テーマ:劇場未公開

『エイティーン・アゲイン』:嫌味のない笑いで飽きさせないアメリカンコメディ @DVD

1987年製作のアメリカ映画『エイティーン・アゲイン』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 副題は、VHSでリリースされた当初は「これで2度目の18歳」、廉価版DVDでリリースされた際には「もう一度青春を!」となっています。 ま、副題はなくても、内容はわかると思うんですがね。 さて、映画。 大会社の社長を務めるジャック・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウソツキは結婚のはじまり』:可笑しくて可笑しくて、観ているこちらもおかしくなる @DVD

アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演の2011年作品『ウソツキは結婚のはじまり』、DVDで鑑賞しました。 原題は「JUST GO WITH IT」、やるしかないね、ぐらいの意味か。 さて、映画。 美容外科医のダニー(アダム・サンドラー)は、偽の結婚指輪で既婚者を装い、「ちょっとした遊びだから」といって数々の女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラスト・ボーダー』:ミカ・カウリスマキ版『マッド・マックス』か? @DVD

1993年製作のミカ・カウリスマキ監督作品『ラスト・ボーダー』、買い置き中古DVDで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 監督のミカ・カウリスマキは、アキ・カウリスマキの兄ですが、弟と比べて少々つかみどころがないタイプ。最新作『世界で一番しあわせな食堂』は過日、DVDで鑑賞しました。 主演のジョリオン・ベイカーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』:暴力と非暴力の国アメリカ @VHS

1988年製作の『ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 はじめにスタッフ・キャストの紹介。 製作総指揮にビートルズのジョージ・ハリソンが名を連ね、『月の輝く夜に』のジョン・パトリック・シャンリーの脚本を、『マイ・ボディガード』などのトニー・ビルが監督。 出演は、ジョディ・フォスター、ティム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビッグ・トラブル』:あきれたあきれた大詐偽作戦 @VHS

1986年製作の日本未公開作『ビッグ・トラブル』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 VHS発売時はタイトル頭に「ピーター・フォークの」と付いており、DVD発売時は「ジョン・カサベテスの」と付いています。 さて、映画。 保険会社に勤めるレナード・ホフマン(アラン・アーキン)。 音楽の才のある三つ子の息子たちがエール大学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アガサと深夜の殺人者』:第二次大戦中、クリスティに起こった事態にインスパイアされて @BS12

2020年製作のイギリス製テレビドラマ『アガサと深夜の殺人者』、BS12の放送で鑑賞しました。 金曜日の夕方、テレビ番組表で偶然みつけたものです。 後ほど記しますが、単発ドラマの第3弾のようです。 第二次世界大戦が激化した1940年の英国ロンドン。 破産寸前に追い込まれたアガサ・クリスティ(ヘレン・バクセンデイル)は、自…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『スーパーインテリジェンス』:引用された映画ネタがわかれば、クスクス笑いが増えるでしょう @DVD

ゲオ先行レンタルの米国映画『スーパーインテリジェンス』、DVDで鑑賞しました。 主演は、『ゴーストバスターズ』(2016)、『デンジャラス・バディ』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのおデブちゃん女優メリッサ・マッカーシー。 ゲオ先行レンタル作品は、キネマ旬報社の映画データベースKINENOTEにアップされるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密』:ベルイマン、タルコフスキー、ヘルツォーク・・・ @DVD

『ナンシー』や『ニューヨーク 親切なロシア料理店』のアンドレア・ライズボロー主演『サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密』、DVDで鑑賞しました。 2014年製作のイギリス映画で、監督・脚本はコリーナ・マクファーレン。 はじめて聞く名前です。 さて、映画。 第二次世界大戦後数年のスコットランドの孤島。 島は珪藻土採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ON AIR 殺人ライブ』:捻りすぎて、何が何だかわからなくなっちゃったねぇ @DVD

3度目の緊急事態宣言が発出されて、まだまだ続きそうなDVD鑑賞月間。 戦争映画はひとまず置いて、次に鑑賞したのは『ON AIR 殺人ライブ』、2013年製作のドイツ映画。 日本では劇場未公開です。 さて、映画。 ドイツの小都市。 土曜の夜、自宅の地下防音室からミニFM放送をしているDJ・ドックロック(マルクス・クヌーフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『テロ・ポイント ロンドン爆破へのカウントダウン』:人種偏見のドラマに重点を置いたサスペンス @DVD

4月はDVD鑑賞月間の様相を呈してきていますが、今回鑑賞したのは『テロ・ポイント ロンドン爆破へのカウントダウン』、2007年製作のイギリス・アメリカ合作映画。 今回は買い置きDVDです。 さて、映画。 英国ロンドンの地下鉄・チャリングクロス駅。 テロ実行の容疑者として、ムスリムの青年が警察官によって射殺される。 青年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『モーニング・グローリー 輝ける朝』:90年代製作の手堅い演出のテレビムーヴィ @DVD

