』。 むかし、テレビで何度か放映されていたように記憶しているのですが、観ていませんでした。 ならば、ということで、チョイ…
コメント:2

続きを読むread more

『孤狼の血 LEVEL2』:熱量・見ごたえは十分。けど、次回はもういいかな @ロードショウ

松坂桃李主演、白石和彌監督の『孤狼の血 LEVEL2』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 前作で斃れた大上刑事(役所広司)の後を引き継ぎ、裏社会と繋がりながら広島の治安を守る若き刑事・日岡(松坂桃李)。 彼の前に現れたのは、日岡が糸を引き、組長の首を取った最大勢力・五十子会の生き残り。 五十子会も…
コメント:2

続きを読むread more

『勝利の朝』:タイトルは「朝顔の花のように、暁だけの儚い栄光」の意 @録り置きVTR

キャサリン・ヘプバーン主演の1933年作品『勝利の朝』、録り置きVTRで鑑賞しました。 K・ヘプバーンは合計4度米国アカデミー賞主演女優賞を受賞していますが、この作品が1回目。 さて、映画。 バーモントの田舎町からニューヨークに出てきた女優志願のエヴァ・ラブレース(キャサリン・ヘプバーン)。 ブロードウェイの大物プロデュ…
コメント:2

続きを読むread more

『タイトル、拒絶』:救いようのない潔さ、または、諦めきった呪詛 @DVD

昨年11月公開の日本映画『タイトル、拒絶』、DVDで鑑賞しました。 主演は最近の注目株・伊藤沙莉。 とはいうものの、その実、群像劇。 さて、映画。 東京鶯谷にほど近い雑居ビルの中のとあるデリヘル店。 ここでスタッフとしてして働く若い女性カノウ(伊藤沙莉)は、もともとはデリヘル嬢として応募してきたのだけれど、初日早々怖気…
コメント:2

続きを読むread more