テーマ:2020

『喜劇 愛妻物語』:脚本家にいちばん大切なのは・・・ @DVD

緊急事態宣言下GWのDVD鑑賞、続いては昨年9月公開の『喜劇 愛妻物語』。 『百円の恋』『嘘八百』シリーズ、『アンダードッグ』の脚本家・足立紳が、自身の実体験に基づく小説を脚本化して監督したもの。 なお、先に挙げた作品はいずれも未見です。 さて、映画。 豪太(濱田岳)は年収50万円に満たない売れない脚本家。 妻のチカ(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more