テーマ:香港映画

『男たちの挽歌 II 』 英雄本色II:ご都合主義が勝ちすぎ で醒め醒め @DVD

ジョン・ウー監督『男たちの挽歌』の続編『男たちの挽歌 II 』、買い置きDVDで鑑賞しました。 前作と同じく香港盤での鑑賞です。 以前観たように思っていましたが、これはどうも観ていないようで・・・ さて、映画。 前作の最後で警察に自首したホー(ティ・ロン)。 服役中のさ中、警察からある取引を求められる。 それは、かつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『男たちの挽歌』 英雄本色 :まだ白い鳩は飛んでいないジョン・ウー演出 @DVD

ジョン・ウー監督の1986年作品『男たちの挽歌』、買い置きDVDで鑑賞しました。 日本公開は1987年。 ロードショウ時にも観ているのですが、かなり以前、中古店に並んでいた香港盤を安価で購入していたものです。 香港盤ですが、日本語字幕もあるので、鑑賞には差支えがありませんでした。 さて、映画。 ホー(ティ・ロン)とキッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『楽園の瑕 終極版』:凝りに凝った映像に、いい意味でも悪い意味でも酔う @DVD・レンタル

見逃していたウォン・カーウァイ監督の『楽園の瑕』。 終極版としてDVDが登場したので、この機会にと思って鑑賞しました。 原題の『東邪西毒』とはふたりの呼び名。 東邪がレオン・カーフェイ、西毒がレスリー・チャンであります。 砂漠で殺し屋の元締めをやっているレスリー・チャン。 彼のもとにやってくる剣士や、復讐を乞うひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『狼たちの絆』:縦横四海、こんな素軽いジョン・ウー作品は初めてです @香港版DVD

香港版DVDで鑑賞です(購入経緯は、『友は風の彼方に』:龍虎風雲 @香港版DVD を読んでくださいね)。 ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ、レスリー・チャン主演なので、『男たちの挽歌』路線かと思いきや、女優チェリー・チャンを加えての絵画泥棒のおハナシ。 (ジャケット写真はデジタルリマスターの日本版DVDのものです) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『友は風の彼方に』:龍虎風雲 @香港版DVD

香港映画のDVD、それも香港版がすこぶる安価で中古本店に並んでいたので、まとめて購入しました。 その中の1本です。 香港版ですが、日本語字幕も付いているので、鑑賞には差し支えありませんでした。 (冒頭画像は日本版です) 原題は『龍虎風雲』。主演はチョウ・ユンファ。 うーむ、観たような観ていないような・・・ 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『私の胸の思い出』:重いテーマを軽い演出で魅せる香港映画の味:Myムービーに掲載

『私の胸の思い出』のレビューを「重いテーマを軽い演出で魅せる香港映画の味」と題して、Myムービーに掲載しました。 ここ最近、日本映画『Mayu -ココロの星-』と同じく乳がんをテーマにした映画が相次いで封切られるが、本作品はそのテーマを事前情報として知らずに観ると、「意外な拾い物」といった趣のある映画である。 広告代理店の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』:意外と青春求道モノ:オンライン配信にて鑑賞。

ハリウッド館GAGAでの無料配信を利用して、『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ、アラン・マック監督コンビの『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』を鑑賞しました。 原作漫画は未読なので比較はできませんが、映画化のコンセプトは『姿三四郎』『宮本武蔵』系統の求道モノを狙ってる感じがして微笑ましいものでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブ・イズ・マネー』:若いトニー・レオンを楽しむ香港ずんだらラブコメディ:オンライン放映で鑑賞しま

『ラブ・イズ・マネー』:若いトニー・レオンを楽しむ香港ずんだらラブコメディ:オンライン放映で鑑賞しました。 2001年製作のトニー・レオン、スー・チー主演の『ラブ・イズ・マネー』(有情飲水飽/Love Me, Love My Money)をオンライン無料放映で鑑賞しました。 若き青年実業家で大富豪のトニー・レオンが付き合う女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウィンター・ソング』:あまり芳しくないピーター・チャン監督作品@DVD

ピーター・チャン監督、金城武主演の『ウィンター・ソング』を例によって日本語吹替DVDで鑑賞しました。『傷だらけの男たち』の前の主演作ですね。名作『ラヴソング』のピーター・チャン監督ということで気になっていたのですが、劇場公開では見逃していました。 金城映画って、どれぐらい観ているのか気になったので調べてみたところ、以前に『LO…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『傷だらけの男たち』:期待が過ぎたか、今回はムード重視映画

香港映画『傷だらけの男たち』の映画レビュー。 レビュータイトルは「期待が過ぎたか、今回はムード重視映画」。 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ(撮影兼務)、アラン・マック(脚本兼務)の監督コンビの最新作で、トニー・レオンと金城武の組合せということで、否が応でも期待した作品だったが、結果としてはギリギリ平均…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more