テーマ:外国映画

『大いなる勇者』:雄大な自然と音楽が飾る永遠の伝説 @録り置きVHS

1972年製作のアメリカ映画『大いなる勇者』、録り置きVHSで鑑賞しました。 放送されたのは1998年。 うわ、20年以上も前の放送の録画を観るとは! ということはさておき、映画。 1850年代の米国西部、冬も迫ろうかというある日のこと、青年ジェレマイア・ジョンソン(ロバート・レッドフォード)は、ひとり山に入り、猟をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地獄の女囚コマンド』:ツボを押さえて、飽きずに楽しめるB級映画 @DVD

1990年製作のアメリカ映画『地獄の女囚コマンド』、コンビニ売り廉価版DVDで鑑賞しました。 コンビニ売りDVDはおおよそ劇場未公開と相場が決まっているようなものだけれど、これは劇場公開作品。 劇場公開されていたとは知らなかった・・・ さすがはヘラルド、侮れない。 さて、映画。 元コマンドーの傭兵フランク・ライアン(ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『トラックス』:スティーヴン・キング原作、予想どおりの安手のB級映画 @VHS

1997年製作の劇場未公開作品『トラックス』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 原作はスティーヴン・キング。 かつて自身が監督して映画化、『地獄のデビルトラック』のタイトルで公開されたもののリメイクです。 さて、映画。 米国の田舎町。 そこは「エリア51」にほど近く、UFOの噂で好事家たちが訪れることもよくある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『雨のニューオリンズ』:60年代はまだガッチリとした映画が撮られていたね @VHS

シドニー・ポラック監督の1965年作品『雨のニューオリンズ』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 VHSのジャケットでは、タイトル上部にロバート・レッドフォードの名前が大書きされていました。 調べてみると日本公開は1969年で、製作から幾分、歳月が経過しています。 当初は、日本公開が見送られていたのかもしれませんが、レッドフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』:滅びゆくものへの鎮魂歌 @DVD

ジム・ジャームッシュ監督の2013年作品『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』、DVDで鑑賞しました。 鑑賞したジャームッシュ作品は半分ぐらいで、この作品は見逃していました。 『パターソン』など日常を描くことが得意なジャームッシュですが、ときにはヘンチクリンな映画も撮ったりしますね。 さて、映画。 米国デトロイト。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わたしの叔父さん』:ひととの繋がりを失ってしまった人間は人でなくなってしまう @DVD

2019年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したデンマーク映画『わたしの叔父さん』、DVDで鑑賞しました。 劇場鑑賞した作品のレビューを先に書いていたので、本作のレビューはかなり遅くなりました。 (つまり、ちょっと細部は忘れているってことの言い訳です) さて、映画。 デンマークの田舎で叔父とともに酪農を営む若い女性のクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マリグナント 狂暴な悪夢』:ビックリ要素てんこ盛りのアッと映画 @ロードショウ

『ソウ』シリーズや『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督による話題作『マリグナント 狂暴な悪夢』、ロードショウで鑑賞しました。 タイトルの「マリグナント」ってどういう意味なのかしらん。 早速、映画。 DV夫に悩まされているマディソン(アナベル・ウォーリス)。 何度目かの妊娠も夫の暴力の後、流産してしまう。 そんなある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『皮膚を売った男』:アート映画ならぬ、アッと映画ですね @ロードショウ

昨年の東京国際映画祭で話題だった『皮膚を売った男』、ロードショウで鑑賞しました。 チュニジア、フランス、ベルギー、スウェーデン、ドイツ、カタール、サウジアラビアの合作映画です。 なんとも国際色豊かですね。 さて、映画。 内戦が続くシリア。 恋人アビール(ディア・リアン)と一緒に乗った列車の中で浮かれたサム(ヤヤ・マヘイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『モーリタニアン 黒塗りの記録』:人道的告発映画 @ロードショウ

ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバ―バッチなど豪華俳優陣出演の『モーリタニアン 黒塗りの記録』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 2001年の9.11米国同時多発テロの後、ひとりのモーリタニア人が米国により逮捕・拘禁された。 彼の名前はモハメドゥ・ウルド・スラヒ(タハール・ラヒム)。 同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』:ある種の宗教臭が普遍的物語の邪魔をしているに感じて @ロードショウ

昨年の米国アカデミー賞の音響賞と編集賞を受賞した『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』、ロードショウで鑑賞しました。 Amazonオリジナル映画で、先に配信されているけれども、Amazonプライムビデオの会員ではないので観ていませんでした。 さて、映画。 メタルバンドのドラマーのルーベン(リズ・アーメッド)は激しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地上より永遠に』:犬死の男たち、男に縛り付けられた女たち @DVD

フレッド・ジンネマン監督の1953年作品『地上より永遠に』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 製作から60年近くも経っているんですね。 1980年ぐらいに名画座で1度、テレビの吹き替え版で1度、鑑賞しています。 なので、40年ぶりぐらいの再鑑賞です。 さて、映画。 1941年夏、米国ハワイ・ホノルルのスコーフィールド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『エイティーン・アゲイン』:嫌味のない笑いで飽きさせないアメリカンコメディ @DVD

1987年製作のアメリカ映画『エイティーン・アゲイン』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 副題は、VHSでリリースされた当初は「これで2度目の18歳」、廉価版DVDでリリースされた際には「もう一度青春を!」となっています。 ま、副題はなくても、内容はわかると思うんですがね。 さて、映画。 大会社の社長を務めるジャック・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!』:いま観ると見どころがないなぁ(溜息) @BS放送

1984年に公開されたシリーズ第3弾『スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!』、BS字幕放送で鑑賞しました。 公開当時、劇場で鑑賞していますが、レンタルして観るほどでもないよなぁ、ならば、いい機会だね、って感じでもっての鑑賞です。 さて、映画。 宿敵カーンとの激闘を終え、USSエンタープライズはミスター・スポック(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウソツキは結婚のはじまり』:可笑しくて可笑しくて、観ているこちらもおかしくなる @DVD

アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演の2011年作品『ウソツキは結婚のはじまり』、DVDで鑑賞しました。 原題は「JUST GO WITH IT」、やるしかないね、ぐらいの意味か。 さて、映画。 美容外科医のダニー(アダム・サンドラー)は、偽の結婚指輪で既婚者を装い、「ちょっとした遊びだから」といって数々の女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『散り行く花』:リリアン・ギッシュは初代スクリーミングクイーン @DVD

D・W・グリフィス監督の1919年作品『散り行く花』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 1919年! 100年以上前、前世紀も前世紀、で作品はサイレント映画です。 サイレント映画は、学生時代に十数本観ていますが、本作は未見。 可憐、といわれるリリアン・ギッシュの若い頃の作品を観るのは、本作が初めて(たぶん)。 さて、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『最後の決闘裁判 』:マルグリットの真実 @ロードショウ

リドリー・スコット監督最新作『最後の決闘裁判 』、ロードショウで鑑賞しました。 リドリー・スコット監督のデビュー作は『デュエリスト 決闘者』。 すわ、これが遺作になるのか! なんて思ったら、本編前にさらなる新作『ハウス・オブ・グッチ』の予告編が流れ・・・違うのね、あっそう。 ということはさておいて、さて、映画。 14世…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』:オチがいい、「IF もしも・・・」のファンタジー物語 @D…

ことし5月に公開されたフランス・ベルギー合作映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』、DVDで鑑賞しました。 原題は「MON INCONNUE」、わたしにとっての未知なる女性、彼女はわたしにとってはまだ他人、という意味。 英語タイトルが「LOVE AT SECOND SIGHT」なので、日本語タイトルはここから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『パリの調香師 しあわせの香りを探して』:フランス調香師版『ドライビング Missデイジー』っていったところ @D…

ことし1月に公開されたエマニュエル・ドゥヴォス主演のフランス映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』、DVDで鑑賞しました。 エマニュエル・ドゥヴォスといえばアルノー・デプレシャン監督のミューズ。 ミューズだけれど、美しいかどうかは個人次第。 さて、映画。 パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしている調香師のアンヌ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』:まっぴらごめん、な「フランス家族あるある」 @DVD

ことし1月に公開されたカトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランス映画『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』、DVDで鑑賞しました。 原題「FÊTE DE FAMILLE」(家族の祝祭日)が示すように、ドヌーヴを取り囲むひとびとを含めての家族群像です。 さて、映画。 フランス南西部、自然に囲まれた旧邸。 母アンドレア(カトリーヌ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『DUNE 砂の惑星』:21世紀のSF叙事詩・前編 @ロードショウ

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品『DUNE 砂の惑星』、ロードショウで鑑賞しました。 原作はフランク・ハーバートの同名SF小説(未読)。 かつてデイヴィッド・リンチ監督が映画化したことがあり、そちらは鑑賞しています。 さて、映画。 西暦10190年、皇帝と諸侯たちによって収められている宇宙。 アトレイデス公爵家は、海と大地…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ラスト・ボーダー』:ミカ・カウリスマキ版『マッド・マックス』か? @DVD

1993年製作のミカ・カウリスマキ監督作品『ラスト・ボーダー』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 監督のミカ・カウリスマキは、アキ・カウリスマキの兄ですが、弟と比べて少々つかみどころがないタイプ。最新作『世界で一番しあわせな食堂』は過日、DVDで鑑賞しました。 主演のジョリオン・ベイカーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』:暴力と非暴力の国アメリカ @VHS

1988年製作の『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 製作総指揮にビートルズのジョージ・ハリソンが名を連ね、『月の輝く夜に』のジョン・パトリック・シャンリーの脚本を、『マイ・ボディガード』などのトニー・ビルが監督。 出演は、ジョディ・フォスター、ティム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シリアにて』:『ガザの美容室』と同工異曲 @DVD

昨年8月に公開された『シリアにて』、DVDで鑑賞しました。 製作はベルギー・フランス・レバノンの合作です。 さて、映画。 アサド政権、反体制派、さらにISの対立がシリアの首都ダマスカス。 舅と娘・息子とともに、市内の戦闘に参加した夫の帰りを待つ妻オーム(ヒアム・アッバス)。 彼らが暮らすアパートメントの一室には、他に家…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』:愛はすべてを越えて @ロードショウ

007シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、ロードショウで鑑賞しました。 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最終作。 幾たびかの公開延期を経てのロードショウです。 さて、映画。 凍てつく湖畔のロッジ風一軒家。 幼い娘と母親が過ごしているところを、能面をつけた謎の男が襲撃を掛ける。 k母親は殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コーヒー&シガレッツ』:「反復と継続」の作家ジャームッシュ @DVD

ジム・ジャームッシュ監督の2003年作品『コーヒー&シガレッツ』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 チェックのテーブルクロスが掛けられた四角いテーブル。 コーナーを挟んでコーヒーを飲み、タバコを喫うふたり、ないし三人。 交わされる話は、日常の他愛ないこと、ちょっとした鬱憤・・・ といっものが全部で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ワン・モア・ライフ!』:下半身ユルユル浮気男のお気楽回想物語 @DVD

ことし3月にロードショウされたイタリア映画『ワン・モア・ライフ!』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 イタリアのシチリア島北西部・パレルモで暮らすパオロ(ピフ)。 妻アガタ(トニー)と一女一男のふたりの子どもを得て幸せに暮らしていた。 ところが、毎日乗るスクーターで、いつも同様、両方の信号が赤に変わる瞬…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『クーリエ:最高機密の運び屋』:息詰まる諜報活動、実際は地味! @ロードショウ

ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作『クーリエ:最高機密の運び屋』、ロードショウで鑑賞しました。 カンバーバッチをスクリーンで観るのは久しぶり。 ここのところの作品は、どことなく暑苦しい役が多かったように感じて、避けていた次第。 今回もそれほどスリムではないけれど・・・ さて、映画。 米ソ・東西の軍拡競争が激しさを増…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『モンスターハンター』:ハンター=狩る人でなくて、狩られる人のサバイバルアクション @DVD

ことし3月公開の『モンスターハンター』、DVDで鑑賞しました。 元となるのは大ヒット同名ゲームですが、プレイしたことはありません。 さて、映画。 消息を絶った仲間の捜索活動にあたっているアルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)率いる特殊部隊。 突然の砂嵐に見舞われ、砂嵐が去ったのちのそこは、巨大モンスターが暴れまわる未知の土…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『アイダよ、何処へ?』:われわれは、何処へ? @ロードショウ

9月中旬より公開中の『アイダよ、何処へ?』、ロードショウで鑑賞しました。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争末期に起きた「スレブレニツァの虐殺」と呼ばれるのセルビア軍による集団虐殺を描いた映画です。 さて、映画。 国連平和維持軍の通訳として働くアイダ(ヤスナ・ジュリチッチ)。 1995年夏、ボスニア内紛は混乱を極め、ボスニア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ビッグ・トラブル』:あきれたあきれた大詐偽作戦 @VHS

1986年製作の日本未公開作『ビッグ・トラブル』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 VHS発売時はタイトル頭に「ピーター・フォークの」と付いており、DVD発売時は「ジョン・カサベテスの」と付いています。 さて、映画。 保険会社に勤めるレナード・ホフマン(アラン・アーキン)。 音楽の才のある三つ子の息子たちがエール大学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more