少々古めの作品をレンタルして鑑賞することが続いていましたが、「こりゃ、いかん。買い置きDVDも観なければ!」と思い、鑑賞したのが本作『モーニング・グローリー 輝ける朝』。 1993年製作、クリストファー・リーヴ、デボラ・ラフィン主演のテレビムーヴィです。 廉価版発売のものを未開封新古として購入していたものです・ さて、映画。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コリンヌ・クレリー/濡れたダイヤ』:コリンヌ・クレリーが出ています・・・ @DVD

70年代後半のフランス系セクシー女優といえば、この人、コリンヌ・クレリー。 デビュー作『O嬢の物語』(未見)で一躍、ポスト・エマニエル夫人(シルヴィア・クリステル)と目されたが、その後が続かなかった。 彼女の名前で売れたのは(売ろうとしたのは)『ヒッチハイク』『ホテル』(いずれも未見)の2本でしょうか。 その他にはアンソニー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ターニング』:雰囲気映像だけで、脚本が・・・ @DVD

ヘンリー・ジェイムズの古典的怪奇小説「ねじの回転」を現代に舞台を移して映画化した『ザ・ターニング』、DVDで鑑賞しました。 オカルト映画も好きですが、幽霊が登場するホラー映画も好き。 なので、鑑賞前は少しばかり期待しました。 さて、映画。 時代は90年代。まだスマホなどはあまりなかった時代。 ケイト(マッケンジー・デイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ステイ・ホーム』:サスペンス&ミステリーの謳い文句だが、ありゃりゃのホラーオチね @DVD

昨年11月にリリースされたイタリア映画『ステイ・ホーム』、DVDで鑑賞しました。 レンタル料金割引のキャンペーンなので、ならば、つまらなくても・・・という思いで借りました。 とはいえ、ショップの棚では、一押しランキングのトップに並んでいましたから、まぁ、そこそこには期待。 さて、映画。 イタリアの田舎にひっそりと広大な領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック・クリスマス』:もはやリメイクではない『暗闇にベルが鳴る』の2度目のリメイク @DVD

10月にリリースされたアメリカ映画『ブラック・クリスマス』、DVDで鑑賞しました。 米国では昨年のクリスマスシーズンに公開されて初登場第5位、日本では劇場未公開です。 さて、映画。 クリスマス休暇を前にした、創立200年を誇るホーソーン大学。 休暇前最後の講義はゲルソン教授(ケイリー・エルウィズ)の古典文学。 彼の講義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファイナル・デッドコール』:オリジナルの良さは消失。『暗闇にベルが鳴る』リメイク版 @DVD

2006年製作の日本劇場未公開サスペンスホラー『ファイナル・デッドコール』、DVDで鑑賞しました。 この作品は先日観た、1974年製作の『暗闇にベルが鳴る』のリメイク。 最初期発売のソフトには「暗闇にベルが鳴る」の副題が付いていたようです。 さて、映画。 クリスマスイヴの北米の田舎町、大学の女子寮に集う面々。 この女子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シークレット・スパイ』:シャロン・ストーン版『スパイの妻』、もしくは『アナザー・カントリー』の続編的作品 @DVD

2004年製作の『シャロン・ストーン in シークレット・スパイ』、買い置きDVDで鑑賞しました。 監督は『アナザー・カントリー』のマレク・カニエフスカ。 さて、映画。 1963年、東西冷戦下のベイルート。 夫と幸せであるが倦怠感もある生活を送っていたサリー(シャロン・ストーン)。 ある日、独身の英国報道特派員レオ(ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『真夜中の記憶』:かなり切ってサスペンス重視にしたのは正解かな @DVD

買い置きDVDの鑑賞です。作品はシドニー・シェルダンのベストセラー小説『明け方の夢』をテレビドラマ化した『真夜中の記憶』です。 ベストセラーと名高いシドニー・シェルダンですが、映画化作品は少なく、『真夜中の向う側』『華麗なる血統』ぐらいしか映画作品はありません。 たぶん原作が上下2巻ぐらいの長さなので、映画にする際の脚色が難しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダブル・サスペクツ』:警察の活動を通じて仏北部ルーベの街を描くデプレシャン監督作品 @DVD

先ごろレンタルリリースされたレア・セドゥが出演の劇場未公開サスペンス映画『ダブル・サスペクツ』、DVDで鑑賞しました。 サスペンス映画の棚に並んでいたのですが、監督はアルノー・デプレシャン。 デプレシャンがサスペンス映画を撮るのかしらん?と訝しいのですが・・・ さて、映画。 フランス北部、ベルギーとの国境にほど近い街ルー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』:ミドルエイジ・クライシス男の陰鬱コメディ @DVD

コリン・ファース、エミリー・ブラント共演の劇場未公開作『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』、DVDで鑑賞しました。 製作は2012年と少々古め。 さて、映画。 世界最大手の輸送サービス会社FedExの地域営業所のマネジャーを務めるウォレス・エイヴリー(コリン・ファース)。 息子がひとりいるが、妻とも別れての独…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ソウル・コンタクト』:「幻想と現実の判別がつかない巧みな演出」とは謳い文句だが @DVD

