キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ネコナデ』:これはホントウに癒し系なのか?@レンタルDVD

<<   作成日時 : 2009/09/25 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


『プール』で、癒し系映画の枠を、ちょっと、はみ出した感の大森美香監督の前作『ネコナデ』をDVDで鑑賞しました。
元々は、ローカルテレビ局で放送されていた同名の連続ドラマだそうです。
レンタルしたDVDにはテレビ版の第1話も同時収録されており、そちらは小木茂光が主演でした。

さて、映画版のハナシ。

企業再建のため、5年間、リストラ奉行兼第二新卒鬼教官として働いてきた人事部長の鬼塚太郎(大杉漣)が、ふとしたことから捨てられた子猫を拾って飼ううちに心境が変化する、というストーリー。

うーむ、単純なストーリーじゃ。
テレビ版では、周囲の人物の奇妙な様子を書き込むとともに、部長のモノローグを多用して、一種独特な雰囲気を作り上げていたが、映画版では書き込みが浅い。
鬼部長が周囲に隠れて子猫を飼ううちに癒されて、ひとが変わる、というのだが、ラストカットを見ると、なんだか新たな戦いに挑むような感じすらする。
家族に「動物なんか飼っちゃダメ」といっていた本人が、か弱い子猫を胸に抱ええて、自宅の玄関前に立つ姿に、なんだか、そんな印象を受けました。

もしかすると、監督の狙いは、枠に嵌められた堅物が枠を取っ払われた後に自由人として戦いを挑む、ということだったのではありますまいか。
ちょっと深読みか・・・

か弱く幼い子猫はカワイイといえばカワイイのだけれど、個人的には「コワレモノ」っぽくて、触るのがオッカナイです。

評価としては★3つにちょいと足りないってところかしらん。

↓DVDはコチラから↓
 

↓テレビ版DVDはコチラから↓


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ネコナデ』:これはホントウに癒し系なのか?@レンタルDVD キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる