テーマ:その他

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 2015年も、引き続きご愛顧のほど、お願いいたします。 さて、今年の目標。 (1)レビュー作品の索引を整理する。 作品数も1000本を越えたので、五十音順に各作品レビューにリンクした作品ページをつくります。 (2)過去鑑賞作品のレビューを別ブログで記録する。 過去作品の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年、あけましておめでとうございます。

2013年、あけましておめでとうございます。 昨年11月ごろより劇場での鑑賞数が激減しておりますが、DVDで落穂拾いなどをやっております。 ベストテンも掲載していきますので、よろしくお付き合いくださいませ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー冬季オリンピック>がんばった!スケルトンの越和宏選手

映画とは関係のない記事は殆んど書かないのですが、同年代のスケルトン競技の先駆者・越和宏選手がこの大会で引退、ということなので書いてみます。 スケルトンという競技は簡易なソリに腹ばいになって頭からコースに突っ込んでいき、タイムを競うというもの。 スケルトンとは、骸骨の意味で、それほど危険な競技でもある。 この競技について知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『私たちの上町台地』:学校教材用DVD>大阪の新たな一面に触れられるかも

大阪の中心部、上町台地を紹介した上町台地に居を構える学校向けの教材DVDです。 概ね20分ほどの作品ですが、上手くまとまっています。 大阪といえば、道頓堀の賑わいと吉本興業を中心としたお笑いとが全国的に有名ですが、中心部は意外や意外、歴史ある落ち着いた町並みです。 あまり皆さんが触れる機会も少ないと思いますが、それでも紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『めぐみ』:北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ@DVD、&ドキュメンタリー映画もあわせて

裁判員制度の広報ムービー『審理』とともに区の図書館から貸し出しを受けて鑑賞しました。 今回のアニメでは、拉致によって突然普通の生活を奪われる、ということに力点が置かれています。 ですから25分の上映時間のうち、概ね前半は横田一家の幸せな家族の描写を積み重ねていきます。 いくつかのシーンでは、実際の生活の写真なども挿入さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『審理』:裁判員制度広報ムービー:もう少し別の観点も必要では?

最高裁判所企画・製作の裁判員制度広報ムービーの第3弾です。 今回は区の図書館から貸し出しで鑑賞しました。 過去の広報ムービーについてもレビューしていますので、末尾を参照ください。 さて・・・ 第3作目になって、どうなのよ、というと、 うーむ、これまでと余り変わり栄えせず(というか広報としては説明不足)。 審理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『裁判員制度~もしもあなたが選ばれたら~』:他人事などひとつもない

区立図書館で中村雅俊監督・主演『裁判員制度~もしもあなたが選ばれたら~』のDVDを借りて観ました。 内容は他の広報ムービィと同音異曲ですが、本作品は中村雅俊が監督を務め、裁判官役を熱演しています。 裁判員役にも西村雅彦、加藤夏希、橘雪子などを配しており、出演陣の充実度も高いです。 さて、本作品のキモは、中村雅俊裁判官が第一回評…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自身の立場から映画を観ると>乳がん映画について>友人からのコメント

「『私の胸の思い出』のことなど>友人から」について 日本・香港の乳がんに係わる映画について、友人から「自身の立場から映画を観る」として、少々継続してのやりとりなどを致しました。 友人のコメントを少々構成など変えて掲載します。 ------------ 今の流行りは「病との共存」「病と折り合いをつけながら生きていく」でしょう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『私の胸の思い出』のことなど>友人から

「『私の胸の思い出』:重いテーマを軽い演出で魅せる香港映画の味:Myムービーに掲載 」について 友人からメッセージをいただきましたので、了承の上、掲載します。 -------- |ここ最近、日本映画『Mayu -ココロの星-』と同じく |乳がんをテーマにした映画が相次いで封切られるが 私も乳がん患者なので、ピンクリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『裁判員~選ばれ,そして見えてきたもの~』:裁判員制度広報ムービー第2弾

最高裁判所企画・製作の裁判員制度広報ムービーの第1弾『評議』については、「ドラマとしても見応え充分」としてご紹介しましたが(http://ryanhisa-blog.at.webry.info/200708/article_21.html 参照ください)、第2弾をインターネット配信で観賞しました。 本作品は、脚本を過去に『刑事物語3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『評議』:裁判員制度広報ムービー:ドラマとしても見応え充分

最高裁判所が企画・製作した裁判員制度広報ムービーですが、『十二人の怒れる男』ばりにドラマとしての構成もガッチリしていて見応え充分です。 三角関係のもつれから殺人未遂で起訴された男性を巡って、裁判員として選ばれた6人の市民と3人の裁判官が、有罪無罪を評議し、刑を確定するまでを全4章構成の64分で描きます。 出演者も、  裁判…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more