ドラマスペシャル『アガサ・クリスティ 予告殺人』:シリーズ、回を重ねるごとに・・・ @TV

テレビ朝日によるアガサ・クリスティもののドラマ化第4弾『予告殺人』、オンエアで観ました。 これまでのドラマ化は『そして誰もいなくなった』『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』。 うち『パディントン・・・』を除いては、探偵役は沢村一樹演じる警視庁警部・相国寺。 監督・和泉聖治、脚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<回想録>70年代 映画館の記憶(大阪・玉造)

回想録3本の採録です。 今回は、生家近く、大阪・玉造の映画館のことです。 <回想録>映画館で観た最も古い記憶のこと(大阪・玉造)(初出:2015/6/21(日) ) 前回最後に「次回は、生家近くの映画館について」と書いたので、今回はそのはなし。 幼い頃から、自宅からいちばん近いのは大阪環状線・玉造駅近くにある映画館で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャッカルの日』:サスペンスは勿論のこと、一級のアクション映画でもある @DVD

フレッド・ジンネマン監督1973年作品『ジャッカルの日』、買い置きDVDで鑑賞しました。 子どもの頃、テレビ放送で観た記憶はあるけれど、全尺を鑑賞するのは、これが初めて。 さて、映画。 1962年秋、アルジェリアのフランスからの独立を認めたドゴール仏大統領は、軍部などの右翼過激派から反感を買い、地下組織OASからの襲撃を受…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ヴェノム』:エンドタイトル&クレジットが20分とは! @DVD・レンタル

昨秋ロードショウの『ヴェノム』、DVDで鑑賞しました。 アメコミ『スパイダーマン』に登場する悪役だそうで、いわゆるスピンオフ作品にあたるのかしらん。 さて、映画。 正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)。 恋人アン(ミシェル・ウィリアムズ)のメールを盗み見して、大手企業ライフ財団が人体事件を行って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

横溝正史シリーズ『悪魔が来りて笛を吹く』『獄門島』『仮面舞踏会』&『白蝋の死美人』:BS12他

昨年末からBS放送で放映されていた横溝正史原作の金田一耕助もののテレビドラマ、まとめて忘備録的レビューアップです。 作品は4つ。 さて、ドラマは・・・ まずは『悪魔が来りて笛を吹く』。 もとは「横溝正史シリーズ」の第1シーズン(当時は、そんな言い方はしなかったけれど)の第4作。 5回連続のシリーズ。 椿英輔に江原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック・クランズマン』:「傑作」と評するか、「ケッ作」と評するか @ロードショウ・シネコン

スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』、ロードショウで鑑賞しました。 一時期、『インサイド・マン』『セントアンナの奇跡』などのエンタテインメント作品を撮っていた彼だが、怒れるブラックムーヴィの領域に戻って来ましたね。 さて、映画。 1970年代前半の米国コロラド州。 警察署ではじめての黒人警官として採用された…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

<回想録>80年代 大阪の映画館 上六・今里。東大阪

回想録採録、今回は千日前通りを東へ進んで東大阪の小阪までの記事4本です。 <回想録>80年代の大阪の映画館のこと(国名小劇・上六映劇)(初出:2015/5/19(火) ) 前回の最後に「次回は千日前通りを東へ進んで上六あたりから」と書いたので、御堂筋から千日前通りを東へ進んで上六へ・・・ と途中、日本橋一丁目の交差点(略称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『真夜中の殺人コール』:B級エロティックサスペンスの期待は裏切らない @DVD

ちょっとした隙間時間で買い置きDVDの鑑賞です。 映画は『真夜中の殺人コール』、1991年製作の劇場未公開作品。 主演は、女性ロックグループ・ブロンディーのリードボーカルだったデボラ・ハリー。 1982年製作デヴィッド・クローネンバーグ監督『ヴィデオドローム』以降、かなり映画に出ています。 さて、映画。 ロック歌手を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エリカ&パトリック事件簿 踊る骸』:残りのシリーズ作品もDVD化を望む @DVD ・レンタル

3月初めにリリースされた、劇場未公開の北欧ミステリー『エリカ&パトリック事件簿 踊る骸』、DVDで鑑賞しました。 製作は2013年。 原作はスウェーデンの女流作家カミラ・レックバリの同名小説で、「エリカ&パトリック事件簿」シリーズとしては5作目、邦訳も出ているようです。 さて、映画。 小説家のエリカ(クラウディア・ガリ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『心と体と』:なんだか中年おじさんの夢想のようなハナシだねぇ @DVD ・レンタル

昨春小規模ロードショウされたハンガリー映画『心と体と』、DVDで鑑賞しました。 周囲の映画好きのひとに評判が良かったので、結構、楽しみにしていた作品でした。 さて、映画。 ハンガリーの食肉工場。 新しく雇われた若い女性マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)は、人とのコミュニケーションが苦手。 雇われてまもなく、財務部長…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『ブレイン・ゲーム』:シネコンではあまり上映されないハリウッド製B級サスペンス @DVD ・レンタル

昨秋小規模ロードショウされたサスペンス映画『ブレイン・ゲーム』、DVDで鑑賞しました。 製作は少々古くて2015年。 大手製作でもなかったので入荷・公開が遅れたのでしょうが、シネコンしかない現在以前の15~6年前だと日比谷映画かニュー東宝シネマあたりで封切られていてもおかしくないような作品です。 (つまり、シネコンはスクリーン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『バンブルビー』:製作陣一新で爽やかな新風を吹き込んだシリーズ・スピンオフ作品 @ロードショウ

これまで5作つくられた『トランスフォーマー』シリーズからのスピンオフ『バンブルビー』、ロードショウで鑑賞しました。 本家シリーズは回を重ねるごとにバトルムービー要素が強まってきて、ここ2作は「なんだかよくわからないなぁ」というのが正直なところでしたが・・・ さて、映画。 トランスフォーマーたちが戦闘を繰り広げる遠い星。 …
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

『あなたはまだ帰ってこない』:デュラス作品を読んでいるかのように感覚になる @ロードショウ・単館系

企画上映でアニエス・ヴァルダ監督の2本『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』を観てから数日。 今度はフランス映画の新作『あなたはまだ帰ってこない』をロードショウで鑑賞しました。 原作はマルグリット・デュラスの『苦悩(LA DOULEUR)』。 デュラスの実体験、それも第二次世界大戦中に書かれた日記がまるのまま挿入され…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』:アニエス・ヴァルダ監督の2本 @特集上映

アニエス・ヴァルダ監督の2本『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』を川崎市市民ミュージアムの企画上映「女性史月間特集」で鑑賞しました。 この2本、以前から観たくて、また、しばしば上映もされているのですが、これまではタイミングが合わず、観逃していました。 さて、映画。 『5時から7時までのクレオ』 若…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『ANON アノン』:P・K・ディック風SF版「姿なき殺人者」 @DVD・レンタル

年初から上映の恒例企画「未体験ゾーンの映画たち2019」。 その中の1本『ANON アノン』が早くもDVDレンタル開始。 監督は『ガタカ』『TIME/タイム』のアンドリュー・ニコル。 さて、映画。 すべてのひとの視覚情報・聴覚情報が電磁的に記録され、警察・司法により検閲可能となった近未来。 事件被害者の視覚・聴覚情報に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<回想録>70年代後半 大阪・道頓堀の映画館(つづき)

大阪・道頓堀の映画館についての回想採録です。 <回想録>70年代後半の大阪・道頓堀の映画館のこと(その3)(初出:2015/5/12(火) ) 前回の最後に「次回は、道頓堀の東側の角座の2館、東映の2館について記します」と書いたので、そのとおりに。 浪花座の並びには、松竹新喜劇の中座、演芸館の角座と並んでいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ペリカン文書』:2時間20分の大味な追いかけサスペンス @DVD

1993年製作の『ペリカン文書』、DVDで鑑賞しました。 割引券を利用して中古で購入していたものです。 利用期限も近くて、そこそこ面白くて、値段の安いもの・・・ということでチョイスしました。 ま、ロードショウ時に二番館か何かで観ているのだけれど、ストーリーはまるで憶えていませんでした。 さて、映画。 ふたりの最高裁判事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』:ドタバタ度アップのシリーズ最終作 @DVD・レンタル

アナ・ケンドリック主演の人気シリーズ第3弾にして最終作『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』、DVDで鑑賞しました。 前作はあまり面白くなかったので、どうかしらん?とも思ったのですが・・・ さて、映画。 バーデン大学を卒業したアカペラグループ「ベラーズ」のメンバー。 それぞれ社会人として生活していたけれども、誰もが活躍…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ』:出演陣がもう少し魅力的だったら @DVD

昨秋「のむコレ2018」の企画上映で小規模ロードショウされた『パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ』、DVDで鑑賞しました。 恋と仕事と、ブサイくワンコ・・・という映画です。 ロンドンで高校教師の職がみつかったサラ(ビーティー・エドモンソン)。 つい最近、彼氏に逃げられたところ。 そんなある日、祖母が亡くな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ハンターキラー 潜航せよ』:骨太の側面もある軍事アクション映画 @試写会

ジェラルド・バトラー主演『ハンターキラー 潜航せよ』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 久しぶりの潜水艦映画です。 潜水艦映画といえば『U・ボート』『レッド・オクトーバーを追え!』『クリムゾン・タイド』『K-19』あたりを思い出すが、しばらく作られていなかった。 さて、映画。 ロシア近郊の北極海で米国の原子力潜水艦が消息…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more