テーマ:『相棒』

『相棒 劇場版IV』:テロとの戦いは、まさに現代の戦争である @ロードショウ

人気テレビシリーズ『相棒』の劇場版IV、ロードショウで鑑賞しました。 公開2日目の昼間に観ていたんですが、DVDで落穂拾いをしていたりして、レビューアップが遅れた次第。 さて、映画。 在英日本領事館で集団毒殺事件が発生した。 関係者全員死亡し、唯一の生き残りは幼い少女。 しかし、その少女も何者かによって連れ去れてしまい…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

『相棒Season13』最終回「ダークナイト」:米国コミックの焼き直しかしらん、と思うほど@オンエア

昨年秋から始まった『相棒』Season13も昨日が最終回。 3シーズン務めた右京の相棒・甲斐亨の卒業回ということで期待していましたが・・・ どうも、今後、このシリーズがどこへ向かうのか、非常に憂鬱になる最終回でした。 さて、内容。 犯罪者だけを狙った連続暴行事件が発生。 犯人は、警察の手が及ばない隠れた悪党に制裁を加え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』Season13 元日スペシャル「ストレイシープ」:右京さんの恋愛? @テレビ朝日・オンエア

元日は「キネマのマ」改め「ドラマのマ」です。 毎年たのしみにしているテレビドラマ『相棒』の元日スペシャルを観るものですから。 さて、今回の「ストレイシープ」は・・・ 冬の寒さが厳しいころ、杉下右京の知人・西田悟巳(石田ひかり)が自殺をし、右京は彼女の葬儀に参列していた。 右京は葬儀の席で、新井と名乗る男性(平岳大)から悟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒シーズン13 ファントム・アサシン』:嘆息ばかりの2時間でしたぁ @テレビ朝日・オンエア

待望の新シーズンが始まったテレビドラマ『相棒』、その第1回『ファントム・アサシン』は2時間スペシャル。 ゲストの仲間由紀恵、羽場裕一が登場。 国家安全に係わる情報機関に絡んだ連続殺人事件が起こるというもの。 脚本は輿水泰弘、監督は和泉聖治、シリーズのエース登板で期待は高まりましたが・・・ いやぁ、なんだか内容がスカスカ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒 劇場版Ⅲ 序章』:劇場版を観ていなくても愉しめます @テレビ朝日・オンエア

ゴールデンウィーク祝日の夕方、『相棒』の劇場版Ⅲ関連のドラマを観ました。 Web配信ドラマでしたが、地上波各局ごとに独自の放送枠で放送しています。 シリーズでの位置づけとしては、劇場版Ⅲの事件の後に、その事件につながる過去の事件を振り返るというもの。 謳い文句が「それは、あまりにも切ない殺人事件」。 埠頭に係留された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒 劇場版Ⅲ』:伊丹刑事、死ななくてよかったぁ @ロードショウ・一般劇場

大好きなテレビドラマ『相棒』の劇場版第3弾、副題に「巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」とあり、いつも以上に扇情的です。 扇情的は戦場的と言い換えてもいいかしらん、な内容なのは予告編でもわかっていましたが、その予告編で非常に気になったのは死体搬送用のブラックケースに入れられた伊丹刑事のカット。 ええぇ! 伊丹刑事が死んじゃうのかと思…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『相棒』season12 最終話「プロテクト」@オンエア

春も近づく陽気、さて『相棒』season12も最終回。 恒例の2時間スペシャル。 今回は映画版第2作目で死んでしまった警察庁官房長・小野田公顕の過去の謀略が亡霊のように甦るというハナシ。 謀略といっては語弊があるかも。 アメリカの証人保護プログラムに似た仕組みで、裁判の証人を守ろうとしたのだから。 とはいえ、日本には証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』season12 第18話「待ちぼうけ」@オンエア

『相棒』で久々に登場した傑作エピソード。3月12日放送の「待ちぼうけ」がそれ。 この『相棒』では、杉下右京と相棒がそれぞれ別に活動する場合、ふたりのキャラクターが活かされて面白くなる、という傾向があります。 このエピソードもそのとおり。 「暇かぁ」といつもながらの掛け声で特命係に入ってきた角田課長。 生憎、杉下右京も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒』元日スペシャル:ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!

毎年楽しみしている『相棒』の元日スペシャル。 今年2014年もオンエアで愉しみました。 今回は、スリリングな展開とスケール、それに対権力という相棒の底流テーマもしっかり組み込まれており、骨太な作品でした。 ビルの屋上から飛び降りるひとりの男性。 救急搬送される若い女性。 派出所の爆破。 現場でうろたえる若い男性。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒シリーズ X DAY』: ツボを押さえた展開で楽しめました @ロードショウ・シネコン

テレビドラマ『相棒』からスピンオフ第2弾の『X DAY』、さすがシリーズのベテラン櫻井武晴の脚本だけあって、ツボを押さえた展開で楽しめました。 若い銀行員がビルから転落死。 近くには燃えかけの百万円の束。 被害者は情報システム部門に勤務し、ネット上に機密情報と思われる情報を公開していた。 その情報は、日本が財政破たん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒』元日スペシャル「アリス」: なんだか物足りないなぁ @元旦オンエア

毎年元日恒例の『相棒』のスペシャル版。 今回は50数年前の少女失踪事件と、当時の政治の闇が、現代によみがえってくるハナシ。 大物ゲストは酒井和歌子。 50数年前に失踪した少女の親友で、右京とはロンドンで顔なじみという設定。 その酒井和歌子が臨終直前に残したことばから、彼女の孫が危険にさらされていると察した右京と甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒10 元日スペシャル「ピエロ」』:久々のスケール感に満足

ここのところスペシャルでもスケール感が乏しかった『相棒』。 2012年の元日スペシャルは、久々のスケール感で満足、堪能しました。 幼い子供たちを乗せたマイクロバスがジャックされた! 主犯は、左翼過激者。 緩んだ日本にメッセージを出すのが目的。 バスには、偶然に、神戸尊と一般男性が乗り合わせていた・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒 元日スペシャル 聖戦』:南果歩で魅せる @TVオンエア

元旦恒例の『相棒』のスペシャル版、オンエアで鑑賞です。 今回は、犯人はノッケから判っているスタイルです。 ですので、犯人の心理と、どのように右京・尊のコンビが犯人を追い詰めていくかが見所です。 とにかく、犯人役の南果歩が上手い。 最近『ゲゲゲの女房』『海炭市叙景』など映画で活躍している彼女ですが、映画で鍛えた演技力で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『相棒-劇場版II-』:シリーズファンとしては満足、だが・・・ @ロードショウ・シネコン

2010年最後に劇場で鑑賞は『相棒-劇場版II-』。 劇場版第1作目から『相棒』ファンとなった身としては、今回の劇場版、ちょいと微妙といわざるを得ません。 特に「劇場版」と銘を打つからには、シリーズから独立した「特別篇」であって欲しいもの。 ですが、今回は、明らかにシリーズの1エピソード、それも重要な1エピソードで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』Season 8 元日スペシャル「特命係、西へ!」 @オンエア

元日の夜、楽しみにしていた『相棒』のスペシャル版。 メインゲストは檀れい。 サブタイトルに「死体が握っていた数字と、消えた幻の茶器の謎…東京~京都・連続殺人と420年前の千利休の死の秘密が繋がる!?」と付くように、従来とは目先を変えた歴史ミステリーの趣。 さて、感想は・・・ うーむ、いまひとつの出来栄え。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『相棒』Season8 第5話「背信の徒花」 @オンエア放送

久々の『相棒』ネタです。 急いで帰宅した甲斐あって、Season8のエピソードをはじめて通しでオンエア放送で見ました。 第1話「カナリアの娘」は再放送での鑑賞、前作第4話「錯覚の殺人」は途中からの鑑賞でしたので。 さて、今回の作品は・・・ ふむふむ、神戸尊とのコンビはこんな感じなのね。 週刊誌のコラムで、水っ気の半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒-劇場版-』:テレビ放映で再び堪能

連日『相棒』記事のりゃんひさです。 本日3/29(日)夜は『相棒-劇場版-』のテレビ放映を楽しみました。 冒頭と巻末にテレビ放映向けにSeason7と連動した映像が追加されており、神戸尊警部補も登場。 すわっ、プレシーズンの再編集版よろしく、新たな事件のオチかと思いましたが、そんなことはありませんでした。 それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』:スピンオフでもシリーズの香りたっぷり

遅ればせながらの「相棒」ファン、りゃんひさです。 DVDや再放送で過去作品の追っかけをしています。 さて、そんな私が、Season2DVDと傑作選再放送の合間の初日に観た本作品、出来栄えはいまひとつなれど、シリーズの香りを満喫して、満足しました。 映画の前に原作を読んでいたのでストーリーは機知。 なので、米沢守を基軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』傑作選:Season6最終話>『黙示録』

さて、昨日に引き続き、本日3/28(土)も傑作選を堪能。 Season6の最終話は「冤罪」を扱ったもの。 24年前に品川母娘放火殺人事件で死刑が確定した死刑囚が獄中で病死した。 その直後に、死刑囚を逮捕した刑事と送検した判事が殺害される。 犯人は病死した死刑囚に関連する人物と思われるのだが・・・ というストーリー。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒』傑作選:Season5から2本>『犯人はスズキ』『名探偵登場』

2009年3月28日の『「相棒」シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』公開を控え、テレビ朝日では六角精児が選んだ傑作選を再放送中。 さて、金曜日、休日出勤の代休を得て、Season5の2本を堪能しました。 どちらも、小ネタで米沢の「別れた女房」についてのセリフがあり、映画とのつながりを感じました。 さて、 第3話「犯人はスズキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『「相棒」シリーズ 鑑識・米沢の事件簿~幻の女房~』ハセベバクシンオー:映画公開待ちきれずに

昨年2008年より遅ればせながら『相棒』にハマッているりゃんひさです。 新作映画の公開が待ちきれずに、原作を読んでしまいました。 さて感想は・・・ 米沢くんのキャラクターが地の文まで侵食している(というか、地の文に彼の独白や心情なんかが書かれているナントカという手法ですけど)ので、ストーリーよりもそこいらあたりが面白い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『相棒 Season7』第15話 密愛:役者同士の丁々発止を楽しむ:ON the Air

ゲストに岸惠子、国広富之。って、岸惠子って大物すぎやしないか。 ストーリー以前に配役で犯人が判る典型のようなもの。 だからといって、ツマラナイわけではない。 軽井沢と思しき冬の別荘地。 その離れの中で密室状態で発見された国広富之。 というか、ありゃりゃ冒頭で、彼が苦しむさまを岸惠子が見ているではありますまいか。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

『相棒 Season7』第14話 男装の麗人:ON the Air

本日2/11(水)は祝日、ということで、30分送れで放送の『相棒』をゆっくりと楽しみました。 タカラヅカばりの歌劇団を巡っての殺人事件でしたが、意外と楽しめまず。 パトロンマダムが殺害された割には、内幕暴露にならずに、淡々と進んでいった印象です。 今回の「相棒」は誰かしらンというと・・・ありゃ、だれも相棒役…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

『相棒 Season7』第12,13話:果たして新たな「相棒」は誰なのか@On the Air

2週連続で仕事はソコソコに切り上げて帰宅。『相棒』のSeason7を楽しみました。 ------- 2009/01/21放送の第12話「逃亡者」は、脚本:櫻井武晴、監督:橋本一、ゲスト:丸山智己、山下徹大、英玲奈。 外国人犯罪者の引渡条約の問題が絡んだ社会派モノ。 熱血ゆえに殺人の嫌疑を掛けられてしまう地元署…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』Season 7 元日スペシャル「ノアの方舟」:堪能の2時間半

2008年からハマッている『相棒』、そのシーズン7 元日スペシャルをオンエアーで見ました。 今回は、「テレビ朝日開局50周年記念」と銘打つ豪華版、豪華客船を借り切っての大掛かりなもの。 サブタイトルは「聖夜の大停電は殺人招待状!狙われた法務大臣・次の標的は豪華客船?」と長い! ゲストに渡哲也、田畑智子、三浦浩一、中本賢…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2008年にハマッたもの(1):テレビドラマ『相棒』

2008年のまとめとして、映画以外に、意外にハマッたものを記しておきます。 まずはテレビドラマの『相棒』。 新シリーズは仕事の都合でなかなか観れなかったので、もっぱら休日昼のスペシャル版再放送か、DVDレンタル。 映画公開と前後して、スペシャル版の再放送や旧シリーズの再放送が始まったのを機に、妻が見始めました。 「面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒-劇場版-』:映画的に見せる(魅せる)ところアリ:Myムービー掲載

劇場版の予告編を映画館で観始めた頃、「水谷豊と寺脇康文で大画面を支えられるの?」なんて、少々不安で「DVDでいいや!」と思っていました。 本作品の公開に合わせて、テレビ版第1作改変「コンビ誕生編」と生瀬勝久出演の2時間モノの放映を見て、「結構面白いじゃん」と心のベクトルが方向転換。 本日シネコンへ出かけたところ、お目当ての作…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more