テーマ:小津安二郎

『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』:『お早よう』に通じる小津のサイレント映画 @DVD・レンタル

小津安二郎監督の1932年(昭和7年)作品『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』をDVDで鑑賞しました。 戦前作品なので、モノクロ・サイレント(サウンドもありません)作品です。 かれこれ30年ほど前に特集上映で観たのですが、改めて観なおしてみました。 さて、映画。 都心の会社に勤める斎藤達雄は妻(吉川満子)とふたりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『戸田家の兄妹』:『東京物語』の原型であります @DVD・廉価版

昭和16年の小津安二郎監督作品『戸田家の兄妹』を廉価版DVDで鑑賞しました。 20年以上前に名画座で観ていたのですが、ほんとすっかり忘れていました。 今回再鑑賞して気づいたのは、『東京物語』の原型だったということ。 旧家の戸田家、家長の老夫婦には二男三女の息子と娘がいます。 上から順に、 上流の家柄のもとへ嫁い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『宗方姉妹』:新しいとは、古くならないということよ @レンタルDVD

小津安二郎監督が『麦秋』と『晩春』の間に新東宝で撮った作品。 ホームドラマには違いないんだけれど、どちらかというと「暗いホームドラマ」。 戦争の前に青春を迎えた姉・田中絹代と、戦後に青春を迎えた妹・高峰秀子とを対比して描きます。 それに加えて、戦争によってうまく結ばれなかった田中絹代と上原謙、失業中の夫・山村聡との関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『お茶漬の味』『彼岸花』『秋日和』

小津安二郎監督、佐分利信主演コンビの大人のニンマリコメディ三作。 いずれも大学時代に名画座で観たのだが、最近改めてDVDで鑑賞した。 H18年夏に『お茶漬の味』(1952)を、H19年GW終盤に『彼岸花』(1958)、GW明けに『秋日和』(1960)と里見 弴(さとみ とん)原作物を続けて鑑賞した次第。 大学時代には、「う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more