キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジェネラル・ルージュの凱旋』:ミステリーよりも医療現場ドラマとして面白い@DVD

<<   作成日時 : 2009/09/20 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


『チーム・バチスタの栄光』の田口・白鳥コンビの医療ミステリー第2弾をDVDで楽しみました。
主役は、タイトルロールのジェネラル・ルージュ、堺雅人。
いやぁ、乗りに乗ってる役者の魅力っていうのは、こういうものでしょうなぁ。
型どおりといえばいえなくもないのだが、熱くならない若き救急医療センター長を好演しています。

画像


その救急医療センター長が医薬品会社と癒着している、との旨の告発文書が、病院内の倫理委員会長の田口と、厚生労働省の白鳥のもとへ届き・・・
癒着していると指されている会社の課長が病院の屋上から落下し、自殺か他殺か・・・
というのがミステリーとしての大枠。

この映画の魅力は、ミステリーの犯人探しよりも、医療現場の混沌と混迷の状況を、ミステリーの枠組みの中で見せていくあたりが、最大の魅力。
救急医療の過酷さ理不尽さは許より、救急医療に賭ける直向さ、仁術より経済優先の病院経営、病院内部の人事ヒエラルキーなどなど。
それを堅苦しくなく、適度なユーモラスな描写を交えて描く監督の手腕は確かなものだ。
終盤の大規模災害で見せる救急医療のトリアージのさまなど、的確で判りやすい。

前作『チーム・バチスタの栄光』の際にも感じたが、手術場面や悲惨な場面を嫌味なく描き、かつ、社会的な問題をエンタテインメントの枠組みで表現することで、老若男女の楽しめる作品とするあたりに、東宝レーベルの健全さを感じ入ります。

直前に見た『BALLAD 名もなき恋のうた』と続けて観ると「健全印・東宝レーベル」って感じが、とってもしました。

評価としては★4つ。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id332616/rid591/p0/s0/c0/

↓シリーズDVDはコチラから↓
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ジェネラル・ルージュの凱旋
原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/09/21 15:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ジェネラル・ルージュの凱旋』:ミステリーよりも医療現場ドラマとして面白い@DVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる