キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ラースと、その彼女』:葛藤、克服、それが胸を打つ物語

<<   作成日時 : 2008/12/21 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 1

画像


等身大のリアル・ドールに恋した青年の物語と聞けば、「あり得ないコメディ」と思うのが当然。
そんな気分で観にいったところ、コメディだけれどシリアス、シリアスだけれどコメディという絶妙なテイストの展開で、驚きと同時に胸を打つ出来栄えだった。

映画としては、少々説明不足のところがあるので、観客側で幾分想像で補わなければならないところがあるやもしれなない。

そもそもラースは何故ビアンカと名づけられたリアル・ドールを傍らに置かなければならなかったのか。
そこいらあたりは判り易く描かれていないので、多分にわたしの想像も入ってしまうが、次のとおりではありますまいか。

ラースは出生と同時に母を失っている。
父は、ラースを産むことと引き換えに妻を喪ったことで、人間嫌いとなっていた。
それでも、「ミスター・サンシャイン」と呼ばれるぐらいの好少年に育ったラースは街の皆に愛されている。
母がいないことも、街の皆が彼を愛する一因となっている。
そんな中、思春期を経て青年となったラースの兄は、父とラースを残して出奔してしまう。
いまだ妻に先立たれた哀しみを負っている父の苦しみを一手に受けることとなったラースは、いつしか「愛するものは自分のもとから去っていく宿命」という恐れを抱いてしまう。
それと同時に、「自分を抱きしめて、自分の全てを受け容れて愛してくれる存在」、つまり母であり、愛の対象を欲する気持ちが募っていく。
そして、ある時、兄が帰郷する、妻を連れて。
義姉はラースにとっては、ある種の憧れであり、父の妻(つまり、母)の代替として、愛情を振り向けていく。
しかし、義姉は妊娠し、「妊娠=母の喪失」という恐れが甦り、なんらか別の愛情の対象を見出そうとした。
決して喪われることのない存在、の愛の対象を。
それがビアンカだった・・・

画像


映画の中では、順を追って描かれていないが、リアル・ドール・ビアンカの治療に託(かこつ)けたラースの心療治療の中で女医と交わされる言葉や、兄・義姉の言葉の端々(はしばし)から想像した次第。

愛情対象の代替は、映画の中で巧みにに描かれている。
同僚男性社員のアクションフィギュアであり、ラースが心を開く新入女性社員もテディベアも同様。
特に後者は、終盤の人間的な扱いでも、判りやすい。

画像


傍(はた)からみれば、滑稽で奇異なリアルドールも、ラースの葛藤そのものだと判れば、奇異でも何でもない。
だからこそ、街の皆が、「ラースのあるがまま」を受け容れようとしているのだ。

誰にだって葛藤はある。
映画の中のセリフを借りれば、猫に服を着せているとか、UFOクラブに入っているだとか。

映画は終盤、ラースが葛藤と乗り越えていく様を描いていく。
リアル・ドール・ビアンカとの口論という形で・・・

このあたりにくると、もうコメディではない。
身に覚えがあることに気づいてしまう。

そしてラースは克服をする。
そのことについては、ここでは書かない。
胸が痛く、しかしながら微笑ましい形で・・・

ラストシーン、そこには血の通った温かさが感じられました。
その温かさが、観る者のハートも温かくするのでしょう。

全体評価としては★4つ。
もう少し説明して欲しいなぁ、と思うところもあるもので。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329674/rid29/p0/s0/c0/

