テーマ:トリュフォー

『私のように美しい娘』:軽妙なタッチのトリュフォー的艶笑喜劇 @DVD・レンタル

昨年秋にフランソワ・トリュフォー映画祭で5本鑑賞しましたが、今回はその続きというわけで、1972年製作の『私のように美しい娘』をDVDで鑑賞しました。 『恋のエチュード』と『映画に愛をこめて アメリカの夜』の間につくられた軽い犯罪喜劇・艶笑喜劇。 レンタルしたTSUTAYAのショップでは、ラブストーリーに分類されていましたが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ピアニストを撃て』:メランコリック風味の脱線・脱力系サスペンス @特集上映・単館系

フランソワ・トリュフォー映画祭の5本目は『ピアニストを撃て』(1960年製作)。 『大人は判ってくれない』に続いて撮った長編2作目。 ヒッチコックばりのサスペンスとユーモアとの評判を聞いていたので、以前から観たい作品でした。 さて、映画。 シャルリ(シャルル・アズナブール)は、パリの裏町にあるしがない酒場のピアノプレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『緑色の部屋』:死者とともに生きるということは・・・ @特集上映・単館系

フランソワ・トリュフォー映画祭の4本目は『緑色の部屋』(1978年製作)。 実は、この作品がいちばん観たかった。 というのも、りゃんひさが初めて観たトリュフォー映画がこの映画。 ロードショウの後の名画座2本立てで観たので、かれこれ30年以上も昔のこと。 静謐ということばが相応しいその佇まいに中学生(だか高校に進学したてだが)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『華氏451』:トリュフォーの映画愛が窺い知れる作品 @特集上映・単館系

フランソワ・トリュフォー映画祭、『黒衣の花嫁』『柔らかい肌』に続く3本目はレイ・ブラッドベリの小説を英語発声で映画化した『華氏451』(1966年製作)。 以前、テレビで観ているのですが、その際は、なんだかヘンテコリンな映画だなぁと思っただけなのですが、先ごろパンフレットを入手してから、改めて観たいなぁと思っていた次第。 さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『柔らかい肌』:トリュフォーの三角関係スリラー映画 @特集上映・単館系

有楽町で開催中のフランソワ・トリュフォー映画祭。 先日の『黒衣の花嫁』の次に鑑賞したのは、1963年製作のモノクロ映画『柔らかい肌』。 トリュフォーがヒッチコックの敬愛ぶりを男女の三角関係に託した映画とのことで、これまた愉しみにしていました。 さて、映画。 中年の文芸評論家ラシュネーは妻子ある身。 講演で赴いたリスボン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『黒衣の花嫁』:流麗華麗で乾いたサスペンスを愉しむ @特集上映・単館系

有楽町で開催中のフランソワ・トリュフォー映画祭。 その中から1968年製作の『黒衣の花嫁』を鑑賞しました。 トリュフォーがヒッチコック趣味をまる出しにした一編なので、愉しみにしていました。 さて、映画。 謎の美女ジャンヌ・モロー。 巻頭早々、アパルトマンから身投げを図ろうとする・・・ その数年後、真っ白なイブニングド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワ・トリュフォー監督短編映画『あこがれ』:子どもは判っちゃいない @DVD・レンタル

『大人は判ってくれない』に同時収録されていたフランソワ・トリュフォー監督の短編映画『あこがれ』。 これも以前に劇場で観ているのでが、改めて再鑑賞。 いやぁ、これはやっぱりいいですねぇ、よくわかるし、映画技法もかなり駆使していますなぁ、と。 さて、映画。 南フランスの田舎町、悪ガキ5人組は年上の女性ベルナデッドに憧れている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大人は判ってくれない』:判ってくれない・・・なんて、共感できないなぁ @DVD・レンタル

開催中のフランソワ・トリュフォー映画祭、この後、見逃している作品を何本か観る予定なんだけれども、彼の長編デビュー作である『大人は判ってくれない』は以前(といっても20年ほど前になるか)劇場で観ているので、今回はDVDで再鑑賞することにしました。 前回観たときは、意外とつまらなかったので、今回はどうかしらん。 さて、映画。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more