テーマ:サスペンス

『殺人狂騒曲 第9の生贄』:演出が粗っぽすぎて、なんだかね @DVD

昨年7月公開のロシア映画『殺人狂騒曲 第9の生贄』、DVDで鑑賞しました。 ポスター図案などから、なんとなく観たいなぁという思いの強かった作品で、レンタル店でも貸し出し中のことが多かったです。 という観点では、「ナイス!宣伝パッケージ」ってところでしょうか。 さて、映画。 19世紀のロシア、サンクトペテルブルク。 美女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フロッグ』:フロッグ、フロッガー、フロッギング @DVD

「未体験ゾーンの映画たち2021」の企画で3月に上映されたサスペンス・ミステリー映画『フロッグ』、DVDで鑑賞しました。 「開始45分、その恐怖は快感に変わる。」というのが謳い文句。 さて、映画。 米国のとある田舎町。 ミドルティーンのコナー(ジュダ・ルイス)は、刑事である父グレッグ(ジョン・テニー)と母ジャッキー(ヘレ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『オールド』:明日死ぬとしたら、どう生きる? @ロードショウ

M.ナイト・シャマラン監督最新作『オールド』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 美しい海岸のとあるリゾートホテル。 ガイ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とプリスカ(ヴィッキー・クリープス)の夫婦は11歳の娘と6歳の息子を連れて訪れた。 プリスカの病気と不倫により危うい夫婦関係にあったふたり。 ホテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『鮮血の美学』:低予算・即物的な猟奇サスペンス版『処女の泉』 @DVD

『エルム街の悪夢』『スクリーム』シリーズのウェス・クレイヴン初監督作品『鮮血の美学』、買い置きDVDで鑑賞しました。 製作は1972年、日本公開は1987年、日本ヘラルドの配給で『モンスター・イン・ザ・クローゼット 暗闇の悪魔』との2本立てでした。 2本立てというのはいまでは珍しいですね。 当時、80年代後半に入ってから、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プロディガル・サン 殺人鬼の系譜』:1話完結のエピソードも平凡で、過去の謎も遅々として進まず・・・ @DVD

7月にレンタルリリースされた米国製ドラマ『プロディガル・サン 殺人鬼の系譜』、シーズン1の第6話までDVDで鑑賞しました。 早速、どんな内容かというと・・・ 「外科医」と呼ばれたシリアルキラー、マーティン(マイケル・シーン)を父に持つマルコム・ブライト(トム・ペイン)。 プロファイリングの手腕を買われ、現在はNYPDで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコラス・ケイジ『ウィッカーマン』:『白い肌の異常な夜』からの影響もありやなしや @DVD

先に名画座2本立てで『ウィッカーマン final cut』を観たので、ならばこれも観なきゃ!ってことで、2006年のリメイク版『ウィッカーマン』、DVDで鑑賞しました。 オリジナル版と紛らわしいので、『ニコラス・ケイジ/ザ・ウィッカーマン』とタイトル表記は区別してほしかったです。 さて、映画。 カリフォルニアで白バイ警官をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウィッカーマン final cut』:『ミッドサマー』を観たなら、これも観なきゃ! @名画座2本立て

1973年に製作された映画に未公開カットを追加・編集して完成した『ウィッカーマン final cut』、名画座2本立てで鑑賞しました。 昨年、初期コロナショック時にスマッシュヒットした『ミッドサマー』を観たなら、これも観なきゃ!ってことでの鑑賞です。 さて、映画。 イングランド本土の警察あてにスコットランドの離島サマーアイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バクラウ 地図から消された村』:まだるっこい描写が続いて辟易の異色作 @名画座2本立て

昨年11月公開の『バクラウ 地図から消された村』、名画座2本立てで鑑賞しました。 カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞を受賞した異色作(だそうな)。 さて、映画。 ブラジルの寒村バクラウ。 村の女長老が死去し、葬儀のために久々に帰郷したテレサ(バルバラ・コーレン)。 バクラウでは水資源をめぐって隣の中核都市と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サイレント・トーキョー』:往年の傑作をもじって『渋谷ハチ公前大爆破』にすれば良かったのに @DVD

昨年12月公開の日本映画『サイレント・トーキョー』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 クリスマス・イブの12月24日。 「東京・恵比寿に爆弾を仕掛けた」という電話がテレビ局にかかってくる・ どうせガセネタだろうと思いつつ、クルーふたりで出かけたところ、広場のベンチで蒼白な顔をした女性を発見。 「ベンチ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』:後半ダダ崩れで、テレビシリーズのスペシャルみたいになっちゃったね …

緊急事態宣言下でのGW。二年連続ですね。4月に引き続き、DVD鑑賞です。 はじめに観たのは『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』。 昨年11月の公開でした。 さて、映画。 雨の降る中、ひとりの少年が110番通報してくる。 「悪いお医者さんがパパを殺した・・・」 いたずらかもしれないが、という懸念の中、警察が駆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ヒッチハイク』:単なるサスペンス&バイオレンス映画の枠を超えて観てみると・・・ @DVD

『濡れたダイヤ』に続いて鑑賞したコリンヌ・クレリー出演作品は、1976年製作の『ヒッチハイク』。 ジョイパックフィルムの配給でロードショウされた・・・と記憶していたのですが、ワールド映画の配給だった! と、別に「!」をつけるほどではない事柄なんですが。 さて、映画。 米国中西部ををキャンピング・カーで旅行中の夫婦(夫:フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『私は確信する』:スリリングな展開の果てに現れる裁判の本質 @ロードショウ

フランスで大きな注目を集めた未解決事件を元にした法廷映画『私は確信する』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 2009年、フランス国内メディアが大々的に取り上げていたヴィギエ事件の第一審が、確たる証拠がないことから被告である夫・ジャック無罪の判決が出た。 事件は、2000年2月に妻のスザンヌが、3人の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『リトル・ジョー』:面白そうな題材だけれど、まだるっこしすぎて・・・ @DVD

昨年7月公開の『リトル・ジョー』、DVDで鑑賞しました。 製作はオーストリア・イギリス・ドイツの合作。 欧州では合作が主流のようですね。 さて、映画。 花の品種改良を行っているバイオ企業で主任研究員として働くシングルマザーのアリス(エミリー・ビーチャム)。 いま開発を進めているのは、幸福感をもたらす香りを発する深紅の花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『アングスト/不安』:トラウマ必至のリアルサイコパス映画 @名画座

名画座2本立て、レヴュー2作目は『アングスト/不安』。 1983年製作のオーストリア映画ですが、公開は今夏7月。 かつて『鮮血と絶叫のメロディ/引き裂かれた夜』というタイトルでビデオ化されているようですが、記憶にありません。 さて、映画。 殺人事件で10年服役した男(アーウィン・レダー)。 彼は私生児として祖母に育てら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『罪の声』:昭和は遠くなりにけり @ロードショウ

小栗旬、星野源ダブル主演の映画『罪の声』、ロードショウで鑑賞しました。 例年、秋シーズンは力作ぞろいの日本映画ですが、それにしてもことしは多い。 本作も2時間20分超の長尺。 さて、映画。 35年前に起きた菓子メーカーを標的とした「ギン萬事件」は、警察やマスコミを翻弄し、日本中を狂乱に巻き込んだ。 犯人たちは逮捕される…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ザ・プレイス 運命の交差点』:イタリア版『笑ゥせぇるすまん』、かな? @DVD

昨年2019年春公開のイタリア映画『ザ・プレイス 運命の交差点』、DVDで鑑賞しました。 監督は『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ。 さて、映画。 ローマの交差点にあるカフェ「ザ・プレイス」。 奥のテーブルには、ひとりの陰気な男(ヴァレリオ・マスタンドレア)が常に座っている。 手元には分厚い手帳。 男のもとに入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『望み』:力作だが、映画としてはステレオタイプ @ロードショウ

堤幸彦監督最新作『望み』、ロードショウで鑑賞しました。 原作は雫井脩介の同名小説(未読)。 堤監督作品には独特のあざとさを感じることも多いのだけれど・・・ さて、映画。 埼玉県で設計事務所を営む一級建築士の石川(堤真一)。 事務所に併設された自宅は自ら設計したスタイリッシュな建物で、顧客に内見させたりもしている。 石…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『スパイの妻<劇場版>』:ヒッチコック、ポランスキー、黒沢清 @ロードショウ

黒沢清監督最新作『スパイの妻<劇場版>』、ロードショウで鑑賞しました。 もとはNHKで放送されたテレビドラマだが、そちらは未見。 本作でヴェネチア国際映画祭・銀獅子賞(監督賞)受賞。 黒沢作品というと、異様な迫力・・・しかしながら物語が破綻、というのが個人的に印象なのだけれど。 さて、映画。 1940年(昭和15年)、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『暗闇にベルが鳴る』:拙い脚本と演出で傑作になりそこなったね(たぶん)@DVD

1974年製作のサスペンスホラー映画『暗闇にベルが鳴る』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 70年代、クリスマスイヴの北米の田舎町、大学の女子寮に集う面々。 総勢10名の寄宿生であるが、多くは親元に帰ることに。 クレアもその一人で、父親と会って、ともに帰ることにしていた。 が、父親との待ち合わせ場所に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コリーニ事件』:主題はいいのだけれど、人間関係がいまひとつ興ざめ @ロードショウ

6月中旬から上映が始まったドイツ映画『コリーニ事件』、ロードショウで鑑賞しました。 ドイツのベストセラー小説の映画化ということですが、原作は未読。 さて、映画。 世紀が改まった頃のドイツ。 ホテル最上階の一室で経済界の大物ハンス・マイヤーが銃で殺害される。 犯人(フランコ・ネロ)は直ちに捕らえられ黙秘を続けている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』:派手さはないがジワリと恐ろしさを感じるサスペンス映画 @DVD

先に観た『甘い罠』に続いて、クロード・シャブロル監督作品、1995年製作の『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』 、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 フランスの田舎町での物語。 町から少し離れたところに館を構えるジョルジュ(ジャン=ピエール・カッセル)。 共に暮らしているのは、元モデルで後妻のカトリーヌ(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『甘い罠』:じわじわと蜘蛛の巣に絡めとられるような純粋サイコパス映画 @DVD

フランスのヒッチコックともいわれるクロード・シャブロル監督が2000年に製作した『甘い罠』 、DVDで鑑賞しました。 ここのところは、昨年公開作品の落穂ひろいをせっせとしていたのですが、枚数特典割引が受けられるほどの枚数も揃わず・・・ということで、旧作からピックアップ。 決め手は、イザベル・ユペールが主演というところ。 さて、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ジェイコブス・ラダー』 (2019) :タイトルのモチーフは雲散霧消のリメイク版 @DVD

ことし年初に「未体験ゾーンの映画たち2020」でロードショウされた『ジェイコブス・ラダー』 、DVDで鑑賞しました。 1990年にティム・ロビンス主演、エイドリアン・ライン監督で製作された同名作品のリメイクです。 え? あの映画をリメイク? とオリジナル版を観たひとは思うはず。 さて、映画。 アフガニスタン戦争で兄アイザ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『三人の狙撃者』 :シナトラの演技と事件解決のクライマックスが見どころ @DVD

1954年製作のアメリカ映画『三人の狙撃者』 、買い置きDVDで鑑賞しました。 最近の週刊文春で小林信彦が本作について少し述べていたので、タイミング的にはいい感じ。 さて、映画。 米国の田舎町サドンリー。「突然」を意味する名前だが、由来は不明。 町を走る鉄道駅舎に緊急の打電があった。 本日、午後五時、大統領が特別列車で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白い恐怖』 :迷惑至極な白い恐怖男の一人合点の独り相撲事件 @DVD

アルフレッド・ヒッチコック監督の1945年作品『白い恐怖』、DVDで鑑賞しました。 1980年代に京都祇園会館でその他2本と併せて観て以来なので、30数年ぶりということになります。 さて、映画。 精神病治療院「緑の園」。 永年所長を務めたマーチソン博士(レオ・G・キャロル)は更迭され、新所長が迎えられることになった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

追悼・岡江久美子さん 再放送テレビドラマ2本

去る4月23日に新型コロナウィルスの影響で他界された女優・岡江久美子さん。 1975年のTBS系テレビドラマ・ポーラテレビ小説『お美津』でデビューされたのが1975年。 わたしたち世代には、その後のNHKのクイズ番組『連想ゲーム』の方が馴染み深い。 その後は、朝のニュースワイドショウの司会を永年勤められていましたね。 ご冥福をお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『いのちの紐』 :いのちの紐が途切れるとき・・・ @DVD

TSUTAYAの発掘良品シリーズから『いのちの紐』、DVDで鑑賞しました。 名匠シドニー・ポラック監督の劇場用映画デビュー作。 かつて浜村淳がラジオど幾たびか、この映画のことをしゃべっていて、観たいなぁと思っていた作品です。 さて、映画。 米国シアトル、初夏の夕暮れ。 カメラはシアトルの街を空撮でとらえ、人工池に囲まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドミノ 復讐の咆哮』 :脚本は雑だがデ・パルマ演出は愉しめる出来 @ロードショウ

ブライアン・デ・パルマ監督最新作『ドミノ 復讐の咆哮』、ロードショウで鑑賞しました。 デ・パルマ監督作品は2012年の『パッション』以来ですね。 21世紀になってからはガクンと監督ペースが落ちているようで、他には『ファム・ファタール』『ブラック・ダリア』『リダクテッド 真実の価値』しかありません。 さて、映画。 デンマー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』:ロシア発・土着民俗オカルトミステリー3部作の1 @DVD・レン…

今秋企画上映で公開されたロシア映画『魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち』、DVDで鑑賞しました。 ゴーゴリといえば、『外套』などのロシアの文豪。 だが、一篇も読んだことはない・・・ さて、映画。 19世紀のロシア、サンクトペテルブルグ。 司法書記官を務めるニコライ・ゴーゴリ(アレクサンドル・ペトロフ)は、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グレタ GRETA』:モンスターおばさん、暴れまくるの巻 @ロードショウ・単館系

イザベル・ユペール主演最新作『グレタ GRETA』、ロードショウで鑑賞しました。 監督はベテラン、ニール・ジョーダン。 さて、映画。 ニューヨークのレストランで働くフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)。 ある夜、地下鉄で高級バッグの忘れものを見つけた。 翌日、持ち主のもとへ届け、持ち主である上品な初老の女性グレタ(…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more