テーマ:ミュージカル・音楽もの

『蜜蜂と遠雷』:日本の音楽映画では最上位に位置するのでは @試写会

『愚行録』の石川慶監督最新作『蜜蜂と遠雷』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 原作は恩田陸の同名小説。 直木賞と本屋大賞のダブル受賞だそうだが、未読。 過去には『木曜組曲』『夜のピクニック』が映画化されていますね。 さて、映画。 芳ヶ江国際ピアノコンクール。 3年に一度開催され、前回優勝者が世界トップクラスの注目を浴…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』:ドタバタ度アップのシリーズ最終作 @DVD・レンタル

アナ・ケンドリック主演の人気シリーズ第3弾にして最終作『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』、DVDで鑑賞しました。 前作はあまり面白くなかったので、どうかしらん?とも思ったのですが・・・ さて、映画。 バーデン大学を卒業したアカペラグループ「ベラーズ」のメンバー。 それぞれ社会人として生活していたけれども、誰もが活躍…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』:嫌味なく、そこそこ愉しめる続編 @DVD・レンタル

年末も押しつまってきましたが、落穂ひろい的DVD鑑賞です。 映画は『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。 前作が2008年製作だから、10年ぶりの続編ですね。 さて、映画。 エーゲ海に浮かぶギリシアの島。 ソフィ(アマンダ・セイフライド)は母ドナ(メリル・ストリープ)と念願だったホテルオープンにこぎつけた。 が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『アリー/ スター誕生』 : ドラマと音楽が見事に噛みあった秀作 @試写会

久しぶりの試写会です。 正月シーズンの映画『アリー/ スター誕生』。 前置きはさておき、映画。 歌手を夢見ていたが、現在はレストランの裏方をしているアリー(レディー・ガガ)。 唯一夢を繋いでいるのは、週末に、ドラァグクイーン・バーのショウの中で歌うこと。 そんなある夜、人気ロック歌手のジャクソン・メイン(ブラッドリー・…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

『52Hzのラヴソング』: 嫌味のない台湾産ミュージカル @DVD・レンタル

ここのところ継続実施中のDVDによる落穂ひろい鑑賞。 今回は2本のアジア映画です。 1本目は台湾映画『52Hzのラヴソング』(「52ヘルツのラヴソング」と読みます)。 昨年12月にロードショウされました。 さて、映画。 バレンタインデーの台北でのハナシ。 花屋で働く シャオシン(小心、ジョン・ジェンイン扮演)は若く見…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『ボヘミアン・ラプソディ』: 音楽の厚みほど、映画は厚くないような @ロードショウ・シネコン

久しぶりに新作映画をロードショウで鑑賞です。 もしかして、10月は劇場で新作を観ていない?? 今月はこの作品を皮切りに、何本か食指の動く作品が登場するので、この先も楽しみです。 映画は『ボヘミアン・ラプソディ』。 英国のスーパーバンド、クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの物語です。 1970年代の英国。 …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

『ジュリーと恋と靴工場』:ラストに難あれど、結構、愉しめました @DVD・レンタル

昨秋ロードショウ公開された『ジュリーと恋と靴工場』、DVDで鑑賞しました。 「心躍る、フレンチ・コメディ・ミュージカル」という謳い文句だったので、気になっていた一篇。 さて、映画。 不況のフランス。 なかなか正社員の口は見つからないご時世。 25歳のジュリー(ポーリーヌ・エチエンヌ)も、試用期間が過ぎると不採用、の繰り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『晴れた日に永遠が見える』 :興味深い題材の喜歌劇だけれど、少々重苦しい @DVD

買い置きDVD、時間をみつけて観ていかないと・・・と思って、連続鑑賞。 『ビクター/ビクトリア』に続いて観たのは『晴れた日に永遠が見える』。 1970年製作の、ヴィンセント・ミネリ監督、バーブラ・ストライサンド主演のミュージカル。 ミュージカル・・・好きなんです。 ただし、ドラマ性の高い、重苦しいのは・・・ちょっとね。 さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビクター/ビクトリア』 :時代背景を考えるとヒネった設定も納得の音楽喜劇 @DVD

以前購入していた買い置きDVD、時間をみつけて観ていかないと・・・ ということで、今回鑑賞したのは『ビクター/ビクトリア』。 1982年製作、ブレイク・エドワーズ製作・監督・脚本、ジュリー・アンドリュース主演のコメディミュージカル。 ミュージカルといってもソング&ダンスは舞台シーンだけなので、ドラマの途中で歌ったりはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『モダン・ミリー』:後半、ドタバタが過ぎるけれど、かなり楽しいミュージカル @DVD

ジョージ・ロイ・ヒルの1966年監督作品『モダン・ミリー』、以前購入していたDVDで鑑賞しました。 主演はジュリー・アンドリュース。 なので、当然にしてミュージカルです。 さて、映画。 第一次世界大戦が終結した1920年代。 カンザスからニューヨークへ出てきた若い女性ミリー(ジュリー・アンドリュース)。 都会へ出て洗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ映画『ドン・ジョヴァンニ』:1954年ザルツブルグ音楽祭での舞台の記録 @ホール上映

