キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ぼくの大切なともだち』:ちょっと苦くてかなり優しい小品佳作:Myムービー掲載

<<   作成日時 : 2008/07/23 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

画像


仕事の付き合い相手の葬式に出かけたところ会葬者は七人だった。
じゃぁ、ぼくの葬式には・・・・と誕生日の会席に集まったひとびとに訊くと、
「お前の葬式になんて誰が行くかいな」とトホホな答えが返ってきた古美術・骨董商のダニエル・オートゥイユ。

うーむ、なんか心当たりあるぞ、ボクの葬式には何人来てくれるのか・・・
やっぱり、密葬にしておこう・・・
なんて、少なからず思ったりする。

まぁ、ダニエルさんのように、
身勝手で、
付き合う相手といえば、自分の得になる相手か、
はたまた、媚びへつらってくれる相手かだけを選んだり、
いつもしんねりむっつりしているわけじゃないけれど、
会社人生活が長いと、仕事の付き合いが関係がない友人なんていたかしら、
と思う瞬間はあるはず。

画像


同僚と月末までの10日間で「大切な本当のともだち」を紹介する賭けをすることになって、
「友人リスト」を作ってはみたものの、その筆頭が、同業者でライバルなんだから救いがたい。

いくらあたってもダメ、なしのつぶてのダニエルさん。

ひょんなことから知り合った人付き合いが善く、感じの好いタクシー運転手のダニー・ブーンから、「ともだちをつくる3つ秘訣」を教わり実践していくうちに、二人の間に友情が・・・・

ダニーくんも、決して友人に恵まれているわけでなく、
「誰とでも」仲良くなれそうな感じの好さ、は
「誰とも」仲良くなれないシャイの裏返し。

そんな彼が感じている「友情の芽生え」をダニエルさんは、こともあろうことか、非道いことに裏切り蔑(ないがし)ろにしてしまう・・・

パトリス・ルコントの演出は快調で、そんな今まで何度か観たような物語をテンポ良く描いていく。
ダニエルさんもダニーくんもキャラクターが立っている。

クライマックスはフランス版(というか本家)クイズ・ミリオネア。
この結末がちょっと苦くて・・・・(ダニエルさんの部屋を俯瞰で捉えて、パチっと暗転)。

その後に続くエピソードが、かなり優しくて、後味のよい佳作に仕上がりました。
★は当然4つを進呈。

画像


↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id330031/rid36/p0/s0/c0/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはコチラから↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぼくの大切なともだち
 『あなたには親友と呼べる友達がいますか?』  コチラの「ぼくの大切なともだち」は、6/14公開となった「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督のヒューマン・コメディなのですが、映画の日に観て来ちゃいましたぁ〜♪  主演は、パトリス・ルコント監督作品には「.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/08/13 23:59
ぼくの大切なともだち♪mon meilleur ami
 皆さん、貴方には親友と呼べる人はいますか? &nbsp; じゃーん!フランス映画ですよ。主演はあのダニエル・オートゥイユです。「あるいは裏切りのいう名の犬」では渋い男を演じていた彼が今回はコミカルなハートフルムービーで、親友のいないちょいと寂しいフランソワという男性を演じています。(10月10日、京都シネマで鑑賞) 物語 美術商のフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)は、ある日オークションで紀元前5世紀のギリシャの壷を20万ユーロという高額な金額で落札 どうも歴史のある壷らしい(ほんまに... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/10/20 01:11
「ぼくの大切なともだち」
美術商のフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)は、自分の誕生パーティの席で出席者に口を揃えて、 お前には親友がいないと断言される。反発するフランソワはビジネスパートナーであるカトリーヌ (ジュリー・デュラン)の挑発に乗って、10日以内に親友を連れてくるという賭けをしてしまう。 自分が親友だと思っていた人たちを訪ねて回るフランソワだったが、自己中心的な性格が災いして 結局誰からも相手にされず。途方に暮れるフランソワは、ふとしたきっかけで出会ったタクシー 運転手のブリュノ(ダニー・ブーン)にどうすれば... ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2008/12/16 09:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
久々のルコントの満足いく作品でした。でも、会葬者の数と友達の数は必ずしも=ではないことは自明の理。「プルーフ・オブ・ライフ」で
父親の葬式に参列した大勢の人々を前にして、「皆どこから集まってきたの・・・(父親が生きている時は知らん顔だったくせに)」とグウィネス・パルトロウが言う場面は印象的でしたから。
ぷ〜太郎
2008/07/23 09:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ぼくの大切なともだち』:ちょっと苦くてかなり優しい小品佳作:Myムービー掲載 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる