テーマ:映画雑感

2010年度日本映画ベストテン:日本インターネット映画大賞に投票します。

2010年度も、日本インターネット映画大賞より、投票のお誘いを受けましたので、投票いたします。 まずは、日本映画です。 【作品賞】 『ただいま それぞれの居場所』7点 『オカンの嫁入り』 5点 『キャタピラー』 4点 『今度は愛妻家』 4点 『悪人』 3点 『ゲゲゲの女房』 2点 『孤高のメス』 2点 『桜田…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【雑記】サントリーIMAXシアター天保山、まもなく閉館

年末に帰省した序(ついで)に、見逃し作品でも鑑賞するか・・・と思って大阪の映画館のスケジュールを調べていたところ、天保山にあるサントリーIMAXシアターが2010年12月26日で閉館することを知りました。 ですので、ここでは、思い出などを記しておきたいと思います。 IMAXシアターといえば、現在では、109シネマズ・グループがI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デニス・ホッパー、前立腺がんで死去、74歳

ハリウッドの反逆児の異名を取ったデニス・ホッパーが、前立腺がんで亡くなった。74歳だった。 彼が前立腺がんで闘病中ということ聞いたは、それほど前ではなかったように思える。 彼の名前を覚えたのは、いつごろのことだろうか・・・ 『イージー・ライダー』の公開時は、まだ映画を観る歳には達していなかった。 そうすれば、『地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリの短編『ちゅうずもう』:作品の舞台となった「下栗の里」のはなし @映画雑感

三鷹の森ジブリ美術館内の映像展示室「土星座」で2010年3月31日まで上映のジブリ短編アニメ『ちゅうずもう』。 2月27日の産経新聞の記事で、作品の舞台が実在の場所をモデルにし、その場所が長野県飯田市にある標高約1千メートルの「下栗の里(しもぐりのさと)」。 この場所には思い出があるので、雑感として記しておきます。 まず、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双葉十三郎逝く・・・

遅ればせながらのショックです。2009年12月に亡くなっておられたとは・・・ 享年99歳。 映画月刊誌「スクリーン」連載の「ぼくの採点表」で、映画の観方を学びました。 SFなどのB級映画にちょいと点が甘くてね。 映画って、こんな面白さも愉しさもあるんだよ、こう観ると面白いんだよ、って教えられた思いがあります。 いまでも、過去の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2009年度「日本インターネット映画大賞」日本映画部門に投票します。

昨年度に引き続き、当Blogに投票のお誘いをいただきましたので、日本映画部門に投票します。 --------------------------- 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで) 「鴨川ホルモー」7点 「ディア・ドクター」5点 「ヴィヨンの妻」5点 「60歳のラブレター…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

2009年度「日本インターネット映画大賞」外国映画部門に投票します。

昨年度に引き続き、当Blogに投票のお誘いをいただきましたので、外国映画部門に投票します。 --------------------------- 『 外国映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで) 「ボルト」6点 「ザ・ローリング・ストーンズ/シャイン・ア・ライト」6点 「失われた肌」5点…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。2010年も変わらずよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。 2010年も変わらずよろしくお願いします。 大晦日は21:00に早寝をして、11時間以上寝続けました。 うーむ、最近、休みの日は早寝の習慣がついてきたみたいです。 元日は映画を観ることもなく、ゆっくり過ごすことにしています。 が、この後、21:00から『相棒』Season 8の元日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだか映画館に足が運べなくて・・・ @映画雑感

しばらく映画館へ行ってません。ひと月ぐらいかしらん。 DVDで観ればいいじゃん、なんて思っちゃうと、どの作品もそうなんだけど。 いやいやスクリーンの大画面で観るのが相応しいような作品も無いこともないんだけれど。 『2012』、2時間30分。 『イングロリアス・バスターズ』、2時間30分。 『沈まぬ太陽』、3時間30分。 うー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファラ・フォーセット(62)、がん闘病の末死去:夫ライアン・オニール「愛とは決して後悔しないこと」

初代チャーリーズ・エンジェルのファラ・フォーセット(当時:ファラ・フォーセット・メジャーズ)が、がん闘病の末、死去した。 Blog記事で「お悔やみ」記事が続いて心痛い。 TVシリーズの『チャーリーズ・エンジェル』は観ていなかったのですが、あのタテガミのようなヘアスタイルと白い歯満面の笑顔は印象的でした。 スクリーンではジェフ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷部安春監督死去

2009年6月21日に映画監督の長谷部安春監督が亡くなられた。 遺作の映画は『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』は、子息ハセベバクシンオー氏の原作でした。 長谷部監督の名前は、わたしたちオーバーフォー世代にとっては、映画的な監督と記憶する監督の名前である。 しかしながらyahoo!ムービーでは『化石の荒野』『あぶない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

六本木にオニは居なかった・・・全裸事件の草なぎ剛さん、語ったとか語らないとか

巷で話題騒然の草なぎ剛全裸事件の真相であるが、ある筋からもたらされた情報では、なんだかオニにかかわる儀式を執り行っていたのだとか。 『鴨川ホルモー』で荒川良々が中心となって執り行った吉田青龍会の儀式の写真がそれである。 ↓(以下を参照) うーむ、似ているといえば似ている。 草なぎ剛さん、この儀式を真似たのではありますまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第81回アカデミー賞決まる! 見たい作品も目白押し

作品賞は『スラムドッグ$ミリオネア』。監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞、音響録音賞と8部門獲得。 無名の(もしくは素人の)俳優陣を擁したため演技賞にはノミネートすらなかったのだから、ノミネートされたほとんどの賞をかっさらった形です。 唯一ノミネートされたが受賞を逃したのは音響編集賞。これは『ダークナイト』が受…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

雑記:大阪の映画文化は、どうなるのかしらん。映画館はなくなるのか・・・

2009年正月に帰郷した際に感じことを、郷愁なども交えて綴ります。 本当にビックリしました。 大阪なんばに映画館がなくなってしまいました。 千日前国際の3館が2008年の閉館して、「映画館」がなくなったことは、帰郷する少し前に知りました。 周辺を歩いてみると、まず驚いたのは、千日前国際地下で上映していたピンク映画が国名小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も2008年度「日本インターネット映画大賞」外国映画部門に投票します。

昨年度に引き続き、当Blogに投票のお誘いをいただきましたので、 続いて外国映画部門に投票します。 ----------------------------------------------------------------- 『 外国映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「やわらかい手…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今年も2008年度「日本インターネット映画大賞」日本映画部門に投票します。

昨年度に引き続き、当Blogに投票のお誘いをいただきましたので、 まずは日本映画部門に投票します。 ----------------------------------------------------------------- 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「ぐるりのこと…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

最近10年で誰が観ても面白いと思う映画を選出

企画・運営・会同の進行をしているサークルで、今月は「最近10年で誰が観ても面白いと思う映画」を会のみなさんより持ち寄り、独断と偏見で選ぶという試みを実施しました。 「最近10年で誰が観ても面白いと思う映画」というテーマの選出はシネコン無料情報誌「シネコンウォーカー」の松久淳のコラムにインスパイアされたものです。 喧々諤々(け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年イチオシ『ぐるりのこと。』:6月7日公開

ぐるり応援団のりゃんひさです。今年イチオシの『ぐるりのこと。』が遂に公開です。 既にいち早く観て、お薦めレビューを掲載しています。 ↓ http://ryanhisa-blog.at.webry.info/200804/article_5.html 記事タイトル 『ぐるりのこと。』:ぐるりひっくるめて人間のこと愛のこと:M…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シドニー・ポラック監督、癌で死去

先日報道されたこのニュースにビックリです。 先頃『フィクサー』『モンテーニュ通りのカフェ』で役者として元気な姿を拝見したところなので、ショックが一入(ひとしお)です。 最近は役者づいていて、監督作品がみたいなぁと思っていた矢先でしたので。 9ヶ月前に告知されて・・・ということらしく、急逝というのが相応しいのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Myダイモンfrom『ライラの冒険』⇒ジャッカル!

『ライラの冒険』HP(http://daemon.gyao.jp/)で、Myダイモン(守護霊の動物)をチェックしたところ、結果は「ジャッカル」! 似合っているかどうかは、みなさまに、おまかせッて感じです。 Blogパーツを下に貼ってみましたが、正常動作するかどうか、チトあやしいです。 ↓ ↑Myダイモンはさて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本インターネット映画:日本映画部門を投票します

日本インターネット映画大賞より、投票のお誘いをいただきましたので、さらに日本映画の投票をします。 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「しゃべれども しゃべれども」  7点   「酒井家のしあわせ   」    7点   「それでもボクはやってない    7点   「犯人に告ぐ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本インターネット映画:外国映画部門を投票します

日本インターネット映画大賞より、投票のお誘いをいただきましたので、まずは外国映画の投票をします。 『 外国映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「ラッキー・ユー    」    9点   「ヘアスプレー     」    5点   「パンズ・ラビリンス  」    5点   「クィーン  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『チャップリンの秘書は日本人だった』:NHK ETV特集にて

2008年1月6日22:00からNHK教育で放送の90分のドキュメンタリーを観ました。 正式タイトルは『チャップリンの秘書は日本人だった~移民が歩んだ波乱の人生~』です。 2007年12月25日のチャップリン30回目の命日にNHKハイビジョンで放映された作品のようです。 チャップリンの個人秘書を18年勤めた高野虎市(こうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月発売の新作映画のDVDレビューは・・・

11月発売の新作映画のDVDレビューは、『ラッキー・ユー』『ゾディアック』『バベル』『あしたの私のつくり方』『しゃべれども しゃべれども』『レミーのおいしいレストラン』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『眉山 びざん』 DVD鑑賞前の一助になれば幸いです。 11/02(金) ラッキー・ユー 特別版  ★『ラッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掲載済み新作レビュー>10月20日公開>『ヘアスプレー』

10月20日公開の掲載済み新作レビューは、『ヘアスプレー』を掲載済みです。 よろしければ、以下のURLから作品レビューをご覧下さい。 『ヘアスプレー』:ヘヴィな主題も笑い飛ばす傑作ミュージカル:Myムービーに掲載しました。 http://ryanhisa-blog.at.webry.info/200708/article…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

掲載済み新作レビュー>9月29日公開>『パーフェクト・ストレンジャー』『幸せのレシピ』

9月29日公開の掲載済み新作レビューは、『パーフェクト・ストレンジャー』『幸せのレシピ』の2本を掲載済みです。 よろしければ、以下のURLから作品レビューをご覧下さい。 『パーフェクト・ストレンジャー』はチラシ裏面画像も併せて掲載します。 『幸せのレシピ』:オリジナル版とはアプローチが異なる米映画:Myムービーに掲載。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

フィルムが燃えて、1巻飛んだ映画を観たハナシ>『プラネット・テラー』でなくて

『プラネット・テラー』のレビューで書こうと思って、書き忘れた経験譚を。 フィルムが燃えたのを観たのは、『ダーティ・ハリー』の1作目。手元にメモがないのでナンだが、80年代に劇場で観た際、オープニング早々、ハリーが銃を構えたとたんにコマがかんで直後メラメラと燃え、というか画面中心からスススーッとフィルム焼け溶けで広がっていくような感…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

黒澤明映画廉価版DVDに販売差し止め:新聞記事

「黒澤明映画廉価版DVDに販売差し止め」という記事が、9月14日に各社新聞記事で掲載されました。 もっとも詳しいと思しきは、  「<廉価版DVD>黒澤映画著作権認め販売差し止め 東京地裁」  9月14日21時3分配信 毎日新聞  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掲載済み新作レビュー>9月15日公開>『ミス・ポター』『包帯クラブ』

9月15日公開の掲載済み新作レビューは、『ミス・ポター』『包帯クラブ』の2本です。 よろしければ、以下のURLから作品レビューをご覧下さい。 いずれも別デザインのチラシ画像も併せて掲載します。 『ミス・ポター』:淡い水彩画のような淡白な味わい:Myムービーに掲載しました。  http://ryanhisa-blog…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『天国の門』16mm上映を真摯に考える。

「秋日和のカロリー軒」さんのBlogで『天国の門』16mm上映について、「秋日和のカロリー軒」さんと上映劇場側との真摯なやり取りがあったので、紹介したくここに記しています。 たしかに今回の渋谷シネマヴェーラの特集上映のチラシデザインでは『天国の門』をメインに据えたものであったので期待が高まるものでした。 それもチラシ内側の解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more