テーマ:スティーヴン・キング

『スティーブン・キング キャッツ・アイ 』:B級オムニバスをご賞味あれ

またまたスティーヴン・キング作品です。 今回は短編作品の1985年のオムニバス作品。初期短編集『スケルトン・クルー』から『禁煙株式会社』『超高層ビルの恐怖』の2本は記憶にあるが・・・・うーむ、最終話のドリュー・バリモアが壁に潜むゴブリン(小鬼)と戦うのは原作の記憶がない。 以前にビデオで観ているのですが、中古DVDを格安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スティーブン・キング/死の収穫』:1993年の観たログメモ(3):キングがらみで・・・

yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 今回は未公開作品なのでビデオ鑑賞したものです。 『チルドレン・オブ・ザ・コーン』シリーズの第2作目です。 この原作は、映画化権があまりに多くの人手を介しているので、原作から一人歩きしてシリーズ化しています。 『チルドレン・オブ・ザ・コーン(198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『1408号室』:邪悪な部屋、その存在理由@オンライン試写

ホテルの支配人サミュエル・L・ジャクソンが作家のジョン・キューザックを案内するエレベータの中で言う。 「従業員たちはその部屋のことは「無いもの」として行動しています。あたかも13階があっても「無いもの」と行動するのと同じように」。 その邪悪な部屋は、無いこととしている13階に現われたものだ。 14xx号室、実際は1…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

『ミスト』:私がキングなら迷わず「傑作」という:Myムービー掲載

観終わった後、妻が「スティーヴン・キングは、あのラストに感心したそうね」と何処からか仕入れてきたのか、そんなことを言った。 そりゃそうだろう。現在のキングなら、あのラストは感心感服するだろう。それ以外にも、キング自身が喜ぶ趣向か盛りだくさんだからだ。 スティーヴン・キングの映画化作品、特にスーパーナチュラル系の映画化作品…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more