招待券が当選したので、珍しく、オペラ映画を鑑賞しました。 作品は『ドン・ジョヴァンニ』。 1954年のザルツブルグ音楽祭で上演された舞台を記録したものです。 まずは、データから。 モーツァルト作曲、フルトヴェングラー指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるもの。 舞台の演出はヘルベルト・グラーフ、映像記録の監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スター!』:ジュリー・アンドリュースを堪能 @DVD

DVDでの自宅鑑賞作品の4本目は『スター!』。 1968年製作、ロバート・ワイズ監督、ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画。 以前、中古購入していたDVDなのですが、尺が3時間もあるので、なかなか観る時間が取れませんでした。 今回は、第一部、第二部と二日に分けて鑑賞しました(90分過ぎのところで一度だけフェードアウト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『TAP THE LAST SHOW』:人間とは思えない体技に魅せられた @ロードショウ・一般劇場

水谷豊初監督作品『TAP THE LAST SHOW』、ロードショウで鑑賞しました。 6月中旬に公開されてからひと月以上も経ち、見逃したかなと思っていましたが、渋谷の劇場でロングラン上映中。 ならば、ということで数少ない上映時間にあわせて出かけた次第。 さて、映画。 かつての天才タップダンサー・渡(水谷豊)も30年前の事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オペラ座の怪人』(2004年):20世紀最後の一大ミュージカル絵巻 @ホール上映

仕事場近くのホールで鑑賞した2本目は『オペラ座の怪人』。 アンドリュー・ロイド=ウェバーの有名なミュージカルの映画化。 彼自身、製作と共同脚本を担当しており、舞台版をゴージャスに映画に再現したもようで、公開当時、日本でも一大ブームが起きましたね。 大ヒット作品なのですが、なぜだか見逃しており、まぁ、大ヒット作品よりは地味なミニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ラ・ラ・ランド』:力作だけれど、チャーミングには程遠いなぁ @試写会

『セッション』のデイミアン・チャゼル監督第2作目『ラ・ラ・ランド』、試写会で鑑賞しました。 ゴールデングローブ賞7部門受賞、アカデミー賞13部門ノミネートと前評判の高い作品。 「観るもの全てが恋に落ちる・・・」という謳い文句も刺激的なこの一篇。 さて、映画。 米国ロサンゼルス。 冬でも雪など降らないこの町に、女優を目指…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ファニー・ガール』『ファニー・レディ』:バーブラ・ストライサンド! @DVD

お家買い置きのDVDも観ておかなければ溜まる一方・・・ということで、チョイスしたのが、この2本。 『ファニー・ガール』とその続編『ファニー・レディ』。 前者はバーブラ・ストライサンドの映画デビューでアカデミー賞主演女優賞受賞作品。 監督はウィリアム・ワイラー。 ウィリアム・ワイラー監督のミュージカル作品はこれ1本なのだが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ピッチ・パーフェクト2』:フェミニズム視線もあり興味深いが、散漫 @DVD・レンタル

アナ・ケンドリック主演のアカペラ青春映画『ピッチ・パーフェクト2』、DVDで鑑賞しました。 前作は「音楽シーン以外はズンダラ」だったのですが、さて、今回はどんなものかしら。 さて、映画。 全米アカペラ選手権で優勝したバーデン・ベラーズ。 優勝後、大統領列席のステージを務めることになったが、その舞台上でファット・エイミー(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『はじまりのうた』:とても愛おしい音楽映画 @DVD・レンタル

ことしの2月にロードショウ公開された『はじまりのうた』、DVDで鑑賞しました。 キーラ・ナイトレイとマーク・ラファロの顔合わせは通好みで魅力的。 監督は『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニーということで、これまた期待できますね。 ということで、さて、映画。 ニューヨークでインディーズレーベルの音楽会社を立ち上げ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ピッチ・パーフェクト』:音楽シーン以外はズンダラで退屈 @DVD・レンタル

まもなく続編が公開される『ピッチ・パーフェクト』。 面白ければ、劇場に足を運ぼうかしらん、と1作目をDVDで鑑賞しました。 公開時のポスターデザインが、若い女性たちが立ち並んだデザインで、「ビッチ・パーフェクト・・・カンペキなビッチってなんだ?」と、思って端から無視していました。 (古いハナシで恐縮ですが、ジョディ・フォスター…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『踊るアイラブユー♪』:懐かしい曲に身を委ねていられるかしらん @試写会

マドンナやホイットニー・ヒューストンなどの既成曲でつくられたミュージカル映画『踊るアイラブユー♪』、試写会で鑑賞しました。 既成曲でつくられたミュージカルというと『マンマ・ミーア!』『サンシャイン/歌声が響く街』が記憶に新しいところ。 比べていいのか悪いのか・・・ さて、映画。 南イタリアの海にほど近いプーリア。 イギ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ジャージー・ボーイズ』:職人監督の手による流麗な楽曲入りドラマ @ロードショウ・シネコン

クリント・イーストウッドが傑作ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した『ジャージー・ボーイズ』、徐々に上映回数が少なくなっているので、こりゃヤバイ。 ということで近所のシネコンで鑑賞しました。 ありゃ、楽曲入りのドラマで、ミュージカルじゃないじゃん・・・ まぁそれはさておき、映画。 米国ニュージャージー州の田舎町ベルヴィ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『サンシャイン 歌声が響く街』:土臭いプロクレイマーズの曲がハマっている @ロードショウ・単館系

スコットランド版『マンマ・ミーア!』と謳われた『サンシャイン 歌声が響く街』をロードショウで鑑賞しました。 『マンマ・ミーア!』と並べられているのは、スコットランドの人気バンド・プロクレイマーズの既存曲を用いてミュージカルに仕立て上げているからでしょう。 ただし、あちらがかなり能天気なミュージカルだったのと比べると、こちらはかな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『シェルブールの雨傘』:意外と乾いたタッチの恋愛悲劇 @名画座・新橋文化

『ひまわり』とあわせて観た『シェルブールの雨傘』、何年振りかの再鑑賞です。 以前観たときは、あまり面白く感じなかったのですが、ありゃりゃ、意外と面白いぞ。 1957年フランスの港町シェルブール。 傘店の娘ジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、自動車修理工のギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)と恋仲。 ギイに兵役の通知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『メリー・ポピンズ』:救われたのはやっぱりお父さん @DVD・レンタル

3月に観た『ウォルト・ディズニーの約束』に触発されて、本家『メリー・ポピンズ』をDVDで鑑賞しました。 この映画、ちゃんと観たことがなかったので、いい契機(きっかけ)になりました。 製作は1964年なので、おぉ、50年前だぁ。 ジュリー・アンドリュースは本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、翌年『サウンド・オブ・ミュージッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『マジック・マイク』:やっぱり、ソダバーグとは相性が悪かったようで @DVD・レンタル

チャニング・テイタムの実体験を基に、スティーヴン・ソダバーグが監督した『マジック・マイク』。 チャニング・テイタム、スティーヴン・ソダバーグともあまり好きではないんですが、男性ストリッパーのハナシということで、興味津々。 DVDで鑑賞することにしました。 チャニング・テイタムは、米国フロリダ州タンパにある男性ストリップ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『鴛鴦歌合戦』:ニコニコ陽気なオペレッタ @DVD・レンタル

1939年(昭和14年)製作の『鴛鴦歌合戦』、DVDで鑑賞しました。 15年ほど前に一度観たのですが、妻は観たことがないということで、レンタルしての再鑑賞です。 タイトル、「おしどり うたがっせん」と読みます。 恋のさや当てのオペレッタ時代劇、ストーリーは他愛ないです。 さて、映画。 浪人の片岡千恵蔵は好い男。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『25年目の弦楽四重奏』:絶妙なバランスで奏でるハーモニー @DVD・レンタル

クリストファー・ウォーケン、フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナーと演技派勢揃いの『25年目の弦楽四重奏』、DVDで鑑賞しました。 タイトルから最近流行のやり直し映画、25年目に再結成した弦楽四重奏団(カルテット)のハナシかと思っていましたが、結成25年のベテラン・カルテットのハナシだったのね。 原題の「A L…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『愛のあしあと』:口ずさむミュージカル仕立ての大河恋愛ドラマ @DVD・レンタル

WOWOWの映画放送と全国のミニシアターがコラボした企画「旅するW座」の1本、『愛のあしあと』をDVDで鑑賞しました。 東京では6月に2週間限定で劇場公開され、あっという間にDVD化。 カトリーヌ・ドヌーヴ、キアラ・マストロヤンニ、リュディヴィーヌ・サニエが共演するとあって、気になっていたのですが、上映時間が2時間20分近く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『カルテット! 人生のオペラハウス』:上滑り感もあるけれど、まぁ愉しい出来 @DVD・レンタル

ダスティン・ホフマンの初監督作品『カルテット! 人生のオペラハウス』、DVDで鑑賞しました。 引退した音楽家たちが老後を過ごすビーチャム・ハウス。 資金繰りが厳しくて、毎年、年に1度のヴェルディ生誕記念公演で、経営資金を稼いでいる。 今年は、というと・・・ 大物が逝去したかなにかで目玉がなくなってしまって、さぁ大変。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ザ・マペッツ』 :マペット・ぬいぐるみにも命は宿る @DVD・レンタル

2013年、DVD鑑賞3本目は、『ザ・マペッツ』。 2012年に一部のシネコンで公開されたディズニー製作の映画です。 で、そもそもマペッツって何?なんですけど・・・ カエルのカーミットやミス・ピギーの、ほら、あの指人形というか、手で口をパクパクさせる、もこもこの人形たちです。 で、映画・・・ あるアメリカの田舎町。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more