ことし1月にレンタルリリースされたロシア製ホラー『ソウル・コンタクト』、DVDで鑑賞しました。 謳い文句は「ミステリー×ホラー 2つのジャンルを融合させ・・・」とあり、これは好きなジャンル。 さて、映画。 幼い頃に両親を亡くした美少女カティア(アレクサンドラ・ボルティチ)。 彼女には霊が見え、霊からも彼女に話しかけてくる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『シービスト』:元祖スクリーミング・クイーンのバーバラ・スティール主演の珍作 @DVD

1966年製作のイギリス・イタリア合作のホラー映画『シービスト』、買い置きDVDで鑑賞しました。 ことしも夏に開催されることになった「夏のホラー秘宝まつり」、旧作ラインナップの多くはマリオ・バーヴァ監督作品が並びました。 バーヴァといえば(未見ですが)『血塗られた墓標』! 『血塗られた墓標』といえば、元祖スクリーミング・クイー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『姿なき訪問者』:異星人だからといって侵略者とは限らない、という50年代SF @DVD

すき間時間に買い置きDVDを鑑賞。タイトルは『姿なき訪問者』、1953年製作の日本劇場未公開作品です。 中古品を安価で見つけて購入しておいたものです。 さて、映画。 アラスカから米国西海岸に向けて未確認飛行物体が飛来。 米軍が捕捉するも、西海岸上空で失探、墜落したものと思われる。 折しも、失探地からほど近い田舎町で殺人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SARS WAR サーズ・ウォー』:再現ドラマ→神頼みの映画 @DVD

2003年製作の香港映画『SARS WAR サーズ・ウォー』、廉価購入していたDVDで鑑賞しました。日本では劇場未公開です。 SARSは「重症急性呼吸器症候群」、あのサーズです。 新型コロナウィルスのコロナ禍も一定水準に落ち着いてきたので、観ることにしました。 さて、映画。 2003年の香港。 原因不明の発熱・咳症状で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『オリエント急行殺人事件 死の片道切符』:アルフレッド・モリナがポワロを演じる現代版 @DVD

お馴染みアガサ・クリスティの傑作推理小説を2001年にアメリカでテレビドラマ化した『オリエント急行殺人事件 死の片道切符』 、DVDで鑑賞しました。 昨年もケネス・ブラナーが監督・主演した『オリエント急行殺人事件』が公開されましたが・・・ さて、映画。 21世紀にはいったトルコ・イスタンブール。 世界的名探偵のポワロ(ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』 :わが魂は引き継がれる・・・という意味の原題 @DVD

『エルム街の悪夢』『スクリーム』のウェス・クレイヴン監督の2010年作品『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』、DVDで鑑賞しました。 近時の状況から劇場での鑑賞機会も減って来、自宅買い置きDVDでの鑑賞です。 さて、映画。 米国の田舎町リヴァートン。 連続殺人鬼リヴァートン・リッパーが州内を震撼させている。 彼は7つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ディーン・クーンツのブラック・リバー』 :20年経ってリメイクしてほしいぞ @DVD

ちょっとした隙間時間で鑑賞したのが買い置きDVD。 映画は『ディーン・クーンツのブラック・リバー』、2001年製作のテレビムーヴィ。 クーンツ小説が好きなもので、その映像化作品も観てみたいと思っているので、ダメだろうなぁと予想していても観てしまうわけです。 さて、映画。 都会で成功した作家ジョー(ジェイ・モーア)。 都…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『エマニュエル 愛欲のチベット』: あの主題曲も流れます @DVD

年が明けてからしばらく経ってから鑑賞したのですが、1本レビューをしていない作品がありました。 映画は『エマニュエル 愛欲のチベット』。 シルヴィア・クリステルの『エマニエル夫人』シリーズ晩年、90年代のテレビシリーズの1作目です。 さて、映画。 初老の男マリオ(ジョージ・レーゼンビー)は飛行機での移動中、若い女性(マルセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔界探偵ゴーゴリIII 蘇りし者たちと最後の戦い』:まだまだ続編もありそ @DVD・レンタル

ロシアの大ヒット作『魔界探偵ゴーゴリ』三部作の最終作『魔界探偵ゴーゴリIII 蘇りし者たちと最後の戦い』、DVDで鑑賞しました。 ウクライナのとある村で、黒騎士による美女連続殺人事件の調査を継続しているゴーゴリの物語。 さて、映画。 大妖怪ヴィーとの対決で命を落としたゴーゴリ(アレクサンドル・ペトロフ)。 村の警察長官は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『魔界探偵ゴーゴリII 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚』:『妖婆・死棺の呪い』! @DVD

『魔界探偵ゴーゴリ』三部作の第2作『魔界探偵ゴーゴリII 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚』、DVDで鑑賞しました。 諸星大二郎の『妖怪ハンター』シリーズのロシア・ウクライナ版ともいえるこの映画、意外と好きです。 さて、映画。 ウクライナのとある村で、黒騎士による美女連続殺人事件の調査を継続しているゴーゴリ(アレクサンドル・ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more