テーマ:アクション

『ナショナル・トレジャー』:謎解きスタンプラリーのような明朗冒険活劇 @DVD

2004年製作のディズニー映画『ナショナル・トレジャー』、買い置きDVDで鑑賞しました。 製作はジェリー・ブラッカイマー。 さて、映画。 冒険家で歴史学者のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)。 幼い頃、祖父から聞いた伝説の秘宝を追い求めていたが、手掛かりを追ううちに秘宝の在り処は独立宣言書にあることを突き止める。 かつて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャッカルの日』:サスペンスは勿論のこと、一級のアクション映画でもある @DVD

フレッド・ジンネマン監督1973年作品『ジャッカルの日』、買い置きDVDで鑑賞しました。 子どもの頃、テレビ放送で観た記憶はあるけれど、全尺を鑑賞するのは、これが初めて。 さて、映画。 1962年秋、アルジェリアのフランスからの独立を認めたドゴール仏大統領は、軍部などの右翼過激派から反感を買い、地下組織OASからの襲撃を受…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ハンターキラー 潜航せよ』:骨太の側面もある軍事アクション映画 @試写会

ジェラルド・バトラー主演『ハンターキラー 潜航せよ』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 久しぶりの潜水艦映画です。 潜水艦映画といえば『U・ボート』『レッド・オクトーバーを追え!』『クリムゾン・タイド』『K-19』あたりを思い出すが、しばらく作られていなかった。 さて、映画。 ロシア近郊の北極海で米国の原子力潜水艦が消息…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『襲撃 BURNING DOG』:崔洋一監督初期のVシネ作品 @国立映画アーカイブ

ことし初めての国立映画アーカイブ(NFAJ)での鑑賞です。 年に数回行けば多いぐらいなのですが、本当にレアな作品が上映されることがあります。 今回の作品もそんな1本。 崔洋一監督の1991年作品『襲撃 BURNING DOG』。 今回のNFAJの特集上映「製作者・黒澤満」の中の1本で、もともとは東映Vシネマ作品。 劇場公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダイヤモンド作戦』(1959年):地味な作戦を彩るストリートオルガンの響き @DVD

買い置き廉価版DVDの鑑賞です。 作品は『ダイヤモンド作戦』、1959年英国製作作品。 監督はマイケル・マッカーシー。 ジョン・エルドリッジと共同で脚本も担当していますが、日本公開作品はこれ1本のようです。 さて、映画。 ナチスドイツの西ヨーロッパ侵攻がめざましい1940年。 オランダの首都アムステルダムも陥落寸前。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『グロリア』 ジョン・カサヴェテス監督: ジーナ姐御とニューヨークの魅力 @DVD・レンタル

落穂ひろいDVD鑑賞の谷間、図書館カードの期限が切れていたので、駅近の図書館で更新処理をした際に借りたのが、この作品。 ジョン・カサヴェテス監督の『グロリア』。 最近は、一般映画の貸し出しも公共の図書館でやっているのですねぇ。 貸し出しの際、「破損すると弁償金が高額なので取り扱いに注意してください」とかなりビビらされたのですが…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』: ボーンヘッドの連続 @ロードショウ・シネコン

劇場鑑賞のスパイ映画2本目は現在ロードショウ中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。 さて、映画。 米国スパイ機関IMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)。 今回の任務は、3個のプルトニウム・カプセルを取り戻すこと。 ベルリンでの取引に臨むが、任務は失敗し・・・ というところから始まる物語で、とにかく…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

『トゥームレイダー ファースト・ミッション』:この手の映画はスターが主演でないと・・・ @試写会

まもなくロードショウのハリウッドアクション映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』、試写会で鑑賞しました。 過去にアンジェリーナ・ジョリー主演で2作品つくられたリブート版です。 さて、映画。 ロンドンで大学生として暮らすララ・クロフト(アリシア・ヴィカンダー)。 彼女は、実は冒険家で謎の失踪を遂げた資産家の娘。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

『ジャンパー』:心根の卑しい主人公には共感できないなぁ @DVD

自宅鑑賞作品の3本目は『ジャンパー』。 ヘイデン・クリステンセン主演の2008年製作作品です。 これも『バビロン A.D.』と同じくスーパーで販売していたDVD。 早速、さて、映画。 米国ミシガン州に暮らす少年デイヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、ある日自分に空間を瞬時に移動する能力があることを発見する。 訓練に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バビロン A.D.』:近未来ものに風呂敷を広げる必要あったのかなぁ @DVD

自宅鑑賞作品の2本目は『バビロン A.D.』。 ヴィン・ディーゼル主演の2008年製作作品です。 これは以前購入していたDVDでの鑑賞なのですが、このDVDは大手スーパーで廉価で販売していたもので、プラスティックケースなしの紙パッケージのみのもの。 通常のソフト店で販売している1枚当たり1000円よりも安く、1枚500円でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スリープレス・ナイト』:緩急ではなく急急なノンストップアクション @試写会

2月公開の『スリープレス・ナイト』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 映画ポスターの大書きされた謳い文句は、「汚職まみれの刑事 裏の顔は潜入捜査のスペシャリスト 極秘任務の影で誘拐された愛する息子 タイムリミットは夜明けまで」。 さて、映画。 巻頭、ラスベガスの街中でカーチェイスがあって、突然の銃撃戦。 銃撃戦で死んだの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パトリオット・デイ』:ボストン・ストロング @DVD・レンタル

本年6月にロードショウされた『パトリオット・デイ』、DVDで鑑賞しました。 2013年4月15日の愛国者の日に開催されたボストンマラソン、そのさ中に起こった爆破テロの顛末を描いた実録映画です。 ストーリーは割愛。 爆破事件が起きるまでの描き方は、これまで数多く作られてきたパニック映画同様、関係者の日常が簡潔に描かれます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『バッド・ウェイヴ』:裸で銃を持つ男 @試写会

ブルース・ウィリス主演最新作『バッド・ウェイヴ』、試写会で鑑賞しました。 謳い文句は「世界一ついてないあの男、完全復活」。 ホンマかいなと思いつつ・・・ さて、映画。 米国西海岸のヴェニスビーチで町唯一の探偵業を営むスティーヴ・フォード(ブルース・ウィリス)。 ノーラ(ジェシカ・ゴメス)という若い女性を探すように依頼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フレンチ・ラン』:小気味いい展開の拾い物アクション映画 @DVD・レンタル

今春ロードショウされた『フレンチ・ラン』、DVDで鑑賞しました。 監督は『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』のジェームズ・ワトキンス。 この手の映画は新橋文化劇場があった時代にはよく2本立てで観たものですが、その手のアクション2本立て名画座がなくなってからは専らDVD鑑賞。 そんなことはさておき、映画のこと。 7月14…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ダンケルク』(2017):映画体験ではない「映像体験」 @試写会

クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』、劇場試写会でひと足鑑賞しました。 国内外で評価の高い同監督ですが、個人的には感心しない作品も多い監督のひとり。 ダメだったのは『メメント』『プレステージ』『インセプション』、なかなかやるなと感心したのは『インソムニア』『ダークナイト』『インターステラー』。 ちょっとヒネった演出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・コンサルタント』:病める米国、差別に気づかない米国 @試写会

2017年、年頭から単館系映画の鑑賞が続いていましたが、久々に米国大手の映画を試写会で鑑賞しました。 映画はベン・アフレック主演『ザ・コンサルタント』。 謳い文句は「職業、会計コンサルタント。本業、腕利きの殺し屋」。 こういう設定、割と好き。 さて、映画。 田舎町で会計士を営むクリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

『さらば あぶない刑事』:シリーズに馴染みの薄い観客には退屈 @ロードショウ・一般劇場

1986年のテレビシリーズから30年、『あぶない刑事』の完結編『さらば あぶない刑事』、ロードショウで鑑賞しました。 特に、このシリーズを観つづけてきたわけではないので、舘ひろしと柴田恭兵が演じるタカ&ユージのコンビにそれほどの思い入れはありません。 そんな輩から観ると・・・ さて、映画。 横浜港警察署のタカ&ユージのコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジュラシック・ワールド』:恐竜が出てればいいのかい!って、退屈 @名画座・新世界国際

新世界国際劇場で『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に続いて観たのは『ジュラシック・ワールド』。 『ジュラシック・パークIII』が2001年の製作なので10年以上ぶり。 第1作『ジュラシック・パーク』のときは、あまりの映像の迫力に驚き戦(おのの)いたものでしたが、もう恐竜やらなんやら出ても驚かなくなってしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』:とにかく明るいスパイ生活 @名画座・新世界国際

2016年の映画始めは昨年に続いて新世界国際劇場から。 例年どおり帰省中での鑑賞です。 映画は『ファンタスティック・フォー』、本作、『ジュラシック・ワールド』の3本立てでしたが、時間の関係から『ファンタスティック・フォー』の終り20分ぐらいに入場して、あとの2本を鑑賞しました。 さて、50歳をふたつみっつ過ぎたトム・クルーズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『007/スペクター』:ボンドも生きづらい世の中になったのかしらん @ロードショウ・シネコン

ダニエル・クレイグが007ジェームズ・ボンドになっての第4作目『007/スペクター』、ロードショウで鑑賞しました。 前作『007/スカイフォール』でボンドの生い立ちがストーリーの全面を占めるようになって、こりゃ、007映画も危機的情況、と思ったのですが、今回は世界的犯罪組織の宿敵スペクターがタイトルになった。 よもや、前作のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『GONINサーガ』:どしゃ降りの中で繰り広げられる流血流血 @試写会

石井隆監督の1995年作品『GONIN』の続編『GONINサーガ』、試写会で鑑賞しました。 1996年に『GONIN2』が製作されているけれど、これは女性5人の物語で、物語的には繋がっておらず、本作は物語的に前作からのつづきとなっています。 前作は公開当時に観たっきりなので、ハナシはほとんど忘れていたので、この映画を観る前は「大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『キングスマン』:成長物語+60年代スパイ物を超絶悶絶の演出で魅せる @試写会

コリン・ファース主演のメガネをかけたスパイ映画『キングスマン』、試写会で鑑賞しました。 メガネをかけたスパイといえば、オールドファンなら「あっ、ハリー・パーマー!」と思い出すでしょうが、ハリー"マイケル・ケイン"パーマーも登場します(役名・役柄は異なりますが)。 さて、映画。 英国のシークレットエージェント”キングスマン”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『沈黙の報復』:得意の武術と拳銃で悪漢どもをやっつけるセガールおやじ @TV・地上波

タイトルだけで主演はスティーヴン・セガールだとわかる『沈黙の報復』。 テレビの吹替版で少々他のことをやりながら鑑賞しました。 映画は2007年の製作なので、セガールがテレビシリーズ『TRUE JUSTICE』に力を入れる前の作品。 監督はこの時期セガールと組んでいたドン・E・ファンルロイ。 さて、映画。 ロサンゼルスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』:マックスそこのけで女たちが活躍する大活劇 @試写会・3D

30年ぶりに復活した『マッドマックス』。 第1作が80年のお正月映画なので、あぁ、もうそんなになるのかぁ。 熱狂したわけではありませんが、前3作とも観ています。 さて、新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。 石油も水も尽きて、砂漠化した世界。 砂漠の真ん中にイモータン・ジョー(不死身のジョー)が支配する社会がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラン・オールナイト』:『96時間』よりも短い16時間で決着だ! @試写会

演技派からすっかりアクションオヤジになったリーアム・ニーソンの新作『ラン・オールナイト』、試写会で鑑賞しました。 監督は『アンノウン』『フライト・ゲーム』でも組んだスペインのジャウマ・コレット=セラ。 歯切れのいいアクションを撮る監督で、サスペンス・ホラーの『エスター』も、そこそこ面白かったですね。 さて、映画。 米国ニ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック・ドッグ』:パトリック・スウェイジの拾い物B級アクション @TV・地上波

2009年に膵臓癌で他界したパトリック・スウェイジの1998年主演作『ブラック・ドッグ』、テレビ放送で鑑賞しました。 放送枠はは2時間、本編尺は89分とCM入れても超余裕。 その上、エンドタイトルはカットしているので、ちょっとCMが多いぐらい。 後半なんて、CM前のシーンを1分ぐらいリピートしているぐらいでした。 さて、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『沈黙の監獄』:ドンパチの連続に思考停止 @TV・地上波

久しぶりに「元祖オヤジアクション俳優」スティーヴン・セガールの作品を鑑賞。 タイトルは『沈黙の監獄』、テレビ地上波、吹替版での鑑賞です。 『沈黙の標的』というのを2004年に観て以来なので、おぉ、10年ぶりぐらいですなぁ。 90年代の『沈黙の戦艦』『暴走特急』『エグゼクティブ・デシジョン』あたりは、アクション映画としてかなりた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カイト/KITE』:全編アクション。で、何? 置いてけぼりを喰った感じ @試写会

日本のカルトアニメを米国・メキシコで実写化した『カイト/KITE』、試写会で鑑賞しました。 荒廃したアメリカで殺された両親の復讐を行う若い女性のアクションムーヴィ。 さて、映画。 近未来のアメリカ。 金融破綻で国家が崩壊し、闇組織による人身売買が横行している。 その闇組織に両親を殺されたサワと、彼女の復讐を陰で助ける刑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フライト・ゲーム』:リーアム・ニーソン頑張る @新世界国際

昨年2014年は新橋文化劇場や新宿ミラノ座など、個性的で味のある映画館の閉館が相次いで少し寂しい思いをしました。 ということもあり、2015年の劇場鑑賞の第1弾として選択したのがこの劇場、新世界国際劇場。 水曜初日でアクション系外国映画の3本立て。 料金1000円で入替なし。 さらに連日オールナイトという、ハードな映画館。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『イコライザー』:タフでジェントルなデンゼル・ワシントン @試写会

デンゼル・ワシントンが『トレーニング・デイ』のアントワーン・フークア監督と再びタッグを組んだ『イコライザー』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。 最近アクション映画づいているデンゼル・ワシントンだが、観たのは『アンストッパブル』『サブウェイ123 激突』、それにSFアクションの『デジャヴ』ぐらいか。 今回の映画にテイストが近いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more