↓DVDはコチラから↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラースと、その彼女
 『彼が恋に落ちたのは… 等身大のリアルドール!』  コチラの「ラースと、その彼女」は、雪が降り積もる小さな田舎町で”Mr.サンシャイン”とみんなに慕われる心優しい青年が、”リアルドール”いわゆる”ラブドール”に恋してしまう姿を描いた12/20公開のハートフル.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/12/24 00:03
『ラースと、その彼女』 Lars and the Real Girl
本物の体温のあたたかさを教えてくれたトレビアン、ビアンカ。 ...続きを見る
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ...
2008/12/27 19:22
ラースと、その彼女△▼彼女は雪のある日、彼の元に・・・・。
彼女は雪のある日、ラースの元にやって来た。名前はビアンカ。 12月26日、「リダクデッド」の前に、この作品を鑑賞しました。同じく京都シネマにて。 ラース(ライアン・ゴズリング)は、アメリカ中西部の小さな田舎町で暮らしている。仕事は事務職。兄のガス(ポール・シュナイダー)と妻カリン(エミリー・モーティマー)が住む家の敷地にあるガレージを改造して住んでいる。幼いころの辛い経験から、人とのつながりを避けて生活し、社交といえば、毎週の教会への参列と会社の作業スペースを共有する仕事仲間とのおし... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/01/06 00:32
「ラースと、その彼女」
「ラースと、その彼女」、観ました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/01/10 13:37
ラースと、その彼女 を観ました。
本当はマドンナの初監督作品を観るつもりでした…ですが、1時間間違えたおかげでこのハートフルな作品に出会いました。 ...続きを見る
My Favorite Things
2009/01/23 15:47
ラースと、その彼女
『きみに読む物語』『16歳の合衆国』の若き演技派ライアン・ゴズリングが主演を務めた本作は、内気な青年とその周りの人々を温かく描くハートフルドラマ。 アカデミー脚本賞にノミネートされた。監督はこれが2作目となるCM作家出身のクレイグ・ギレスビー。 物語:アメ.... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2009/02/11 16:17
ラースと、その彼女
彼が恋に落ちたのは&hellip;等身大のリアルドール! ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/08/09 15:09
「ラースと、その彼女」
人間の温かさが良く出てた映画だったなぁ。笑って、そしてホロリ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/08/17 15:05
ラースと、その彼女
ビアンキなら僕もほしいんだけど...。   ラースと、その彼女 (特別編) [DVD]posted with amazlet at 09.09.1720世紀フォックス・ホーム・エンターテイ&... ...続きを見る
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
2009/09/20 13:01
ラースと、その彼女
レンタルで鑑賞―【story】人付き合いが苦手なラース(ライアン・ゴズリング)が、ガールフレンドを連れて兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレンドとは、インターネットで注文した等身大のリアルドールだった―     監督 : クレイグ・グレスビー【comment】ちょっと風変わりな、とってもとっても心温まる映画でした〜ポカポカ ラースは27才。真面目で優しいラースは街の人々から愛されています。でも彼は人と関わるのがとても苦手... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/11/06 09:13
DVD:「ラースと、その彼女」Lars and the Real Girl
昨日アップしたように、「超」がつく美女が何気に凄すぎたショックをかかえたまま、微妙に女性不審な状態で今日このDVDが届いて鑑賞(笑) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2009/11/12 04:17
mini review 09422「ラースと、その彼女」★★★★★★★☆☆☆
アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』のライアン・ゴズリング。監督は本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。型破りな設定と、ユーモラスかつ丁寧に描き上げられた人間ドラマが魅力。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/12/07 23:21
『ラースと、その彼女』'07・米
あらすじ小さな田舎町に暮らすラースは、シャイで女の子が大の苦手。でも、人一倍優しくて純粋な心を持っている。そんなある日、同じ敷地内に住む兄夫婦に、ラースが「彼女を紹介するよ」と言って連れてきたのは等身大のリアルドール、ビアンカだった・・・。感想アカデミ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/03/30 23:44
『ラースと、その彼女』
ラースにとってのその<妄想>は、現実逃避などではなく、 トラウマを克服するために必要とした“リアル”な時間。 <現実>を補うためにやってきた、箱の中の妄想が、 ちいさな町の人々と、ラース自身をゆっくりと変えていく。 ...続きを見る
シネマな時間に考察を。
2010/04/02 20:37
ラースと、その彼女
作品情報 タイトル:ラースと、その彼女 制作:2007年・アメリカ 監督:クレイグ・ギレスピー 出演:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン あらすじ:幼いころのトラウマから人とのつながりを避けて生活し、毎日地味な仕事に従事する青年ラース(ライアン・ゴズリング)。そんなある日、彼はガールフレンドを連れて自分を心配する兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレ... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/07/31 02:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
日本インターネット映画大賞
2008/12/24 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ラースと、その彼女』:葛藤、克服、それが胸を打つ物語 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる