テーマ:テレビドラマ

『氷の轍』:女性ドラマとして見ごたえ充分 @ドラマ・オンエア

『起終点駅 ターミナル』の原作者・桜木紫乃による書き下ろし小説のドラマ化『氷の轍』、オンエアで鑑賞しました。 おっと、テレビドラマについて書くのは、いつ以来かしらん。 惹かれたの理由は、物語の舞台。 釧路、札幌、八戸と、ここ数年の間に訪れたことのある土地ばかり。 興味津々。 さて、内容。 北海道警釧路中央本部の新人刑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『X-ファイル 2016』:真実は常識外れ! @DVD・レンタル

米TV人気シリーズの最新版『X-ファイル 2016』、DVDで鑑賞しました。 熱心なファンではないけれど、初期シリーズと映画版2作は鑑賞しました(映画版はロードショウで鑑賞。第2作目のレビューはコチラから)。 知らないうちにモルダーもスカリーも結構いい歳になっちゃっているようだけれども、さてさて。 以下、【ネタバレ】。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『山のトムさん』WOWOWドラマ:スローライフなドラマを堪能 @DVD・レンタル

ひさしぶりに「シネマのマ」ならぬ「ドラマのマ」です。 作品は『山のトムさん』、昨年2015年暮れから4回に渡ってWOWOWで放映されたもの。 先ごろ、4回をまとめて1本したものがDVDになったのでレンタルして鑑賞した次第。 さて、内容。 作家のハナさん(小林聡美)は、仕事の都合で東京に棲み処はあるものの、本宅は田舎の一軒…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』:新シリーズが待ち遠しい特別篇 @ロードショウ

ベネディクト・カンバーバッチの『SHERLOCK/シャーロック』が劇場スクリーンに登場。 こんどは19世紀ヴィクトリア朝時代のロンドンが舞台だそうな。 タイトルは『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』。 おどろおどろしい謎を明晰な頭脳が解明する・・・はず。 19世紀末のロンドン。 青白い肌、真っ赤な唇の花嫁…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ザ・ムービング・フィンガー』:スティーヴン・キング原案の一編観たさに・・・ @VHS

これもロードショウや試写会の合間に自宅で観た一編。 タイトルは『ザ・ムービング・フィンガー』。 もともとは『モンスターズ』という30分のテレビシリーズで、そのうちから5編を抜粋して繋げたもの。 パッケージタイトルの一編がスティーヴン・キング原案のため、気になっていたものでした。 未DVD化作品で近所の中古ソフト屋で廉価で見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒Season13』最終回「ダークナイト」:米国コミックの焼き直しかしらん、と思うほど@オンエア

昨年秋から始まった『相棒』Season13も昨日が最終回。 3シーズン務めた右京の相棒・甲斐亨の卒業回ということで期待していましたが・・・ どうも、今後、このシリーズがどこへ向かうのか、非常に憂鬱になる最終回でした。 さて、内容。 犯罪者だけを狙った連続暴行事件が発生。 犯人は、警察の手が及ばない隠れた悪党に制裁を加え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『深夜食堂』第1~4話:映画版公開前に観てみることに @DVD・レンタル

1月末から劇場版が公開される『深夜食堂』。 公開に先駆けて、原作漫画の試し読み小冊子が映画館に置いてあったので読んでみたら、まあいける。 ならば、テレビドラマは、どんなもんかいなということで、第1シリーズの第1巻をレンタルして鑑賞しました。 エピソードタイトルは『赤いウインナーと卵焼き』『猫まんま』『お茶漬け』『ポテトサラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『名探偵ポワロ』最終シーズン『ビッグ・フォー』『死者のあやまち』@DVD・レンタル

デヴィッド・スーシェ演じる名探偵ポワロシリーズ、最後に残した2本『ビッグ・フォー』『死者のあやまち』。 鑑賞しました。 これにてスーシェのポワロとはお別れ。 といっても、DVDをレンタルするなり、自宅にあるDVDを観ればいいのだけれど。 もう新作が観れないとなると、やはり寂しいもの。 さて、各エピソード。 *----…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『名探偵ポワロ』最終シーズン『象は忘れない』『ヘラクレスの難業』『カーテン』@DVD・レンタル

デヴィッド・スーシェ演じる名探偵ポワロシリーズも大詰め。 昨秋2014年に放送された5作品をもって、幕。 その中から3作品、鑑賞しました。 2作品残っている中で、最終話『カーテン』も鑑賞することにしたのは、撮影と同じくこの作品を最後にするのは忍びないから。 さて、各エピソード。 *----------* 『象は忘れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』Season13 元日スペシャル「ストレイシープ」:右京さんの恋愛? @テレビ朝日・オンエア

元日は「キネマのマ」改め「ドラマのマ」です。 毎年たのしみにしているテレビドラマ『相棒』の元日スペシャルを観るものですから。 さて、今回の「ストレイシープ」は・・・ 冬の寒さが厳しいころ、杉下右京の知人・西田悟巳(石田ひかり)が自殺をし、右京は彼女の葬儀に参列していた。 右京は葬儀の席で、新井と名乗る男性(平岳大)から悟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『科捜研の女』第14シリーズ Last File:櫻井武晴脚本、2回連続ものを愉しむ @テレビ朝日

10月からはじまった『科捜研の女』第14シリーズ、早いもので1クールが過ぎ、今回が最終回。 前回のFile8からの連続もので、シアン化合物での連続殺人が起きるというもの。 さて、内容。 4人の死者を出したシアン化ナトリウムによる連続無差別殺人事件。 犯人も捕まったが、新たにシアン化カリウムによる殺人事件が発生。 時を経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SHERLOCK/シャーロック シーズン3』: ちょっと緩めになってきたかと思いきや @DVD・レ

ベネディクト・カンバーバッチ主演のテレビドラマ『SHERLOCK/シャーロック』の シーズン3、レンタルで鑑賞しました。 シーズン2の第3話(最終話)で、病院の屋上から飛び降りて、命を失ったと思われたシャーロックの生還物語であります。 (いま、気づいたのですが、シーズン2は、レビュー掲載していませんでした・・・) さて、物語。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『科捜研の女』第14シリーズ:戸田山雅司脚本で持続・連続サスペンス @テレビ朝日・オンエア

最近ハマっている沢口靖子主演、内藤剛志共演のミステリードラマ『科捜研の女』の新シリーズが始まりました。 同局の『相棒』が低調なのに比べて、こちらは絶好調。 なにせ戸田山雅司、櫻井武晴と『相棒』で秀作を連発していた脚本家がこの作品の多くを手掛けているのだから、それもそのはず。 さて、第1話。 京都市内の廃倉庫で男性の扼殺死…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒シーズン13 ファントム・アサシン』:嘆息ばかりの2時間でしたぁ @テレビ朝日・オンエア

待望の新シーズンが始まったテレビドラマ『相棒』、その第1回『ファントム・アサシン』は2時間スペシャル。 ゲストの仲間由紀恵、羽場裕一が登場。 国家安全に係わる情報機関に絡んだ連続殺人事件が起こるというもの。 脚本は輿水泰弘、監督は和泉聖治、シリーズのエース登板で期待は高まりましたが・・・ いやぁ、なんだか内容がスカスカ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒 劇場版Ⅲ 序章』:劇場版を観ていなくても愉しめます @テレビ朝日・オンエア

ゴールデンウィーク祝日の夕方、『相棒』の劇場版Ⅲ関連のドラマを観ました。 Web配信ドラマでしたが、地上波各局ごとに独自の放送枠で放送しています。 シリーズでの位置づけとしては、劇場版Ⅲの事件の後に、その事件につながる過去の事件を振り返るというもの。 謳い文句が「それは、あまりにも切ない殺人事件」。 埠頭に係留された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名探偵ポアロ『三幕の殺人』:ピーター・ユスティノフのポワロ @VHS・レンタル

『死者のあやまち』に引き続き、ピーター・ユスティノフがポワロを演じている『三幕の殺人』について。 この作品には大物トニー・カーティスが出演しています。 なので、犯人はいわずもがな。 映画俳優チャールズ・カートライトは、引退してアカプルコに別荘を構えている。 別荘でのパーティに招待されたポワロとヘイスティング。 パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名探偵ポアロ『死者のあやまち』:ピーター・ユスティノフのポワロ @VHS・レンタル

先日、恵比寿まで出かけた帰り、足をのばして代官山蔦屋書店を訪れました。 お目当ては、ピーター・ユスティノフがポワロを演じている3本のテレビムービー。 3本とは製作順に『エッジウェア卿殺人事件』『死者のあやまち』『三幕の殺人』。 このうち『死者のあやまち』『三幕の殺人』が在庫しているようなのでレンタルすることにしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『東京駅お忘れ物預り所 南紀白浜~特急くろしお号12分間の殺意!!』@オンエア

テレビドラマは『相棒』以外はほとんど観ないのですが、4月12日の番組表をみていたら、「土曜ワイド劇場」にケッタイなタイトルが。 「東京駅お忘れ物預り所」とはこれいかに。 ヘンなところに目を付けたもんだ、と気になって観ちゃいました。 調べると、おおよそ1年に1本の割合で制作されており、今回で第7作目のよう。 主演は高嶋…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横溝正史シリーズⅡ『黒猫亭事件』:太地喜和子の魅力にハマる @DVD・レンタル

先日レンタルで観た『犬神家の一族』に続き、古谷一行の金田一耕助シリーズの一編『黒猫亭事件』をDVDで鑑賞しました。 横溝正史シリーズの第2期の一本ですが、この作品だけ前編・後編の2回もの。 原作が短編なので、これ以上引き延ばすことはできなかったのでしょう。 この作品と『仮面劇場』だけは観ていませんでした。 再放送の回数が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『犬神家の一族』古谷一行版:演出・美術・撮影が冴えまくる一級品 @DVD・レンタル

先日レンタルで観た東映版『悪魔が来りて笛を吹く』にがっくりきたもので、口直しにレンタルしたのがこの作品。 1977製作の横溝正史シリーズ第1作目の『犬神家の一族』、古谷一行の金田一耕助シリーズの第1目です。 犬神家の三姉妹、松子・竹子・梅子を京マチ子・月丘夢路・小山明子が演じている豪華版。 観るのは、オンエアも含めて、今回…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒』season12 最終話「プロテクト」@オンエア

春も近づく陽気、さて『相棒』season12も最終回。 恒例の2時間スペシャル。 今回は映画版第2作目で死んでしまった警察庁官房長・小野田公顕の過去の謀略が亡霊のように甦るというハナシ。 謀略といっては語弊があるかも。 アメリカの証人保護プログラムに似た仕組みで、裁判の証人を守ろうとしたのだから。 とはいえ、日本には証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』season12 第18話「待ちぼうけ」@オンエア

『相棒』で久々に登場した傑作エピソード。3月12日放送の「待ちぼうけ」がそれ。 この『相棒』では、杉下右京と相棒がそれぞれ別に活動する場合、ふたりのキャラクターが活かされて面白くなる、という傾向があります。 このエピソードもそのとおり。 「暇かぁ」といつもながらの掛け声で特命係に入ってきた角田課長。 生憎、杉下右京も…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松本清張『球形の荒野』@BS日テレ オリジナルドラマ オンエア

社内吊り公告で大いに宣伝をしていたBS日テレのオリジナルドラマ『球形の荒野』。 3月12日放送、自宅の居間でコタツにはいって見ました。 2時間ドラマをオンエアでみるなんて、『相棒』のスペシャル版以外では何年ぶりのことかしらん。 さて、ドラマ。 戦後25年。 外交官だった今は亡き父の筆跡を、奈良の古刹の芳名帳で見つけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ウォーキング with ダイナソー BBCシリーズ』: @DVD・レンタル

今2014年の同名お正月映画のもととなった英国BBC製作のドキュメントシリーズ『ウォーキング with ダイナソー BBCシリーズ』、準新作になったのでレンタルで鑑賞しました。 シリーズは全6回、そのうちの前半3回に、スペシャル版1回を加えた4エピソードで構成されています。 第1回「新しい夜明け 三畳紀 New Bloo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”新参者”加賀恭一郎『眠りの森』:落とし処、納得できないなぁ・・・@TBSテレビ

元日に引き続きドラマスペシャル。「キネマのマ」から「ドラマのマ」に改名せねば・・・ この「新参者」、テレビの連続シリーズは観ておらず、映画『麒麟の翼』、スペシャル版『赤い指』を観ただけです。 さて、今回の『眠りの森』は、恭一郎の父親が健在なので、先の作品よりも時系列的には昔の物語。 舞台はバレエ団。 そこでひとりの青…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『相棒』元日スペシャル:ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!

毎年楽しみしている『相棒』の元日スペシャル。 今年2014年もオンエアで愉しみました。 今回は、スリリングな展開とスケール、それに対権力という相棒の底流テーマもしっかり組み込まれており、骨太な作品でした。 ビルの屋上から飛び降りるひとりの男性。 救急搬送される若い女性。 派出所の爆破。 現場でうろたえる若い男性。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『GRIMM/グリム』:まぁ、フツーのサスペンスですかねぇ @DVD・レンタル

グリム童話を題材に、舞台を現代に置き換えたアメリカのテレビシリーズ『GRIMM/グリム』Vol.1をDVDで鑑賞しました。 1話45分程度、2話収録でしたが・・・ うーむ、つまらない。 ふーん、主人公はグリム兄弟の末裔なのね。 ふーん、巷にいる悪鬼たちが見えるのね。 だから、どうした、って感じ。 言っちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『赤い指』:原作を読んでいても泣ける沁みるドラマ @DVD・レンタル

東野圭吾原作の『赤い指』、2011年1月にテレビ放映されたドラマをDVDで鑑賞しました。 原作本は、つい最近、読んだばかり。 たまたま中古書店の廉価棚に並んでいたのを購入。 東野圭吾の小説はいくつか読んでいますが、『新参者』は未読でテレビドラマも未見、唯一、劇場映画の『麒麟の翼』を見た限り。 なので、小説を読んでいるとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SHERLOCK/シャーロック』: シーズン1は「冒険」 @DVD・レンタル

2010年英国BBCで製作された『SHERLOCK/シャーロック』。シーズン1は3部作。 シャーロック・ホームズが現代にいたとしたら、というアプローチは、過去のシャーロック・ホームズ映画やドラマでは見られなかった試み。 演出のスピーディさもさることながら、ベネディクト・カンバーバッチが扮するシャーロック・ホームズのエキセント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒』元日スペシャル「アリス」: なんだか物足りないなぁ @元旦オンエア

毎年元日恒例の『相棒』のスペシャル版。 今回は50数年前の少女失踪事件と、当時の政治の闇が、現代によみがえってくるハナシ。 大物ゲストは酒井和歌子。 50数年前に失踪した少女の親友で、右京とはロンドンで顔なじみという設定。 その酒井和歌子が臨終直前に残したことばから、彼女の孫が危険にさらされていると察した右京と甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more